子育て中のバイトは時給ではなく働きやすさで選ぶのが一番な理由

考える女性

スポンサーリンク





子供が少し大きくなり、幼稚園や学校に通うようになると、住宅ローンや子供の学費のために、外に出て働き始めるママさんもグンと増えますよね。

これだけで月に2万円以上の節約!子育ての学費を捻出する4つの方法

2016.12.16

ただ、バイトをするにしても「何をやったらいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

実は私も、つい昨年まで何のバイトをしよう?とずっと悩んでいました。

大人のくせに人見知りだし、なんとなくあか抜けない感じだし…。

でも「このままでは住宅ローンと子供の学費が払えない!」と思って必死で仕事を探しました。

そのかいあって、今ではコンビニバイトの職に就いています。

そこで、そんな私のバイト探し~現在までをご紹介します!

1. 働ける時間をはっきりさせてからバイトを探す

時計

私がまずはじめにやったのが、子供の預かり先を探すことでした。

幼稚園年長さんのわが子が通う幼稚園の預かりは、朝は1000円、夕方は2000円と値段を聞いてびっくり!

だって時給1000円で働いた場合、3時間分が預かり代に消えてしまうのです。

なので預かりを諦め、バスでの送り迎え9~15時までの通園時間内に絞ってバイトを探しました。

通勤時間がかからなければ、その分就労できるので、近ければ近い程いいといった感じです。

すると私の条件に合ったものはコチラの3つでした。

  • コンビニの店員
  • スーパーのレジ店員
  • ファミレスの店員

早速、履歴書持参で面接して頂けることになって一安心。

お肌のつやを取り戻すため、前日は22時に就寝して面接に備えました。

2. 気軽に面接に行ってみる

面接

「面接してくれるってことはほぼ決まりね!」なんて友人に言われていた私は、すでに自分の働く姿が頭から離れません。

しかし、実際に良い返事をいただいたのはコンビニ店員だけでした。

最近は、人手不足で困っているそうです。

子供が大きくなってもシフトを変更して、土日や夕方などに長く働いてもらいたいと言うことで、昼間の短時間枠での採用が決まりました。

「コンビニ店員は覚えることがたくさんあってとにかく大変よ」と聞いていたのでおっかなびっくり。

「微力だけれど、家族のために頑張らなくては」と思うのでした。

3. アイスは冬に食べるのが美味しい!?

アイスクリーム

私の場合、オーナーさんから直接研修してもらえることになりました。

子育て中のオーナー夫婦で、とても親切にわかりやすく教えてもらい、気持ちよく研修を終えることができました。

でも研修で一番つらかったのは、冷蔵品の補充です。

真冬なのに、毎日室温3度の冷蔵庫の中に入って、飲み物の補充をしなくてはなりません。

冬でもなぜか冷たいコーヒーが売れる店舗でつらいです…。

あと「アイスは冬に一番売れる」っていうのにもびっくりしました。

濃厚なピノや雪見だいふく、ハーゲンダッツ。

最近は部屋の中で食べるので、気温はあまり関係ないみたいですね。

4. オーナー夫婦の温かい気づかいとおまけの夕食

ランチ

そんな感じで1日5時間、イレギュラーなお休みを入れながら、日々働き続けています。

何よりオーナー夫婦も子育て中ということもあり、私の働き方に理解があるということが一番の働きやすさです。

子供の急な発熱時には、オーナーの奥さんが対応してくれ、本当にうれしかったです。

その代わり、夫妻の赤ちゃんが病気にかかった際は私がシフトに入ったりと、お互いに助け合いながら、働き続けることができています。

また、賞味期限の切れる直前の食べ物を持って帰れるのも、わが家にはとても助かりました。

疲れて何もしたくない時は、そのお弁当を1プレートに盛り付け直して、おしゃれなカフェランチのようにして食べています。

葉ものを添えることと、スープだけは作るようにして見た目をバージョンアップすると家族も気付かないようで、美味しそうに食べていますよ。

5. バイトで稼いだお金の使い道

1万円札を数える

月に平均して8万円近く稼げるようになった私は、子供の学資保険と少額の傷害保険に入っています。

傷害保険はつい最近、子供のいたずらでご近所の車を自転車で傷つけてしまったのですが、適用されとても助かりました。

子育てにいざという時の備えは必要?私が学資保険に入った理由

2016.12.02

6. 子育て中のバイトは時給ではなく働きやすさで選ぶのが一番な理由まとめ

アルバイトをしたいけど「何をやったらいいのか分からない」と悩んでいる方は…

  1. 働ける時間をはっきりさせてからバイトを探す
  2. 気軽に面接に行ってみる
  3. アイスは冬に食べるのが美味しい!? = 職場を楽しむ
  4. オーナー夫婦の温かい気づかいとおまけの夕食 = 職場の好意に甘える

 

1~4の流れで行けば、私のように好きなバイトが見つかりますよ。

ポイントは、長く続けられる職場を探すことです。

気に入った職場で長く働ければ、次第に時給も上がります。

迷っている人は、考えるよりもまず行動をすることで何とかなります。

コンビニ店員にこだわらず、自分にあったお仕事を見つけて下さいね。

スポンサーリンク