子育てに追われて時間が全然ない!限られた時間で楽しむための秘訣

時計を持つ女性

スポンサーリンク





特に出掛けているわけでもないのに…、家にいるのに何故か…。

子育ては気付いたら、あっという間に時間が過ぎている事が多いですよね。

子育てと仕事の両立をされている女性は、今はとても多いと思います。

私もその1人で、小学生の娘を育てながらフルタイムでお仕事をしていますが、毎日が時間との戦いです!

時間がないと、心のゆとりも無くなってしまいますよね?

そんな時に、限られた時間で楽しむための秘訣を紹介します。

1. 朝の時間は特に忙しい!

洗濯機

朝の時間って『倍速で進んでる!?』って思うくらい時間が過ぎていきませんか?

まず起きて、自分の簡単な身支度をしつつ洗濯機のスイッチをオン!

次に取りかかるのはお弁当作り!

保育園、幼稚園、小学生、中学校、高校…住まれている地域などによりますが、長年、お弁当作りとお付き合いされているお母さんも多いですよね…尊敬します。

タイマーでご飯が炊ける現代の進歩に感謝しつつ、子供が小さいうちは特に、可愛く、彩りを考え、尚かつスピーディーに!

自分用のお弁当となると、可愛さも彩りも関係なく「茶色一色」の彩りが家出をしたお弁当になることもあります。

タイムアップかのように洗濯機がピーピーと鳴り始めたら、子供を起こし、着替えをさせて、朝ご飯を食べてる間に急いで洗濯を干して…。

子供を送り出す、送っていくまでは毎日が戦争のように大忙し!

いつも朝だけは『時計が早く進んでるじゃないか?』という錯覚に陥ります。

2. 家事に仕事、休み時間はなし

買い物をする女性

子供を送り出した後は、急いで仕事に向かい息をつく暇もなし。

バタバタと朝の大仕事を終えたというのに、次に待ち構えているのが外の仕事です。

子供のことをしなくていいので、決められた仕事をこなすだけですが、そんな時間もあっという間に過ぎ、退社の時間が近づいてくると気になるのが、夕飯の問題だと思います。

どこに買い物に行こうか…
今日の夕飯は何にしようか…

子供を迎えに行く方もいますし、子供が帰ってくるまでに帰宅して待っている方もいると思います。

夕方の時間は特に混み合ってるし、子供と一緒に買い物に行くと時間も掛かるし、出来ることなら1人でゆっくりお買い物したいですよね。

3. 止まることなく進む時間

キッチン

買い物をちゃちゃっと済ませて、急いで帰宅。

どっこいしょ!と座る時間もなく夕飯作りを開始します。

時間があまりないので、手間はかけられないけど、満足してもらえる夕飯を作りたいですよね。

夕飯が終わると、食べた食器をとりあえず洗い桶につっこみ、お風呂掃除とお風呂の時間が待ってます。

子供が小さい時は、風邪をひかせないように体を拭いてあげて、パジャマに着替えさせるまで、実は自分はスッポンポンだった!という経験をされてる方いますよね?

大丈夫です。きっとみんなありますから。笑

そんな時はバスローブが役に立ちます。

子育てママなら親子で活用すべき!役立つバスローブ5つの魅力

2016.12.05

4. やっときた!私の時間

至福のバスタイム

子供も寝静まり、やっと私の時間がやってきた ♪ と思ってしまいますが、部屋を見渡すと脱ぎ捨てられた服、取り込んだ洗濯物、子供のおもちゃ…散らかり放題だったりします。

残りの体力を振り絞って、部屋を片付けてから至福のバスタイムです。

誰にも邪魔されない自分だけの時間。

そんな時でも、頭に浮かんでくるのは子供のこと。

もっと、優し言い方が出来たかも…
もっと、一緒に遊べばよかった…

一生懸命やっているはずなのに、何故か頭には後悔や罪悪感ばかり。

でも、安心して下さいね!

頭に後悔や罪悪感が浮かんでくるのは、しっかりと子供の事を思ってるから。

子育てには完璧がないし、毎日限られた時間しかないので、してあげられる事には限界があるんです。

いつも素敵な子育てをして、子供と向き合ってる証拠だと思います。

そう思うことで私の心は少し軽くなりました。

子育てママが必ず感じる子供への罪悪感!その原因と対策とは?

2016.12.02

5. 子育てに追われて時間が全然ない!限られた時間で楽しむための秘訣まとめ

ぐっすり眠る女の子
  1. 夜のうちに出来ることは、夜に済まして朝の時間に少しでも余裕を。
  2. ネットスーパーを利用したり、週末にまとめ買いする事で買い物の手間を省く。
  3. 日持ちのする常備菜をストックしたり、冷凍を活用して、夕飯作りのいい意味での手抜き。
  4. 一気に全てやろうとせず、まず一息ついてから残りの家事を。

 

これが、限られた時間で子育てを楽しむための秘訣です。

子育てはいつか、落ち着きます。

何もかも完璧を目指す必要はないんです!

抜けるところは手を抜き、心にゆとりを持ちましょう。

スポンサーリンク