母子家庭で子育てをしているママが抱えるよくある4つの悩み

母と息子

スポンサーリンク





母子家庭のお母さんには、沢山の悩みや不安がありますよね。

私も子供が一歳になる前に母子家庭になり、色々なことに悩まされました。

一人で育てなければならないプレッシャー。

周りの人に相談しにくい事もありました。

ここでは、母子家庭の経験のある私が、ひとりで子育てをしているお母さんの悩みを解決するポイントをご紹介します。

1. 母子家庭はいけないこと?

泣く女の子

母子家庭というと、周りからあまりいい目で見られない事が多いですよね。

「子供がいるのに離婚なんて…」
「子供が可哀想!」

私も母子家庭になると決まったときに、親や友人からそんな言葉をかけられた覚えがあります。

でも、母子家庭になるのには本当に様々な理由があると思います。

中には親しい間柄でも話しにくかったり、話したくないような理由もありますよね…。

人それぞれ色々な理由があり、母子家庭になる決断をするのにはかなりの勇気がいることです。

安易な気持ちで母子家庭になる人はいないと思いますし、それが最善の選択だからこそだと思います。

私は子供のことを可哀想だと思ったことはありませんでしたし、今もありません。

周りから何を言われても、子供を守って愛してあげられるのはお母さんだからです。

2. 仕事と子育ての悩みは?

体温計を持つ子供

母子家庭ということで、仕事をすることは必然となってきます。

ですが、子供が保育園や小学校の頃は感染症などにかかってしまった場合、長期仕事を休まないといけない時もありますよね。

そんな時、周りに頼れる両親がいてくれるとすごく助かるのですが、頼れる人が周りにいない場合も多いと思います。

おばあちゃんに子育てを協力してもらうには?タイプ別5つの接し方

2016.11.15

私も周りには頼れる人がおらず、困った時がありました。

子供を養うために仕事はしないといけない…。
でも、子供を看病するために仕事を休まなくてはいけない…。

しかし、簡単に休めないケースも少なくありません。

わたしは子供が小さくて、1人で家に置いておくことも出来ず、困っている時に見つけたのが「病児保育」でした。

「病児保育」は小児科と併設されている事が多く、病気の子供を預かってくれる施設です。

もちろん、仕事が休めれば、お母さんが看病してあげる事が1番ですが、仕事が休めない場合もあるので、そういう施設がお住まいの近くにあるか?いざという時のために調べておく事も必要だと思います。

地域支援を上手く利用して子育てを少しでも楽にする方法

2017.01.02

3. 子供との時間があまりとれない

息子と遊ぶ母親

母子家庭のお母さんの悩みとして、仕事をしていると子供との時間があまりとれない。

そう思ってしまう事があると思います。

でもそれは、母子家庭に限ったことではないんです。

共働きのお母さんでも、子供との時間はあまりとれなかったりします。

なので、「母子家庭だから子供に寂しい思いをさせている…」と背負い込む必要はないんです。

子供はしっかりお母さんを見ています。

一生懸命働いているお母さんの、姿をちゃんと分かってくれています。

子供との時間を多く取れる=子供に多く愛情が注げている ではありません。

時間よりも、どれだけ濃い時間が過ごせるかが大切なのです。

仕事が終わって家に帰ってから、お休みの日などに濃密な時間を過ごすことで愛情は伝わります!

4. 子供にはいつ伝える?

外で遊ぶ男の子

子供が小さいうちに離婚してしまった場合、子供はお父さんの存在を知らない事もあります。

ですが、保育園などに行くようになると、周りの家族をみたり「父の日」という行事があったりしますよね。

そんな時どうやって子供にお父さんの存在や、離婚したことを伝えるか迷った経験があると思います。

私自身も、子供にはどうやって伝えたらいいのか正直分かりませんでした…。

でも子供なりに「自分にはお父さんがいない」という事実を成長と共に知っていきます。

母子家庭になった理由を子供が小さいうちは話す必要はありません。

大切なのは、お父さんはいないけど、〇〇(子供の名前)にはお母さんがいて、ちゃんと大切にしてると伝えてあげる事が大切です。

子供はきちんと、自分を見ていてくれる存在がいることですごく安心します。

いずれ子供が大きくなり「全てを知りたい!」と言われたときに説明してあげればいいんです。

5. 母子家庭で子育てをしているママが抱えるよくある4つの悩みまとめ

  1. 母子家庭は悪いことではありません!自信をもって子育てしましょう。
  2. 子育てをする上で色々なサポートが受けられる施設があります。事前に色々調べておくのがいいと思います。
  3. 量より質なのです!子供と向き合う時間をしっかり作ってあげましょう。
  4. 「ちゃんと子供のことをみている」事を伝えるだけで、信頼関係が築けます。きちんと伝えていきましょう。

 

母子家庭での子育ては大変ですが、子供を愛して守ってあげられるのはお母さんだけです。

子供に愛情を注いでると思ったら、自分が子供から愛情を受けている事も沢山あります!

1人で悩みすぎず、ゆったりした気持ちで、楽しい母子家庭生活を子供と送りましょう。

スポンサーリンク