子育てママ必見!写真や動画のデータ管理のコツを教えます!

スマホで写真を撮る家族

スポンサーリンク





子どもが生まれると、写真や動画を撮る機会が一気に増えますよね。

私も娘が生まれてもう1年4カ月になりますが、毎日のように写真を撮っていたら、なんと生後1カ月でデータの容量がいっぱいになってしまいました。

まだ新生児で、それほど動きに変化があるわけではないのに、どの瞬間も逃したくなく、また少しずつ表情が違うので削除することもできず、データは増える一方です。

スマートフォンのカメラはデジカメよりも手軽に使えるので、つい撮り過ぎてしまいます。

肝心な時に容量がなくてカメラ機能が使えず、アタフタした経験のある方も多いのではないでしょうか。

写真や動画はつい撮りっぱなしになってしまいがちですが、せっかくの思い出をそのままにしておくのはもったいないです!

そこで、私が実践しているデータを上手に管理するコツをご紹介します。

1. フォトブック作成アプリを活用する

思い出のアルバム

毎月月末に、私はフォトブックを作成しています。

今はスマートフォンのアプリで安価に注文できるものが多くあります。

私が使用していたのは、月に1冊28枚写真を選んで、無料でフォトブックにして貰うというものでした。

写真があまり多いと毎月の選択が大変ですし、28枚というのが丁度よくて気に入ってます。

画質がすごく鮮明という訳ではないですが、サイズがコンパクトで保管もしやすいです。

夫も同じアプリを利用しているので、毎月2冊のフォトブックができるというわけです。

1歳の誕生日の時には2冊追加で注文して、それぞれの両親にも贈りました。

データを送って見てもらうことはありますが、アルバムは初めてだったのでとても喜んでくれました。

やはり形のあるものだと、データよりも気軽に手にとれますし、後からも見返しやすいのが嬉しいですよね。

以前は自分で現像していたのですが、どれも可愛いからと結局莫大な量になって1冊のアルバムに入りきらず、整理しきれなかったことがありました。

そのため、コンパクトなフォトブックは優柔不断な私にもぴったりです。

2. データを整理するタイミングを決める

パソコンの画面を見る夫婦

わが子が可愛いあまり、ついつい同じようなシーンを何度も撮ってしまうことも多いと思います。

連写してしまったり、ブレてしまったり。

そういう写真は、私はまずその日のうちに確認するようにしています。

毎晩夫が帰宅して夕食の時に、「今日はこんなだったよ。」と娘の様子を話します。

夫婦で娘の成長を共有できる大切な機会です。

その際に、その日に撮った写真や動画を見せるのですが、その時が選別のチャンス!

同じアングルの写真もなるべくそこで削除するようにしていました。

次の選別のタイミングは、フォトブック作成時です。

フォトブック作成後、データはスマートフォンからパソコンに移すことにしています。

そして、スマートフォンにあるデータは順に削除していきます。

こうすればスマートフォンが急に壊れた!というようなことがあっても、保存してあるデータは安心です。

暇な時にやろうと考えていると、結局いつまで経ってもやらずじまいで、本当に撮りっぱなしになってしまうので、いつやるかというのを習慣化してみましょう!

最初の頃は夫婦でのんびり気楽に作っていましたが、忙しくなった今では「今日が締め切りだよ!」と月末に夫婦でノルマをこなすように、写真選びをすることもあります。

でも、それもわが子の1カ月の成長を振り返られる幸せな時間なのです。

3. 外付けのハードディスクにデータを保存する

パソコンに接続

そしてパソコンに移された大量のデータ。このあとが大変なんですよね。

しばらくはいいけど、写真や動画の量が増えてくるとパソコン自体も重くなり動作が遅くなってしまいます。

USBメモリなどに保存してもそれほど容量が大きいわけではないので、動画を少し入れるだけですぐに一杯になってしまいます。

CD-Rに保存してもかなりの枚数になり、今度はディスク自体を保管するのが手間になってしまう…。

ママ友の間でも悩みのタネになっていました。そこで私が使用し始めたのが外付けのハードディスクです!

何にでも容量に限りはありますが、それでもかなりの数の動画を入れてもまだまだ余裕があるので、データを移す時のストレスが全然違います。

但し、これもためてしまうと、後で処理するのが面倒くさくなってしまうので保存はこまめにしましょう。

こうすれば、スマートフォンの容量にも常に余裕があるので、いざという時の大切な瞬間を逃すこともありません。

日々のちょっとした成長をデータの容量を気にして撮るのをためらう、何て事したくないですもんね。

4. 子育てママ必見!写真や動画のデータ管理のコツを教えます!まとめ

  1. 形のあるものに残すと、ふとした時に思い出を振り返りやすいです。
  2. データがたまってからだと大変なので、こまめに整理するようにしましょう。定期的にやる事で、わが子の成長を振り返ることが出来ます。
  3. データが消えてしまう前に、保存は早めにしておきましょう。

 

データ管理は、子育てで忙しいとついつい後回しになってしまいがちですよね。

でもこれも、ひとつのルーティンワークだと思ってぜひ実践してみて下さい。

そして、思い出は大切に保管しておきましょう!

機械音痴の子育てママでもビデオカメラに残しておきたい4つのこと

2016.11.11

スポンサーリンク