子育ての必需品!こんな時に持っていてよかった物は『これ』

ポイント

スポンサーリンク





子育てをしていて、外出時や食事の時など、状況別ごとに『これを持っていてよかった!』と、役に立った必需品をまとめてみました。

何かと心配しすぎると荷物が増えるし…
持っていない時に限ってハプニングが起きるし…

1歳半離れた姉妹がいる兼業主婦の我が家で、あれこれ試行錯誤して厳選した必需品です。 

1. 幼少期の外出・お外遊び編

芝生に座る子供

衛生用品

  • 携帯用ウェットティッシュ
  • ティッシュ
  • ハンドタオル
  • 絆創膏
  • 白色ワセリン・オイラックス(アトピーのかゆみや乾燥にも使いますが、ころんだ時や虫に刺された時にも使う)

飲食関係

  • 飴など口に入れやすい物
  • お菓子
  • 水筒
  • 輪ゴム(食べかけのお菓子を閉じる)
  • ゴミ袋

その他

  • お砂場セット・柔らかい大きなゴムボール・バトミントン系など
  • 子ども用リュック(着替え・お気に入りのおもちゃを子どもが持つ)
  • 上着(帰りが肌寒くなることもあるし、寝た時のタオルケット代わり)

2. 幼少期のお食事編

お子様ランチ
  • シリコンやウレタンの大きく深いポケット付きのお食事エプロン
  • 持ち方練習用のはし
  • 柄の丸いやや太めのスプーン
  • ウェットティッシュ

 

深いポケットの柔らかい素材のエプロンは、付け心地もよく安定感もあり、子どもが豪快に食べこぼしてもしっかりキャッチしてくれ、食後すぐに洗って干せ、衛生的で手間もかかりません。

子ども用のスプーンやフォークは、平べったい物より丸みがある方が持ちやすそうなので、太すぎず細すぎず子供の手に馴染みやすい形状で練習しました。

3.雨の日編

てるてるぼうず
  • 子ども用長靴
  • 子ども用替えの靴下
  • 子ども用レインコート
  • 子ども用傘
  • ママ用レインコート
  • ママ用長靴
  • 抱っこ紐
  • ベビーカーのレインカバー
  • ビニール袋
  • フェイスタオル

 

ベビーカーや傘を使うよりも、私と子供もレインコートと長靴の方が私の気が楽です。
0歳~1歳の頃は、抱っこ紐を使用しながらママが着られるレインコートもあります。

2~3歳くらいになると、子どもも慣れない長靴や傘でウロウロするのを楽しみます。
長靴が脱げて靴下が濡れることも多かったので、多少荷物になってもフェイスタオルと替えの靴下を準備しました。

4. ママ編

ママと子供
  • 斜めがけカバン(貴重品などすぐに取り出したい物入れ)
  • リュック(必需品だけど度々使わない物入れ)
  • ペタンコ靴(足も疲れないし、子どもの動きに合わせやすい)
  • 汚れてもいい洗濯しやすいママ服(抱っこや汚れた手でもイライラしない)
  • ミシン(保育園や入学時にレッスンバッグや給食袋や上履き入れなど、小さい机の横にかけても床につかない大きさなど指定がありました。
  • 既製品では持ち手が長すぎて使えませんでした。高学年になるとミシンの授業もあり子どもも使えます)
  • キッズ携帯を子どもに持たせる(習い事の行き帰りや留守番時や買い物先などで、小学生から必需品です。)
  • B型ベビーカーとベビーカーステップボード(年子などにお勧め)
  • メモ帳、ボールペン(子どもの暇つぶしにもなる)
  • 車(コスト面を考えると辛いですが、子育てのいろんな辛さを軽減してくれる)

5. 子どもと海へお出かけ!公共機関や徒歩編

ママと子供

日よけ・熱中症予防

  • ワンタッチサンシェード(UVカット率の大きいもので、軽量なもの)
  • ラッシュガード
  • 帽子
  • マリンシューズ(ビーチサンダルでもいいのですが、砂浜や磯では脱げやすく、浜でも石など貝で足の裏が切れるのでマリンシューズが便利)
  • 日焼け止め
  • 水分(スポーツドリンクやお茶)

遊び道具

  • 浮き輪(大きさが体に合っていないと危険)
  • お砂場セット

休憩、その他

  • ラップタオル(荷物になりますが我が家では、お昼寝時のタオルケットがわりや、水から上がった時の保温に1人1枚は必需品です)
  • フェイスタオル(お昼寝時の枕や体を拭く時に使います。濡れても絞りやすいので帰りが楽)

食べ物

  • 塩分のあるお菓子
  • 唐揚げ
  • 塩おにぎり・すりごまとごま油の塩おにぎり

 

塩分と水分の補給は楽しく遊ぶためにも必要です。
帰りに歩いてもらうためにも、あえておにぎりも塩強めに作ります。

その他

  • トイレ、更衣室、シャワー、コンビニ、自販機が最寄りにあるかの確認も必須ですね。

 

公共機関や徒歩で、小さな子ども2人を連れて、パパ無しでのお出かけ時はベビーカーもあれば帰りが楽です。

ただ、砂浜では子どもを連れて荷物とベビーカーを持たなければいけないし、帰ってから砂や塩を取り除くと思うと私はしんどいので、持って行きません。

いっぱい遊んで昼寝をして、体力が回復した時に帰ります。

6. 子育ての必需品!こんな時に持っていてよかった物は『これ』まとめ

子育ての必需品は子どもの年齢や状況によって変わりますが、優先順位や代替で使えるものがないか?を考えると少なくて済みます。

目的やその時にうちの子はどんな行動をするのかを考えると、オリジナルの必需品が見つかると思います。

また、必需品を考えているとその子の成長が見えてきます。

スポンサーリンク