子育てはベッド派?布団派?私が出産前に知っておきたかった3つのこと

妊婦

スポンサーリンク





初めての出産だと、子育てのイメージがなかなか湧かないですよね。

それでも新米ママは、赤ちゃんを迎える準備を色々としなくてはならず、悩むことも多いと思います。

たとえば、赤ちゃんと寝る時に、
布団で一緒に寝るべきなのか?
新たにベビーベッドを購入するべきなのか?

これは私も上の子を妊娠中、本当に迷いました。

結局は、私達夫婦がダブルベッドで寝ていた事もあり、ベビーベッドを購入しましたが、そこに至るまでは本当に時間がかかりました。

ネットで情報を集めたり、先輩ママの話を聞いて、ようやく決める事が出来たんです。

そこで、私が出産前に知りたかった、ベビーベッドと布団の違いをご紹介します。

1. ベビーベッドと布団、どちらを選ぶべきか?

まず、ベビーベッドと布団、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

ベビーベッド

ベビーベッドで寝る赤ちゃん

メリット

  • 床から高い所にある為、ほこりやペットの毛などが赤ちゃんに触れる心配がなく衛生的。
  • ペットを飼っている場合は、ペットから赤ちゃんを守る事ができる。また後々2人目が出来ても上の子に踏まれる心配がない。
  • つかまり立ち前ならば、柵があるのでママが少し目を離しても動き回らず安心。
  • 赤ちゃんの寝るスペースが確保されているので、ママやパパが潰してしまう心配がない。
  • ベビーベッドの下に、オムツのストックなどを収納できる。

デメリット

  • 柵が下がらないタイプだと、夜泣きをする度にママが起き上がらなくてはならない。
  • 成長につれて転落・転倒や柵に挟まる・ぶつけるなどの心配がある。
  • 部屋のスペースをとってしまう。
  • 子供が大きくなったら処分に困る。

布団

布団で寝る赤ちゃん

メリット

  • 添い乳が出来るので、夜泣きをしてもママが起き上がることなく対応できる。
  • 転落・転倒などの危険は少ない。
  • 寝る時以外は部屋のスペースをとる事がない。
  • ママと一緒に寝る為、赤ちゃんも安心し、ママも赤ちゃんの異変にすぐ気付く事ができる。

デメリット

  • 添い寝・添い乳をする際に、赤ちゃんを潰さないように注意が必要。
  • しっかり掃除をしなければ、ほこりなどの衛生面が気になる。
  • 毎日布団の上げ下げが大変。
ベッドも布団も、それぞれ良い所と悪い所がありますが、これを参考にイメージしてご自身に合った選択をしてみて下さい。

2. ベビーベッドの選び方

ベビーベッド

布団の場合は一緒に寝れば良いだけですが、ベッドの場合は新たに購入しなくてはなりません。

どうせ選ぶなら、赤ちゃんが安心して寝る事ができ、ママも子育てしやすい物を選びたいですよね!

ベビーベッドにもたくさんの種類があり、キャラクターがついている可愛いものや、便利な工夫がされているものなど様々です。

私の場合は機能面を重視し、夫婦のダブルベッドと同じ高さで、横の柵が下までしっかり下がるものを探しました。

高さを同じにした理由は、ダブルベッドとベビーベッドをくっつけ、添い寝や添い乳をするためです。

こうするとベッドと布団のメリットを合わせた形になるので、わが家にとっては良かったです。

あと、選ぶ際に気にしたのがやはり安全面です。

「PS」マーク、「SG」マークが付いている物は、日本の安全基準をクリアしている物なので安心です。

選ぶ際には、参考にしてみて下さい。

他にも…

  • キャスターが付いていて、ベッドの下を掃除しやすいもの
  • ベッドの下に収納スペースがあるもの
  • 成長に合わせて高さを調節できるもの
  • サークルにもなるもの
  • 椅子にもなるもの

など、色々な機能が付いている物があります。
ご自身の生活スタイルに合うものを見つけてみて下さい。

3. ベビーベッドはいつまで使える?

ベビーベッドから顔をのぞかせる赤ちゃん

せっかく新しく購入するわけですから、いつまで使えるのか?は非常に気になりますよね。

ベビーベッド自体は、結構しっかりとした作りのものが多いです。

ちなみに、私が購入したベッドは年齢は2歳まで、耐荷重量60kgのものでした。

メーカーやベッドの種類によっても異なりますが、大体2歳頃までを期限にしているものが多いですね。

2歳を過ぎても、しばらく使う事は可能だと思いますが、子供が大きくなってくるとサイズ的に難しくなります。

他には、赤ちゃんがつかまり立ちを始めると、自分でベッドの柵によじ上って転落する危険があるので、2歳になる前にベッドをやめてしまう方もいます。

私の場合は、現在1歳の下の子をベビーベッドで寝かせていますが、ベッドの上側と右側は壁に、左側はダブルベッドにくっつけて、転落防止に備えています。

また、ベッドの種類によっては、棚の高さを調整して、赤ちゃんが上れないように出来るものもありますので、工夫次第では長く使用する事ができると思います。

でも赤ちゃんによっては、ベビーベッドを嫌がり、ママと同じ布団で寝たがる子もいますので、その子の性格によっても使用期間は変わります。

ですので、いきなり購入するのに抵抗がある方は、ベビーベッドを短期間レンタルして試してみるのも良い方法だと思います。

そして子供が大きくなり、使わなくなったとしても、おしゃれにリメイクして別の使い方も出来ます。

思い出のベビーベットをリメイクする方法です。

4. 子育てはベッド派?布団派?私が出産前に知っておきたかった3つのことまとめ

  1. ベッドも布団もそれぞれにメリット・デメリットがあります。自分の家の環境に合わせた選択をしましょう。
  2. ベビーベッドは種類が豊富で迷いますが、安全性が高く、ママが使いやすい機能が付いているものを基準に選ぶと良いです。
  3. ベッドの使用期限は2歳頃までのものが多いです。ただ、赤ちゃんの性格や成長過程によっても使用期間が変わってきますので、購入を迷う方は1度レンタルなどを利用して試してみましょう!

 

妊娠中は不安もありますが、赤ちゃんと会える楽しみも大きいですよね。

新米ママは、初めての事だらけで出産準備も色々と大変だと思いますが、出産前にママが子育てしやすいと思う環境をしっかり作って、楽しい子育て生活を送りましょう!

スポンサーリンク