愛情たっぷり!子育てママが送る!愛を育むオススメの絵本6選

絵本を読む親子

スポンサーリンク





子供って絵本が好きですよね。

私は、本を読むのがキライでしたが、4歳の息子は大の絵本好き!

その影響で、私も少しずつ絵本を読むようになりました。

読んでみると、絵は可愛いし、綺麗だし、ストーリーはやさしいし、何しろ文字が大きくて読みやすい。

どんどん絵本の魅力に引き込まれていき、毎晩寝る前に息子に読み聞かせるのが楽しみになりました。

そして、いつの間にか私も絵本が大好きになってしまいました。

そこで、そんな私を絵本好きに変えてくれた、6冊の絵本をご紹介します。

まず、絵本の選び方のおススメは、やはり子供の年齢によりますよね。

1. 子供の年齢

0~1歳

ほぼ、内容なんてよく分からないこの赤ちゃんの時期、ママが好きなものがいいですよね。

言葉がはっきりしていて優しい色や形、物語より絵やしかけ。

この間、幼稚園に教育専門家の方がみえて、仰っていたのは色のこと。

原色は、ハッキリしていてよさそうだけど、赤ちゃんには強すぎるらしいです。

洋服のブランドでいうと、ミキハウスより、ファミリアだそう。

なるほど!だけど、うちにとっては後の祭りの話でした。

1~3歳

この時期、物語を読もうものなら、勝手にめくられて最後までいきつかなかったりで、絵本は大人にとっては本でも、子供にとっては、おもちゃと一緒ですよね。

ストーリーがやさしく、オノマトペ(擬音)がいっぱい、絵も音も楽しめるものがいいですね。

のりもの、たべもの、どうぶつ・・・身近なものを扱った絵本がおススメです。

また、生活の中でのあいさつや、はみがきみたいな絵本もいいですね。

3~5歳

この頃になると、男の子は男の子、女の子は女の子など、子供ひとりひとりの趣味がハッキリ出てきますね。

ストーリーで選びましょう。

もちろん、イラストも大事なポイント。

迫力あるもの、やわらかいもの・・・。

ちなみに、うちの息子は、図鑑が大好き!

「ぼくの宝物」と言って持ってくるのは、『古生物大百科』です。

手を重ねる親子

さて、ここからは、本題の愛情をテーマにした絵本をご紹介します。

といっても、私が勝手にそう思っているだけですけど。

愛情にも様々な種類がありますよね。

それでは、種類ごとに紹介していきます。

2. 親子、母親

コアラの親子

「ここよ ここよ」 かんざわとしこ ぶん やぶうちまさゆき え  福音館書店

この本は、0~2歳の絵本です。

やさしいタッチの動物の絵で、それぞれ、コアラやカンガルーがママに抱っこされていたり、おっぱいを飲んでいたりする愛らしい母子が描かれています。

「ここよ、ここよ」と繰り返される簡単なフレーズが、耳に、頭に残ります。

赤ちゃんの絵本だから、うちは・・・と侮るなかれ。

4歳にもなると、自分で選んできて自分で読むじゃありませんか。

ひらがなを自分で読みはじめた子供にもおススメです。

電車

「でんしゃにのったよ」 岡本雄司 さく  福音館書店

この絵本は、でんしゃ好きの男の子に勿論、おススメなのですが、母親との旅に親子の微笑ましい様子が感じとれ、どんな子供にもおススメしたい一冊です。

田舎から車で、最寄の駅でパパに見送られて、母親と男の子が東京に住む、いとこのしんちゃんに会いに行くお話です。

何といっても、絵が素晴らしい!

