子育てしながら資格試験!私が勉強時間を作るために実践した5つの方法

勉強をする女性

スポンサーリンク





私は自宅でピアノ教室の講師をしていますが、子供を産む前と、産んだ後では生徒をみる気持ちに変化がありました。

以前は0歳なのに、「どうしてこんなことも出来ないんだろう?」と思ったり、そのような子供に難しいことを要求していました。

でも子供を産んだ後は、子供の成長、能力はその子なりのもので様々なんだという事が分かり、少しの「できた」が他人の子供を親目線で嬉しくなったり…。

小さな子供はピアノの椅子に座っているだけで大変なんだということを改めて実感したので、もっともっと楽しくて魅力的なレッスンがしたいと思いました。

子供が生まれなかったらそんな考えは無かったと思いますが、今まで、私が足を踏み入れたことのない分野の「リトミック」を勉強してみたいと思ったんです。

そして、子供がいる今だからこそ勉強をするタイミングだと思い、資格試験に向けて勉強を始めました。

でも子育てと仕事をしながら、自分の勉強時間を確保するのは大変なことですよね。

そこで、私が子育てをしながら勉強時間を作るために実践した方法をご紹介します。

1. 目標までは余裕をもって準備する

カレンダー

そうして始まった私の勉強も、4年掛かってやっと試験が終わりました。

本来なら1年間学校に通えば、資格試験を受けられるのですが、そうでない場合は4年間、月に1度開講している講習に休まず出席し、1年ずつの進級試験を受けないと、資格試験に進めない為です。

今、4歳の息子を預けて外出することはさほど難しくはありませんが、当時、息子を完全母乳で育てていた私が、一日中1人で外出するのはとても大変なことでした。

母乳を搾乳して冷凍して、主人に息子を預け…何だか懐かしいです。

当時は息子と向き合う毎日で息が詰まりそうだった私にとって、月に一度の講習はとてもリフレッシュできる場でもありました。

何より、この歳になって「学ぶ」ということがとても新鮮で楽しかったです。

講習の一日は長く、頭も体も疲れるのですが、目からウロコな話ばかりで充実した時間を過ごせました。

しかし、その場を離れるともうすっかりママに戻り、勉強したことを忘れてしまって、いつも1カ月後の講習ではお久しぶり~という感じになっていました。

毎年の進級試験は大変でしたが、ゆっくり学べたことでストレスを感じることなく勉強が出来ました。

試験があると聞けば、だいぶ前から少しずつ準備を始めました。

すぐに結果を出したいママもいるかと思いますが、時間に余裕をもって目標に挑むことによって、ママ業と仕事をしながらでも、心に余裕が生まれてきます。

2. 細かいスケジュールは立てない

風邪をひいて寝込む女の子

「そんなこと予定になかったよ」といつも思うのは、自分を含めた家族の病気です。

現在、年少の息子はすぐに病気をもらって来ます。

「この位、大丈夫かな」と送り出した日も幼稚園からお迎えの連絡・・・。

インフルエンザで学級閉鎖になったり、特に冬場は大変です。

息子が元気になったと思うと次は主人や私。

いつも世話をお願いしている母にまで倒れられたら、もう我が家は機能しません。

当然、自分の勉強時間なんてとても確保できません。

今日は「息子を送ったら家事を済ませ、何時までは勉強して、明日はここまでやる」と決めると、ほとんど出来ずに翌日にずれ込みます。

そうでなくても、ママの一日は予定通りにいかなくて当たり前です。

細かくスケジュールを立てたことで、ストレスの原因になるかも知れないので大まかで充分です。

そして、私はあまりに出来ない時には、せめて忘れないようにお風呂で独り言のように暗唱していました。

息子には「何を喋ってるの?」とか「ママうるさいから静かにして!」と言われていましたが、無視しちゃいました。

3. 睡眠時間を確保する

熟睡する女性

ある月の講習のこと、普段ならすぐに頭に入ってくる簡単な内容が全く頭に入らず、とにかく何をやっても出来なくて、悲しい気持ちで帰宅しました。

原因は睡眠不足で、私はあれもこれもとオーバーワークでその前日もあまり寝ていませんでした。

その時、自分の頭の中には許容範囲があるんだと実感したのです。

その講習を受けた日は、それをはるかに超えてしまったのです。

おまけにその数日後、私は熱を出して寝込んでしまいました。

毎日きちんと睡眠時間をとることより、よっぽど時間的にロスしてしまいました。

よく受験勉強をする時に、沢山やったから良いという訳ではなく、『休む時にはしっかり休む方が効率的』と言いますよね。

その出来事以降、私は睡眠時間を優先的に取ることにしました。

一日中頭も冴えて、勉強もはかどるようになりました。

4. 出来なかった事より出来た事を喜ぶ

パソコンの前で手を合わせる女性

子供が寝てからようやく自分の時間というママは多いと思います。

我が家の息子は、どこにそんなエネルギーがあるのか?夜でも全然寝てくれず、寝かしつける私の方が先に寝てしまう毎日です。

最近では寝支度をして一緒に寝て、その分朝に早起きをして勉強をします。

すると、朝の方が断然頭に入る!しかも、今日は早く寝てくれただの、寝てくれないだの考えなくて済むようになりました。

よっぽどのことがない限り、私が家族を起こさなければ我が家に朝は来ませんから、その時間は自由です。

それでも、片づけが残っていたり勉強まで手が回らない日もあります。

「お風呂で暗唱ちょっと出来た~!」
「今日は買い物に行かなくて済んだからその時間使えたなぁラッキー!」
出来なかった事より、出来た事を喜びましょう。

5. 目標を持ち続ける

女性の目

私が大学を卒業して研修生をしていた時に、赤ちゃんが出来ても頑張って大学に通っている後輩がいました。

今思うと、「本当に大変だっただろうな」、「よく頑張っていたなぁ」って思います。

彼女はその後も研修生の道を選び勉強を続けました。

彼女には高い目標があったのだと思います。

日々、子育てに負われていると、いっぱいいっぱいになってしまい目標を見失いがちです。

こうなりたいと目標を持ち続ければ、どんなに時間が掛っても頑張れると思います。

6. 子育てしながら資格試験!私が勉強時間を作るために実践した5つの方法まとめ

  1. 少しずつ準備しましょう。時間も心にも余裕を持って・・・。
  2. 子育てママに予定なんてあってないようなもの。大まかなスケジュールで充分です。
  3. 許容範囲を超えてしまうと全く頭に入りません。睡眠時間はしっかりとりましょう!勉強もはかどりますよ。
  4. 朝は頭が冴えているので勉強するのにオススメです。勉強時間をとれた!ママには嬉しいことですね。
  5. どんなに忙しい毎日でも、目標を持ち続ければ勉強を継続できると思います。

 

子育てをしながら勉強時間を作るって大変なことだと思います。

でも、新たに何かにチャレンジするって本当に素敵なことですよね。

そして、どんな時にも「学び」は大切だと思います。

なぜ、今なのか?

今の勉強を通して、ママの人生が大きく花開く時が来るといいですね。

スポンサーリンク