子育てママの英語フレーズ活用法!我が子を英語好きにさせた習慣

絵本を読む親子

スポンサーリンク





私は4歳の男の子のママです。

今、息子の周りでは英語教育が盛んになっています。

通っている幼稚園の課外授業(保育時間の後に習い事として希望者が受けられるもの)では、英語をクラスの半数が習うほどの人気で、常に空き待ち状態になっています。

小学生になったら、学校で英語の授業がありますし、早いうちから習わせた方が…というのがあるのでしょうか。

親が子供に英語を習わせる理由は、家庭により様々だと思います。

そういう我が家も、息子が2歳半の時から英語教室に通わせています。

私自身の英語力はというと、小学5年生から教室に通い、中高大学と勉強したものの身に付かなかったという、親には申し訳ないけれど一番ダメなタイプです。

海外に行っても、外人さんに声を掛けられても、硬直状態。

息子には同じ思いをさせたくありません。

私はそのコンプレックスから、幼児の英語教育に前から関心がありました。

でも、雑誌を開ければ高価な英語教材の広告ばかり・・・。

ちょうど気になっていた頃、家に英語教室の勧誘があり、2歳半までに入会したら、教材費無料につられて近所の子と一緒に入会しました。

でも、ただ英語教室に入会しただけでは、本当に使えるようになるか分かりませんよね?

過去の私がそうだったように、いくら英語教室に通わせても、それを生かせる環境がないと英語は使えるようにはなりません。

そこで、私が実際に試した、教室任せにしない、家庭でも英語を使える環境づくり。

我が子を英語好きにさせた英語フレーズの活用法をご紹介します。

1. まずはテキストを子供と一緒に覚える

英語カードで遊ぶ女の子

息子の通っている教室では、最初の2歳半からの1年間は親子一緒にレッスンをします。

その中で「Mom  ‘English」という時間がありました。

毎週、ワンセンテンス英語のフレーズをママが覚えて、お家でも子供と英語で会話してみようというもの。

例えば、「Wash  your  hands.」 「手を洗ってね」 先生の後に復唱。

この位なら私でも覚えられます。

たまに覚え切れないフレーズや、家では余り使わないなというフレーズがあるので、そこは無視します。

せっかく覚えましょうというのなら、覚えて使ってみよう!と思い毎週一フレーズずつ覚えました。

定着したフレーズは限られましたが、家庭でも英語フレーズ交りの楽しい時間になりました。

ちなみに、教室のテキストがなくても、ネットや本に「英語フレーズ集」がたくさんありますので、それを上手く活用しましょう。

2. 子供との簡単なやり取りで遊ぼう

私たち親子が、一番最初に身に付いた英語フレーズは

「Hear you are.」 「はい、どうぞ」
「Thank you.」    「ありがとう」  です。

「どうじょ。」  「ありがと。」
これって、産まれて息子が最初に喋った日本語のやり取りと同じです!

「please  clean  up.」  「きれいにしてね」
こちらからの問いかけに

「OK!」 「いいよ」
「No!」 「やだ」

「 Do  you  like  this  dinosaur?」  「この恐竜好き?」

「Yes,  I  do.」  「うん」
「No,  I  don’t.」 「やだ、ちがう、いらない」

まずは、こんな簡単なやり取りから始めましょう。

3. 英語だけの時間を作ろう!

勉強を娘に教える両親

これは、主人の提案です。

主人の英語力はというと、受験英語は勉強したので話せますが、文法を使って頭の中で文章構築している感じで発音はイマイチです。

All  English? 英語力のない私は拒否!でも、「パパのいる限られた10分」というルールのもと承諾。

実際にやってみると、ジェスチャーあり、単語だけあり、全く会話無し数分あり・・・。

息子は 「I’m  thirsty 」 「のどが渇いた」 ばっかり。

主人曰く、この時間を増やして行こうとのこと。

息子はまだルールを理解してないのか、大体普通に日本語を喋りだしてアウト!

でも、その時間作りが段々と定着しつつあります。

嫌がっていた私も楽しめてきました。

英語教室の授業は、週一度の限られた時間しかありませんが、家庭でもやれば実践力がつきます。

4. 子育てママの英語フレーズ活用法!我が子を英語好きにさせた習慣まとめ

緑の中の家
  1. とりあえずテキスト通り覚えよう。英語の知識のない、話すことに抵抗のあるママは、とりあえず本やテキストを頼ろう。
  2. 子供との簡単なやり取りで遊ぼう。子供との遊びの中で、英語を身近な存在にしましょう。
  3. 英語だけの時間を作る。ゲーム感覚で簡単なルールを作ろう。まずは短い時間から始めてみましょう。家族との楽しい時間が増えて、実践力も付きます。

 

子供を英語好きにするには、まず私のような英語コンプレックスママも、積極的に自分自身が勉強することが一番大切ですね。

面倒臭がらない!それぞれのご家庭のペースで、環境作りをしましょう。

家族を巻き込んで楽しみながら英語フレーズをどんどん使いましょう。

自分のためにもなりますね。

その甲斐あってか、いまでは息子は英語が大好きです。

子供の習い事はいつまで続ける?子育てママに考えてほしい3つのこと

2016.11.25

スポンサーリンク