帽子は子育てのマストアイテム!嫌いな息子が自ら被るようになった訳

帽子をかぶった男の子

スポンサーリンク





子供とのお出掛けに帽子は欠かせませんよね。

帽子を持っていれば夏は熱中症や紫外線を防いでくれるし、冬は防寒対策にもなります。

「子供が嫌がってなかなか被ってもらえない!」
「すぐに脱いでしまってひと苦労」

お出掛け前だというのにそれは困りますね。

実は、うちの4歳の息子も赤ちゃんの頃は帽子を嫌がり、全然被ってくれませんでした。

でも、今では帽子は彼のトレードマークになっていて、一年中被っています。

お出かけ前に帽子を忘れると、自分から「あっ、帽子忘れた」と取りに帰る程・・・。

ご近所のママからは「いつも帽子かぶっていて偉いね」と言われています。

そこで、帽子嫌いな息子がどうやって自ら被るまでになったのか?

私が試した方法を紹介します。

1. 子供が好きなものを

毛糸の帽子をかぶった赤ちゃん

まずは帽子選び、肌触りは?

赤ちゃんに好きなものを選べといっても無理な話。

でも、赤ちゃんだからこそのこだわりがありますね。

大好きなタオルケットや毛布、見て喜ぶ色など。

普段一緒にいるママなら絶対に分かるはず!

オシャレはまず抜きにして、そこから考えて選びましょう。

息子にも色々試しましたが、毛糸編みの帽子がお気に入りでした。

被り心地は?

帽子屋

サイズさえ合っていれば良いと思っていた私。

昨年の冬、帽子が小さくなって買い替えることに。

帽子好きな息子でも、試着させることにまず嫌がられて…。

仕方なく、私が「これは?」と思って取ってくるものは全て拒否。

前の帽子がそんなに良かったのかな…。

「気に入らないものを買ってもしょうがない!」と思って諦めようとしたら、お店のどこからか持ってきた帽子をかぶって「これにする!」と。

余りにも安いし、色もなんだか私好みではなかったけれど、本人は大満足!

余程その帽子が気に入ったのか、札を取ってもらい早速かぶって帰宅しました。

帰ってからもう一度、その帽子を良くみてみると、私が選んだどの帽子よりも、彼の頭にしっくりきている。

息子が、被り心地で選んだことが分かりました。

機能チェックも忘れずに

夏なら、通気性は?
冬なら、保温性は?
ゴム付きがいいの?

機能も色々あるので悩むところだと思います。

ゴムが付いている方が、飛ばないし、無くさないし、またすぐ被せられて便利というママ。

一方、ゴムが付いていると、首を締め付ける、ゴムを噛んでしまう、伸びるから邪魔というママがいると思います。

そんな時は、100均などでも売っている帽子止めクリップを活用しましょう。

2. 自分も被ろう

帽子をかぶった女性

帽子派になろう

私は今まで、あまり帽子を被ったことがありませんでした。

それは、自分には帽子が似合わないと思っていたからです。

日差しの強い日のアイテムは、もっぱら日傘でした。

でも、子供とのお出掛けに日傘なんてさせません。

手が塞がってしまいますし、身軽に動けない。

嫌でも、帽子を選ぶようになりました。

むかし私が使っていた帽子は、形を崩したくない帽子。

これだと、脱いだらかさばるし、荷物になるし、忘れ物になりそうで気を遣います。

今使っているのは、コンパクトにサッと被れて、いらない時は折り畳んでバッグに入る帽子。

これが、私の帽子選びの第一条件です。

紫外線対策は子供だけではない

子育てママになると、外へのお出掛けが増えますよね。

「こんなに暑いのにお外行くの?」
「こんなに寒い日に外遊び?」

でも、そんなことはお構いなし、子供はいつも元気いっぱいです。

体力のあり余っている子供に付き合うのは大変ですが、外出時の対策を疎かにしてはいけません。

特に、ママたちは紫外線が気になるお年頃。

春頃からは紫外線対策が大切です。

ついついさぼって公園でも行ってしまった後の日焼け、肌のシミ・・・。

やってしまったと後悔。

紫外線対策には、つば広帽子、UVカットの帽子などを選びましょう。

オシャレもできる

ちょっと前までは、帽子に全く興味がなかった私ですが、ハットやキャップ、麦わら帽子にニット帽・・・。

ついつい、お店のマネキンが被っている帽子が気になるようになりました。

アウトドア、街歩き、その日に合わせて選びたくなります。

帽子は、子育てママの全身コーディネートのマストアイテムですね。

3. 子供を褒めてあげよう

帽子をかぶった女の子

「似合うね!」
「センスいいね!」

息子が帽子好きなのは、ほぼこの「褒める」のおかげ。

「やっぱり、〇〇の選んだのは素敵だね」
「可愛いから被っててね」

街で通りすがりのおばあちゃんに、「ぼく、帽子がよく似合うね~」なんて言われたら、得意気な表情で「ありがと…」

赤ちゃんの時も、帽子を被せた姿に夫婦で思わず 「わー、可愛い!!」なんて親バカかな…?

こんなパパとママに、笑顔で話し掛けられたら、帽子でグズグズ赤ちゃんだって、すぐにご機嫌になり、自分から被るようになりますよ!

4. 帽子は子育てのマストアイテム!嫌いな息子が自ら被るようになった訳まとめ

帽子をかぶった女の子
  1. 子供自身が好きなものを。子供目線で選びましょう。肌触りや形、被り心地をチェック!!
  2. 自分も被ろう。子供と一緒に帽子を被って出掛けましょう。まずは自分から。オシャレもできます。
  3. 子供を褒めてあげよう。子供も褒められたら、気分がいいです。帽子をきっと好きになります。

 

これが、私が息子を帽子好きにさせるために試した方法です。

幼稚園の園服には帽子がありますし、小学校に行けば登下校に帽子を被ります。

帽子を被らせるには、習慣付けることが一番大切です。

お休みの日には、帽子を被って親子でお出掛けをしてみましょう!

スポンサーリンク