窓から見える田舎の風景や、鉄橋を走る電車の臨場感、新幹線のかっこ良さ。

そして、どのページにも描かれている帽子姿の男の子が 本当に可愛いです。

特にうちは、息子とだぶるものがあり、うちのパパ一押しの絵本です。

3. 父親

私は仕事上、音楽に詳しいのですが、なぜか子供の歌には父親の歌が少ないんです。

ですが、絵本にはたっくさんの父親との絵本があり、驚きました。

そんな中からおススメの絵本は。

恐竜

「おまえうまそうだな」 作絵 宮西達也  ポプラ社

恐竜好きの息子に選んだ絵本です。

何年か前に映画化されているそうです。

アンキロサウルスの赤ちゃんに、肉食恐竜のティラノサウルスが「おまえうまそうだな」と・・・。

アンキロサウルスの赤ちゃんは、自分の名前を「うまそう」と勘違い。

そこが、まずおもしろい!

それからは、そのティラノサウルスをお父さんだと思い、お父さんみたいに強くなりたいと願います。

ティラノも段々、愛情が湧き本当のお父さんみたいになっていきます。

その姿に 大感動!本当の別れが来た時、泣きました。

このシリーズはどれも愛をテーマにしていて泣けます。

大人にもおススメです。

4. 家族

次も、恐竜。うちは、今、恐竜に色んな面で、支配されています。

「恐竜トリケラトプスの大逆襲-再び肉食恐竜軍団とたたかう巻」 黒川みつひろ作・絵  小峰書店

このシリーズもどれも感動します。

草食恐竜のトリケラトプスのお兄ちゃんが、妹を連れて、谷の泉に遊びに出かけます。

そこにいたのは、肉食恐竜軍団!お兄ちゃんのリトルホーンは、命がけで妹を助けます。

その勇気が素晴らしい!お父さんが助けに来るのですが、 その作戦がカッコイイ!

おじけづいたように見せかけて・・・。

親子の愛と勇気が心を打ちます。

また、作者が恐竜に詳しく、結構マイナーな恐竜もストーリーに登場します。

5. 夫婦愛

湧き水

「わかがえりのみず」  文 間所ひさ子  絵 若菜珪   チャイルド社

この絵本は、日本の昔話ですが、あまり知られてはいない物語かも知れません。

うちの息子は、幼稚園のインタビューで、好きな絵本をこの「わかがえりのみず」にしたという、かなりレアです。

先生も知りませんでした。

山にすみやきに出かけたおじいさんが、湧き出る泉を発見し、のどが渇いたと湧き出る水を一口、二口と飲んだら、若返り、青年になって、家に帰ってきます。

それを聞いたおばあさんも、その泉に行き水を口にし、もっと若くなりたい、もっと若くなりたいと欲張って飲み続けたら、 赤ちゃんになっちゃったというお話。

その、赤ちゃんを若くなったおじいさんが育てるんですけど、私はそこに夫婦の愛を感じました。

しかし、このお話といい、「したきりすずめ」など、女性の欲高を描いたお話が多いですね。今も昔も変わらない??

6. 友達

赤いトラック

「ちっちゃなトラックレッドくんとブラックくん」  作・絵 みやにしたつや  ひさかたチャイルド

ひねくれてるけど、実は恥ずかしがりやでやさしい・・・

いるいるこんな子クラスに一人。

トラック一台一台が、人間そのもの、性格は様々。

レッドくんとブラックくんが一緒に荷物を運ぶけれど、ブラックくんは、ルールを守れずスピード違反。

二人の息は、全く合いません。途中、山火事に遭遇。

ブラックくんは、「先にいくぜ」と脇道に、いかにも放棄したかのよう。

実は、消防車を呼びに行ったというやさしい気を回し、みんなから感謝されても、素直に喜べないブラックくん。

それぞれの友達への思いやりが光ります。

その他、弱虫なピンクちゃんの物語もあります。

7. 愛情たっぷり!子育てママが送る!愛を育むオススメの絵本6選まとめ

手をつなぐ3人の子供

男の子のママ目線になってしまった、絵本選び。

子供目線も重要だけど、読み聞かせるママが好きなものがいいですよね。

押しつけかな?一緒に楽しまないと。

本は、そこにいながら、色々な世界へ行ける、何にでもなれる素敵なもの。

本好きな人へと成長して欲しいですね。

子育てには図鑑がオススメ!子供に与える4つの良い影響とは?

2017.02.10

スポンサーリンク