子育て中の夫婦ってどうあるべき?夫婦関係を上手くやっていく為には?

夫婦

スポンサーリンク





結婚して今まで2人だった家族が、子供が生まれて3人、4人…と増え、お互いの関係や存在のあり方が徐々に変わってきます。

今まで夫婦関係は良好だったのに、子供が出来てから変わってしまった…そんな経験はありませんか?

時にはいい変化があったり、変わらなければいけなかったり、上手くいっていなかったりと、夫婦の関係は子供の成長によって大きく変化していきます。

さて、そんな夫婦の関係ですが、実際どうあるべきなのでしょうか。

パートナーとしての顔、親としての顔など、自分がどうあるべきなのか、迷ってしまう事ってありますよね。

今回は、そんな子育て中の夫婦の関係について見ていきましょう。

1. 子育て中の夫婦関係、みんなどんな感じなの?

家族

夫婦の関係性や子育てはご家庭によって様々です。

特に多いのは、上記にも書いた子供が出来てから、夫婦の関係性が変わってしまったというものです。

これには私も経験があり、1人目を産み、育てていたころに主人から、「お前が女じゃなくて母親に見える」と言われたものです。

つまり、旦那に対しても母親のような対応をしていたわけです。

この時は、「あぁ私って、女として見られてないんだなあ」とショックでしたが、そこから闘争心が爆発して、産後のダイエットに取り組み、妊娠前よりもスリムな体型を手に入れました。

話が少し脱線しましたが、やはり子供が生まれることによって、女から母親に変わる自分と、子供が出来てもいつまでも子供のままでいるご主人との間に、どうしても確執が生まれることが多いようです。

どうしても2人で子育てをしていくわけですから、考え方の違いや、今までとの置かれた状況の変化から、言い争いになってしまったり、喧嘩してしまうことが増えてしまうんです。

お互い全く別の人格なわけですから、お互い違う意見を持っていて当然です。

どちらかが正しくて、どちらかが間違っている、という問題ではありません。

とはいえ、今までは2人の問題だったことが、子供を含めた問題になるわけですから、なかなか話がまとまらないのは確かです。

こういう時は、夫婦間で意見のどちらがいいか主張し合うよりも、自分たちの子供の幸せのためにどうするのが一番良いのかを考えるといいでしょう。

2. 夫婦喧嘩の火種はこれ!旦那さんに言ってはいけないワードランキング!

夫婦喧嘩

子育て中、子育てしながら仕事をしなければいけないご主人と、子育てしながら家事をこなさなければいけないあなたとで、お互いあまりの大変さに、心に余裕がなくなり、ついついきつい言葉を言ってしまったり、冷たい態度を取ってしまいがちです。

では、実際にどんな言葉や態度にご主人は傷ついているのでしょうか?

第5位

友達の旦那さんが、家事や育児に協力的。
何かとそれを夫婦の話題に持ち出し、「協力的な旦那さんがいて羨ましい」の一言を言ってしまう。

第4位

家事を手伝おうとした旦那さん。
それに対してあなたが、「当たり前でしょ」「やらなくていい」「あなたには出来ない」「やり方が違う」などのダメ出しや否定をしてしまう。

第3位

仕事が忙しくて、なかなか早く帰ってこれなかったり、休めない旦那さんに対して、「子育てが大変なんだから早く帰ってきてほしい」「土日くらい家事や子育てを手伝って」と言ってしまう。

第2位

久しぶりに会社の飲み会に参加した旦那さん。
酔っぱらって帰ってきたら「飲みにいけていいね」という冷たい一言。

第1位

週末に疲れて休んでいる旦那さんに対して「週末くらい子供の面倒見てくれない?」という言葉をかけてしまう。

いかがですか?
1つくらい身に覚えがありませんか?
ちなみに私はいくつも身に覚えがありすぎて怖いです…

このような言葉をかけてしまうと、せっかくやる気を出した旦那さんも、気分を害してしまいますよね。
言葉をかける時は、言う前に相手がどう思うか?考えてからにした方が無難ですね。

3. どうしたら夫婦関係が良好に進むの?

向かい合う男女

では、実際にどうしたら旦那さんと子育て中でも上手くやっていけるのでしょうか。いくつかご紹介していきますので、出来そうなことからチャレンジしていただけると嬉しいです。

普段の何気ない会話を楽しむ

「今日こんなことがあってね…」「テレビのニュースでね…」なんてたわいのない会話ですが、そこからどんどん会話は広がっていきます。

実は、奥さんとの会話が楽しみで、早く帰宅したいという旦那さんも多数いらっしゃいます。
妻であるあなたが相槌を打ち、聞き上手になれば、関係を良好に保てますね。

始まりのあいさつや感謝を忘れない

基本中の基本ですが、「おはよう」や「いただきます」などの挨拶はとっても大事です。
言われて悪い気はしませんしね。

更にここに「ありがとう」を加えるとなお良しです。
お互いに「ありがとう」をたくさんいい合える関係は素晴らしいですよね。

理想を押し付けない、期待しすぎない

夫や妻に対する自分自身の理想像を押し付られると、窮屈に感じます。

相手が自分に完璧を求めないように、あなたも相手に完璧や理想を求めすぎない事で、いい夫婦関係を続けることができます。

辛いことも悲しいことも、一緒に分かち合う

お互い悩みを抱えている時は話しにくくても、相手に話すことで気持ちが楽になりますし、夫婦で苦しみを分かち合うことで、より夫婦の絆が強くなります。
もちろん、嬉しい時の喜びを分かち合うことも大切です。

4. 子育て中の夫婦ってどうあるべき?夫婦関係を上手くやっていく為には?まとめ

  1. 子育て中とはいえ、夫婦は別の人格なので時に意見が食い違ってしまうのは当たり前です。仕事や家事など、大変なことが多くて心に余裕がなくなってしまうのが、夫婦の関係がうまくいかない原因です。
  2. 子育てが大変過ぎて、ついつい旦那さんに冷たい言葉をかけていませんか?言葉をかける前に一呼吸置いて、相手がどう思うのか?よく考えてみましょう。
  3. 喜びも悲しみも分け合い、感謝の気持ちを忘れない事が夫婦円満の秘訣です。相手を思いやることも忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク