子育て中の疲労が限界!そんな時に試したい3つの疲労回復法

疲れている女性

スポンサーリンク





子育てはよく体力勝負なんて聞きますが、本当にその通りですよね。

私は現在2人の子育てをしていますが、まだまだ抱っこちゃんの下の子と、家の中を走り回るイヤイヤ期の上の子2人のお世話をしながら家事をこなして、夜、子供達とベッドに横になると、自分の体がベッドに埋まってしまうんじゃないかと思う程の疲労感が押し寄せてきます。

しかし、体がいくら疲れていようと、子育ては休みなしで毎日やってきます。

少し休もうと横になっても、子供達が上にのしかかり、私の体は子供達のおもちゃになってしまって、ゆっくり休む事なんて出来ません。

「子供達が小さいうちは仕方ない」、「ママ抱っこしてなんて今だけだよ」なんて先輩ママ達によく言われますが、私としては「その今が辛いんじゃあぁ~!」と叫びたくなります。

このように、疲労をどんどん溜めてしまう毎日を送っていると、ママにとっても子供にとっても良くないです。

そうならない為に、子育て中の疲労回復法をご紹介します。

1. 食事で疲労回復

健康的な食事

疲労回復には栄養がある食事がとても重要です。

毎日家族の為に作る食事を、少し意識して疲労回復の食材を使うと、自分だけではなく、旦那さんの仕事の疲労も回復させる事が出来るので、どんどん使っていきましょう。

まず、筋肉や神経の疲れを和らげる効果があるのはビタミンB1です。

このビタミンB1が多く含まれている食材は、ニンニク・豚肉・レバー・枝豆・きのこ類など、普段食べている食材が多いので、疲労が溜まった時にも意識して取り入れやすいと思います。

次に、疲労をとれやすくする効果があるのはビタミンB2です。

このビタミンB2が多く含まれている食材は、卵・レバー・さば・納豆・小松菜など、こちらも普段から身近にある物なので、料理に簡単に取り入れる事が出来ますよね!

そして、疲労物質である乳酸を分解してくれる効果があるのはクエン酸です。

このクエン酸が多く含まれている食材は、柑橘類・梅干などすっぱい食べ物によく含まれています。

最後に、疲労回復に効果的と最近注目されているのが、イミダペプチドという物質です。

このイミダペプチドはタンパク質の一種で、自律神経に働きかけ、自律神経を調整してストレス解消・安眠効果があるそうで、鶏胸肉などに多く含まれています。

鶏胸肉なら比較的安いですし、脂肪分が少ないので、小さい子がいる家庭でも使いやすく子育てママには助かる食材です。

まずは、これらの食材を使って料理を作り、体の中からしっかり疲労回復していきましょう!

2. 入浴で疲労回復

バスタイム

入浴は血行を良くし、筋肉の緊張の緩和や心のリラックス効果があります。

肉体的・精神的疲労に効くので、子育ての疲れにはバッチリな疲労回復法です。

疲労回復には半身浴が良いのですが、子供を抱っこしながら湯船に入ると自然と半身浴になりませんか?

私は2人の子供をお風呂に入れるので、子供が滑って転び、溺れてしまったら怖いと思い、お湯は少なめに張っています。

その為、自然と半身浴になっているのですが、これが疲労回復にとても効果的です。

半身浴をすると体に負担をかけず、体の芯から温める事が出来るので、血行が良くなり、コリや痛みを引き起こす乳酸の排泄が促進され、疲労回復効果がみられます。

半身浴のポイントは、38℃~40℃のぬるめのお湯に、みぞおちあたりまで浸かり、20分~30分入浴するだけなのですが、やってみると本当に体の中からぽかぽかしてきます。

熱いお湯に浸かると血行がもっと良くなるように感じますが、逆に疲れが倍増してしまい、だるさや倦怠感が出てきてしまうので、お湯の温度には注意して下さいね。

3. ストレッチや軽い運動で疲労回復

ストレッチをする女性

ストレッチは入浴と同じく、筋肉の緊張の緩和やリラックス効果があります。

筋肉痛や肩こりなどにも効果的なので、子育てママはぜひやっておきたい疲労回復法ですよね。

ストレッチなら子供のそばで家でも気軽に出来ますし、夜寝る前にちょっとやるだけでも、朝起きた時の疲労感が違ってくるので、子育てに忙しくても毎日続けられてオススメです。

寝る前に簡単にできるストレッチ法の動画です。

ストレッチのほかにも、子育てサロンで親子ヨガ等をやっていたりするので、子供と一緒に参加してみるのも良いでしょう。

軽い運動も疲労回復には効果的です。

「疲れている時に運動なんて、もっと疲れてしまう!」と思われがちですが、軽い運動をする事によって、体がほぐれて血行が良くなり、疲れを軽減させてくれます。

また、子育て中に軽い運動をするのに最適なのがラジオ体操です。

ラジオ体操は誰でも簡単にでき、体に負担をかける事なく、頭から足先までまんべんなく体全体を動かす事が出来ます。

我が家では、朝起きたらNHKを観るのですが、子供番組の前にラジオ体操をやっていて、3歳の娘は朝からラジオ体操を始め出し、1歳の娘はその様子を近くでじっと見ています。

以前3歳の娘に一緒にやろうと誘われてやってみましたが、やり終えた後はなんだか体がスッキリしましたし、子供と一緒に楽しくやる事も出来ました。

ラジオ体操は、ちょっとした時間にも出来るので、試してみて下さい。

4. 子育て中の疲労が限界!そんな時に試したい3つの疲労回復法まとめ

  1. 疲労回復効果のある食材を使って料理を作り、家族みんなの疲れをとりましょう。
  2. 子供と一緒にお風呂に入ると半身浴がしやすいです。ぬるま湯にゆっくり浸かり血行を良くして疲れをとりましょう。
  3. 子育て中でも気軽に出来るストレッチと、子供と一緒に楽しめるラジオ体操で疲労回復していきましょう。

 

子育て中は、精神面でも肉体面でも疲労が溜まります。

たまには、家族で温泉旅行などに行ってみると、美味しい料理と温かい温泉でママの疲労回復にもなりますし、家族の思い出にもなるので良いですよね。

子育て中の疲労を溜めすぎないように、息抜きをしながら上手に疲労回復をしていきましょう!

スポンサーリンク