子育て中の日焼け対策はどうしてる?大人も子供も大事な日焼け対策とは?

公園で遊ぶ子供

スポンサーリンク





子育て中って、散歩や公園、遠出のレジャーなど、どうしても外に出ることが多くなりますよね。

しかも、子供の歩くペースは大人より遅いので、移動にも時間がかかります。

さらに、日傘などの手で持つアイテムでは、ちょろちょろ動きまわる子供を追いかけるのには不向きです。

では、子育て中には一体どんな日焼け対策をして行けばいいのでしょうか。

また、大人もそうですが、お子さんの日焼け対策も一緒に見ていきましょう。

1. ちょっとしたお出かけでも、日焼け止めはマスト!その選び方とは?

日焼け止めクリーム

家から1歩でも出るなら、日焼け止めは欠かせませんよね。

ここで注意したいのは、日焼け止めの度数なんです。

ちょっと説明しておくと、SPFの後に書かれた数字や、PAの後に書かれた+の数が多い方が、より紫外線からお肌を守ってくれる力が強いもの。

とはいえ、SPF50・PA++++なんて、強い日焼け止めをバンバン使っていると、意外とお肌は日焼けよりも日焼け止めでダメージを受けていることがあります。

たしかに、子供と海水浴やプールに行くなど、確実に日差しが強く、外に出っぱなしの時にはこのぐらい強い日焼け止めを選ぶ必要がありますが、お散歩や公園など、ちょっとしたお出かけだったら、子供と一緒に使えるお肌に優しい日焼け止めを、何度も塗り直す方がいいでしょう。

特に産後は、メラニンの排出が滞りやすく、日焼けしやすかったり、シミができやすい時期でもあります。

お肌もとてもデリケートになっていますので、日焼け止めは、日焼け防止をする力も大事ですが、お肌に優しいものを選ぶようにして行きましょう。

2. 日焼け止め以外には何が必要?日焼け対策アイテムとは?

帽子とサングラス

子育て中の日焼け対策は、どうしても完璧には行きません。

特に、子供が一人で歩くようになれば、いつ何があってもいいように両手を空けておいた方がいいでしょうし、子供がいるだけで自然と荷物も多くなります。

そんな中で、さらに日傘をさすなんて、かなり大変ですよね。

しかし、極力日焼けは阻止したいもの。一体どうしたらいいのでしょうか。

まずは、日焼け防止対策に帽子をかぶる事。これによって、日焼け止めと防止のダブル日焼け対策になります。

とはいえ、帽子だけでは路面などの照りかえした日差しからお肌を守ることはできません。

ですので、日焼け止め、帽子のほかにもUVカットサングラスを着用することを推奨します。

でも、ちょっとサングラスって、敷居が高いと言うか、お高くとまっているような気がして、子育て中には抵抗がありますよね。

ご安心ください。今のサングラスは色が入っていないけど、しっかりUVカットできる、ダテメガネタイプのものもあるんです。

ですので、他のママさんからは、すっぴん隠しかな、おしゃれさんかな、くらいにしか思われず、抵抗なくサングラスをかけることができますよ。

3. 大人も子供も一緒に日焼け対策を!一緒に使える日焼け止めは?

強風で帽子を飛ばされそうになる子供

ちょっと前までは、子どもが日焼けをするのは、当たり前でしたよね。

私たちが子供の時って、夏休み明けは、みんな真っ黒だった気がします。

しかし近年では、オゾン層の破壊により、より紫外線が多く降り注ぎ、私たちの体に、大きく影響を及ぼすようになってきました。

実は、紫外線のダメージは、幼い頃から体にどんどん蓄積されているんです。

しかも、そのせいで将来皮膚がんや眼病などを引き起こす恐れがあるとも言われています。

将来のお子さんの事を考えると、やはり紫外線対策はしておいた方がいいですよね。

大人とは違って、お子さんとなると、帽子や長袖を着ると、暑くて脱いでしまう子もいれば、帽子も遊びに夢中でいつの間にか脱げていたりしますよね。

ですので、安心して思いっきり外で遊ぶためには、お子さんにもしっかり日焼け止めを塗っておきましょう。

選び方としては、デリケートな子供の肌を考えて、低刺激なものをチョイス。

ノンケミカルのものや、SPFの数値の低いものを重ね塗りして対策を取りましょう。

ただし、海などの日差しが強い所にお出かけの際には、数値の高いものを選んだ方が無難です。これなら大人も一緒に使えますよね。

また、お風呂の際には、ボディーソープでしっかりと日焼け止めをオフしてあげるのも忘れずにしたいですね。

心配な方は、日焼け止めクレンジングシートを使って、優しく日焼け止めをオフしてあげましょう。

4. 子育て中の日焼け対策はどうしてる?大人も子供も大事な日焼け対策とは?まとめ

  1. ちょっとしたお出かけでも、日焼け止めはしっかり塗っておきましょう。日焼け止めはお子さんにも使えるような、お肌に優しいものをチョイスするといいですね。
  2. 日焼け止め以外にも、帽子やサングラスはマストアイテム。特に産後は日焼けしやすいので、しっかり日焼け対策をしましょう。
  3. お子さんに日焼け対策は、帽子や長そでではちょっと心配。数値の低い日焼け止めを塗って、外で思いっきり遊ばせてあげましょう。

スポンサーリンク