子育てにマザーズバッグは必要?ママたちに選ばれる5つのワケとは

ベンチに座る赤ちゃん

スポンサーリンク





私の息子は4歳になり、最近やっと、オムツや食事の類の荷物も必要なくなって、以前に比べたら、だいぶお出かけが身軽になりました。

ペーパードライバーの私は、車でしか移動できない街をいつも荷物いっぱいで、電車やバスで頑張ってきました。

子育ての行動範囲を広げるためにペーパードライバーを卒業する方法

2016.12.25

私は仕事柄、子供がいる前から大きめバッグが必須で、いくつか持っていました。

使い慣れていたのと、それらのバッグが気に入っていたので、今までその大きめバッグたちでなんとかやり過ごしてきました。

ですが、
ママ友の持っていたマザーズバッグ
デパートでよく見かけるマザーズバッグ。

実は、前から気になっていました。

オシャレな芸能人ママたちも持っている、このマザーズバッグ。
やっぱり必要なのか?どこが魅力的なのか・・・。

赤ちゃんとのお出かけを経験し、ひと段落した今だからこそ、マザーズバッグの納得できることをまとめてみました。

1. 軽くて大きい、抜群の収納力

ママと泣く赤ちゃん

では、ママにはどんな荷物があるのか?
月齢や年齢、赤ちゃんがミルクなのか?母乳なのか?離乳食なのか?
また、季節や出かける場所によっても荷物は全然違います。

  • 母子手帳
  • ブランケット、やわらかおもちゃ。
  • 着替え
  • オムツの替え、おしりふきなど一式。
  • ミルクの哺乳瓶や、水筒、母乳エプロン。
  • 抱っこひも
  • 食事が始まれば、離乳食セットや、スプーン、食事用のスタイ、除菌ティッシュ、ゴミぶくろ。
  • この頃になると、飽きたり暇つぶしように、絵本やおもちゃ、おやつが必要に。
  • うちはじっとしていられなかったから、食事の時に使うチェアベルト。
  • 夏は暑さ対策、帽子、虫よけ、タオル。冬は、防寒グッズ、帽子、など。

 

その他、忘れそうになるけれど、ママのいつものお財布や化粧ポーチ、スマホ・・・等々。

挙げてみるだけで、こんなにあったかとびっくり!!

当たり前だけど、これを旅行のボストンバッグや、キャリーケースに入れて持ち運ぶわけにはいかない。

お出かけ先で荷物が増えることも。

この量以上の荷物が収まる収納力でなくてはいけません。

大容量でも、バッグ自体が重たかったら大変。

さらに、この荷物を前提に、赤ちゃんを抱っこしていたり、ベビーカーがあります。

歩けるようになったら、手をつないでいたり、追いかけたり・・・。

軽くて大きい抜群の収納力は、ママのバッグの絶対条件です。

2. ポケットがいっぱい、機能的

4色のクリアファイル

私、主人にどうしても言い返せないことがあるんです。

それは、忘れ物。

結婚式をしたオーストラリアの部屋に、デジカメを忘れて帰宅。

この前も、家の鍵を無くし…。

結局は、上着のポケットにあったんですけど。

置く場所は、決まっているんです。

でも、そこにないともうお手上げ。

いつも時間にせかせか、ママになったら余計にせかせか。

思い通りにいかない子供とお出かけなんていったら、支度にせかせかします。

忘れ物があったら、お出かけ先で困りますね。

バッグにポケットがたくさんあるのは、入っているものが一目で分かっていいですね。

忘れ物防止になりそうです。

主人用に、ブランドの大きくてカッコいいバッグがあったので、子供とお出かけ用に買ったんです。

女性でも持てるカッコいいやつを。

でも、たくさん入るけどとにかく大きすぎ、ポケットがないから、中で荷物が踊る踊る。

出し入れ大変でも、探さなくてはいけない。

使い勝手が悪かったので、出番が少なめでした。

今はそんなに荷物がいらないですし、私は巾着や、ポーチを増やして対応しました。

ポケットが多いものは、荷物の分別・取りやすさ・忘れ物防止に役立ちそうです。

3. 防水、撥水

公衆トイレ

これは、普通のバッグにも欲しい機能。素材によりますね。

急な雨対策、赤ちゃん第一、大きな荷物まで守っていられません。

それより、私が一番防水が役立つと思うのはトイレです。

大きな荷物を置く所がなかったり、手を洗う場所が、濡れていたりと結構厄介な場所です。

子供の行動や、急な抱っこなどで様々な所へ、バッグを置きますよね。

防水、撥水の機能があると、気にせず置けるので嬉しい。

そして、荷物が多い為のミス。

バッグの中で、何かのキャップが閉まり切っていなかったりで・・・。

そんな時、最小限の被害で済むかも知れません。

私、買ったばかりの革の財布をそれで濡らした経験があり、大ショック!!

防水・撥水は魅力的です。

なんだか私、失敗ばかりしていますね。

4. 多彩なデザイン、タイプいろいろ

私が本来、必要としていた4、5年前も、色々とデザインはあったかも知れませんが、どちらかというと、無難なものが多かったかも。

今は、ブランドからも出ていますし、オシャレなものが年々増えていると思います。

オシャレママや、芸能人ママが使っているからでしょうか。

私が好きなのは、肩掛けのできるトートバッグ型。荷物が取りやすそう。

肩掛けショルダーや、リュック型もありますね。

リュックは両手が空いていいですね。

でも、お財布や Suica を出すのは面倒なので、もう一つバッグが必要になりそうです。

様々な、自分のスタイルから選ぶことができます。

5. 思ったより長く使える

せっかく買っても使う期間が短そう。

これが、私がマザーズバッグを買わなかった一番の理由です。

ですが、マザーズバッグがあれば、出産の入院に備えて、荷物を入れて準備もしておけます。

さらに、小さめバッグもついていて、荷物が減ったママにも使える工夫がされているので、以外に長く使えそうです。

6. 子育てにマザーズバッグは必要?ママたちに選ばれる5つのワケとはまとめ

手をつなぐママと子供

これから子育てママになる方は、マザーズバッグはぜひ用意しておきたいアイテムの一つかも知れませんね。

ママになっても、オシャレでいたい。お出かけも楽チン、オシャレなマザーズバッグでテンション上がりますね!

でも、調べてみると、お安いもので3000円から、ブランドのものだと4~5万円はします。

出産準備のママは物入りでしょうから、ライフスタイルに合わせて用意するといいですね。

 

マザーズバッグに何を入れたら良いのか?こちらの動画も参考になります。

スポンサーリンク