子育て中だからこそ楽しめる!DIYの奥深い世界にハマる方法

壁にペンキを塗る女性

スポンサーリンク





DIYと聞いて、大工仕事=男性のやる事とイメージした方も多いのではないでしょうか?

でも、それはもしかしたら時代遅れの考え方かも知れません。

社交界デビュー済のセレブな某タレントも得意とするように、DIYは自分を表現する1つの手段!?といったら言い過ぎでしょうか。

そんな奥深いDIYの世界。

そこで、子育て中の今だからこそ、子供と一緒にDIYを楽しんでみましょう。

1. 接着剤だけでおやつ入れが完成!?

お菓子が入っているビン

実は私、ネジやクギ、カッターさえも満足に使えず、幼いころの工作は、どれも即ゴミ箱行きの不器用を絵に描いたような人。

そんな私でも、気軽に失敗なしの接着剤だけで作れる、初心者にお勧めの、キャンディポットを作ってみることにしました。

おやつ入れとして大活躍しますよ。

しかも作るのに必要なものは、全て100円ショップで揃います。

透明な容器・植木鉢と受け皿・取手・ステッカーやシール・グルーガン計5点を購入しました。

作り方は至って簡単!これを順に接着していくだけなんですよ。

上から受け皿(ふた)→  容器(キャンディを入れるところ)→  植木鉢(台)+  取手(飾りのレバー代わり)

因みに接着には、ボンドよりも接着力が強く、速乾性のグルーガンを使うのがポイントです。

 

まとめておくと

必要な材料

  • 透明な容器(キャンディを入れる部分)
  • 植木鉢と受け皿(セットのものもあり)
  • 取手
  • ステッカーやシールなど

道具

  • グルーガンになります。

 

アレンジして自分のオリジナルをどんどん作って下さいね。

詳しい作り方を知りたい方はこちらの動画を参考にして下さい。

2. DIYベビーベッド活用術

白いベビーベッド

作ることに慣れてきた私は、次に本格的なDIYに挑戦することにしました。

ここでギブアップ気味のママさんは、パパさんにお願いするのもありですよ。

娘が赤ちゃんの時に使っていたベビーベッド。

映画で見た欧米の子育てに憧れて、真っ白なベビーベッドを購入しましたが、夜泣きに悩まされ添い寝をしていたせいで、ほとんど使用しませんでした。

子育てはベッド派?布団派?私が出産前に知っておきたかった3つのこと

2016.12.22

しかも、約3万円と我が家にとっては高額なものだったため、処分しようにも出来ず、物置と化していました。

これをDIYでベビーゲート2アイテムにリノベーションできるそうです。

なんと机は年齢ごとに高さを変えることもできます。

ベビーゲート = 囲いの1面を外して蝶番(ちょうつがい)、足にキャスターをつけます。
= 残った3面でベッド部分を机の台として活用します。

机は小さな子供用のいすを買い足せば、子供の学習机になります。

更にわが家では、上に布を被せて秘密基地として使用しています。

叱られた際は、一時的にこもることで、こどものストレス解消になるようです。

3. 散歩ついでにホームセンターで想像ゲーム

黒いソファー

それでもDIYが好きになれない!と言う人は、ホームセンターや家具屋さんに遊びに行くことをお勧めします。

子供が小さいと外出先も限られてきますよね。

そんな時でも、通路も広くてベビーカーでも楽々のホームセンターは、外出先にぴったりなのです。

最近では、オシャレな雑貨屋さんといった雰囲気の店舗も多くて楽しいですよ。

さらに、予算がなくても大丈夫。私は時々、親子で「買ったつもりゲーム」を楽しみます。

店内を歩きながら、「我が家にこんな家具があったらこんな感じかな~?」とか想像するんです。

よく「もし宝くじ100万円に当たったら何買う?」なんてゲームあるじゃないですか。

それのホームセンター版です。意外に面白くてハマりますよ。

4. 子育て中だからこそ楽しめる!DIYの奥深い世界にハマる方法まとめ

子供と工作
  1. DIY初心者は100円ショップで、失敗しても気にならないハンドメイド感覚のDIYから挑戦してみましょう。
  2. 慣れてきたら、ホームセンターで工具を使ったDIYにも挑戦してみましょう。
  3. ハンドメイドもDIYも苦手な人は、たまには空想DIYを楽しみましょう!

 

この方法なら、低予算で子供と一緒にDIYが楽しめますよ。

子供の手先も器用になり、想像力が豊かな子供に育ちます。

そして、完成したラベルなどの文字はお子さんにお願いして、ヘタウマで味のある文字を楽しむといいかも知れないですね。

ただし、どうしてもDIYが苦手と言う人は、怪我をすると危ないのであまり無理をしないで下さいね。

スポンサーリンク