子育てしながら働く事はできる?それとも子育てに専念すべき?

働く女性と子供

スポンサーリンク





子育てしながら働くママさんは本当に増えましたよね。

まだまだ待機児童などの問題は山積みですが、そんな中でも保育園の一時保育を利用したり、幼稚園の延長保育を利用したりと、少しずつではありますが、子育て中のママさんにとって働ける環境が出来てきているようにも感じます。

とは言え、小さいうちに保育園に預けるなんて可哀そう…
子供が小さいうちは働かない方がいいのでは…
なんて声も聞こえてきます。

というわけで今回は、そんな働くママ、働きたいママについてのお話。
子育てしながら働くって、実際どうなんでしょうか?一緒に見ていきましょう。

1. どうして子育てしながら働くのか?

お金
では、どうしてママたちは子育てしながらも働くのでしょうか?
どう考えても子育てだけでも大変なのに、さらにそこに仕事となると両立は難しいのではないでしょうか。

経済的な理由で働かなければいけない

やはり1番がこの経済的な理由です。

・子供と一緒にいたいけど、働かないと生きていけない
・シングルマザーだから、何としてでも働かないと
・少しでも家計の足しにしたい

という方が多いようです。

上記のような方は、元々妊娠・出産で仕事を辞めずに、職場復帰する方が多いです。

子育ては経済的負担が大きい?子育てに掛かるお金と貰えるお金とは

2017.04.07

子供と離れる時間がほしい

決して子供が嫌いだとか、嫌だとかそういうお話ではありません。
しかし、1日中子供と一緒にいると、やっぱりストレスが溜まります。

それに、どうしても社会とのつながりが少なくなるので、言葉のわからない子供と一緒にいると、1日中誰とも会話しなかった…なんてこともあり得ます。
1日数時間でもいいから働きたい、自分のお小遣い程度でいいから稼ぎたいという方も多いようです。

2. 子育て中は子育てに専念すべき?それとも働きながらでもいい?

働く女性

では、実際に子育て中は働くべきなのでしょうか?
それとも、しっかり子供と向き合い、ある程度子供が大きくなるまで子育てに専念すべきなのでしょうか。

これには賛否両論ありますね。

特に古い世代の方々は、三つ子の魂百までではありませんが、女性は結婚や妊娠・出産したら、家や家庭を守るために仕事を辞めて子育てに専念すべき、という考えの方が多いでしょう。

しかし、女性の社会進出が多くなってきた現代では、産後、保育園などに預けて働くママさんが本当に多くなってきています。

厚生労働省でも子育てや介護をしながら働き続けられるよう、仕事と家庭を両立しやすい職場環境づくりを推進するなどの取り組みをしています。

では、子育てに専念することのメリット・デメリットとは何でしょうか。

働かないメリット

  • 子供の成長がいつも間近で見られる
  • 子供の体調の変化にすぐに気づける
  • 時間などに縛られることが少ない

働かないデメリット

  • パートナーの収入だけで、家計をやりくりしなければならない
  • 常に子供といるためストレスがたまりがち
  • 社会から離されている気分になる
  • 1日中誰とも会話しない日ができてしまう可能性がある
では逆に、働くことでのメリット・デメリットも見ていきましょう。

働くメリット

  • 収入が増え、家計に余裕が生まれる
  • 子供と少しでも離れることで、心に余裕ができる
  • 社会とのつながりが出来る

働くデメリット

  • 子供の成長を常に見られない
  • 子育て、家事、仕事とやるべきことが増える
  • 自分の時間が少なくなる
  • 仕事という責任が増え、ストレスに繋がる可能性がある

 

子育てに専念するのも、子供を預けて働きに出るのも、どのみちメリットとデメリットが存在します。

これは、人によって合う合わないがあります。

働いていた方が、子供とうまく関係が築けると言う方もいれば、子供が幼稚園に行くまでは一緒にいたいなど、自分に合った子育ての方法を考えていきましょう。

3. 子育てしながら働くためには

家族
では、実際に皆さんどうやって子育てと仕事を両立されているのでしょうか。

実家のサポート

これはかなり大きいサポートですよね。

保育園や幼稚園も安心して預ける事ができますが、やはり実家も自分やパートナーを育ててくれた親が見てくれるわけですから、安心して預けられますよね。
しかも、保育園などと違ってお金もかかりませんしね。
さらに、時間もそこまで遅くならなければ融通も利くでしょう。

ただし、実家にも実家の生活があります。

甘えすぎず、あくまでも預かってもらう立場なので、相手のことを考えて子供を預けるようにしましょう。
子供もパパやママと一緒にいるのが1番なわけですから。

子育てで実家と上手く付き合うには?体験して分かった3つのこと

2016.11.28

パートナーとの家事分担

これも大きなポイントになってくると思いますが、今や共働き・共子育ては当たり前の時代です。
お互いが納得し、ストレスをためないような家事分担が大切になってきます。

例えば、朝保育園まで送っていくのはパパ、迎えに行くのはママ。
ご飯を作るのはママで、最後の後片付けはパパなど、上手に分担できるようにしましょう。

ここで注意したいのは完璧を目指しすぎたり、お互いに期待しすぎたりしないことです。

仕事が忙しすぎて、やらなきゃいけない家事ができなかったり、完全に終わっていない日だってありますが、そこをお互いが攻めてしまっては、喧嘩になるばかりです。
気持ちを大きく持ち、仕方ないかと思えるくらいになりましょう。

夫婦で子育てと家事を分担すべき?専業主婦の私が思う3つのこと

2017.03.31

4. 子育てしながら働く事はできる?それとも子育てに専念すべき?まとめ

  1. 子育てしながら働く理由は人それぞれ。子育てしながら仕事をするのは大変ですが、やると決めたからには頑張りましょう。
  2. 子育て中に働くのも、働かないのも、どちらにもメリット・デメリットがあります。自分に合った子育ての方法を考えていきましょう。
  3. 子育てしながら働くためには、今まで以上に頑張らなきゃいけない事や、周りのサポートが必要になってきます。自分はどんなサポートが受けられるのか、パートナーと何が分担でき、お互いどこまでできるのか、よく話し合って決めていきましょう。

スポンサーリンク