自転車でダイエット?子育て中でも無理なく産前の体型に戻す方法

ママチャリに乗る女性

スポンサーリンク





出産で増えた体重は、なかなか戻りづらいものですよね。

私はやせ型だったため、出産前は適度な脂肪をつけるよう医師から指導を受けていました。

もともと太る体質ではなかったので、出産後も大丈夫だと勝手に思っていたのですが…。

そんな私でも、産後はお腹にもう一人入ってる?の状態になりました。

自分のお腹を恨めしく思い、何とか元の体重に戻そうと、赤ちゃんを連れて母子ヨガやベビーカーで散歩に出かけたりしました。

でも、それだけでは出産で増えた脂肪は簡単には落ちませんでした。

そこで、子育ての生活必需品、自転車を使った有酸素運動で無理なく痩せようと決意したのです。

1. まずは自転車でのんびり走って10キロ圏内の大型スーパーへ

大型ショッピングモール

私はダイエットといっても、ただ体重を落とすのではなく、ジーンズの上に乗った、ぷよぷよのお腹を引き締めることを目標にしました。

指でつまむと、厚さ3センチほどの脂肪の塊です。

このまま「食っちゃ寝」を繰り返し、順調に大きくなっていくと、10年後には、浮き輪くらいに成長することが容易に想像できました。

なので、早めに対処することにしました。

ダイエットに効果のある自転車の走行時間は、1日30分程度だそうです。

10キロ圏内なら、行きと帰りで十分効果が期待できますね。

近くに便利なコンビニもスーパーもあるのですが、店内で苦手なママ友とばったり。

つかまると立ち話で、30分を費やしてしまうこともあるので、少し離れた大型スーパーにすることに。

そこは3フロアーで、商品や中に入っている店舗もたくさん。

私のおすすめは、アンパンマンのついた子ども用カートに乗り替えることです。

子供の口にはチュッパチャプス!「アンパンマン!アンパンマン!」と拳を上げて大喜び。

1時間は退屈しないこと間違いなしです。

その間私は、広い店内をウィンドウショッピングで楽しみながら、ちょっとした外出気分を味わっています。

帰りにフードコートでアイスクリームを食べると、更に子供の気分も上がりますよ。

2. 次に遠くの大きな公園へ

公園でサッカーをする親子

次に、天気のいい日は遠くの公園へ足をのばしてみました。

街中に、申し訳程度にポツーンとある小さなものではなく、広場のような大きな公園です。

お弁当持参で行き、家の中だと苦情が怖くて使えない、ボール遊びを楽しむのがわが家の楽しみ方です。

広くて思う存分タダで自由に遊べるので、子供が奇声をあげても全然平気。

周りを見ると、平日の昼間は似たような母子だけの親子が多く、簡易テント持参でノンビリ昼寝をする親子もいたりと、とっても過ごしやすいですよ。

ほどよい運動が、夜の寝つきを促してくれて大助かりです。

自転車ダイエットは出来れば30分、毎日続けることが大切です。

なので、小さい子を連れて無理なく外出できるところと言えば、スーパーと公園がおすすめです。

お天気の良い日などは両方セットでもいいのですが、忙しい時は、どちらか1か所だけでもいいので是非続けてみて下さいね。

道端三姉妹のカレンさんが実践している、ママチャリダイエットの紹介動画です。

絶対に美ボディが手に入りそうですよね♪

3. さらに遠出して友人か祖父母の家へ

三世代家族

あと私は、祖父母と学生時代の親しい友人が、程よい距離に住んでいるので、月1回のペースで遠出して遊びに行きます。

走行距離は片道40分といったところでしょうか。

いつも決まった場所で、決まった人と会っていると、どうしても視野が狭くなってしまうので、いろいろな場所に行き、違う人と会うスタイルが、母子ともに気に入ってます。

子供もいろいろな人と会うことによって、前より人間力がついたような気がします。

4. 自転車でダイエット?子育て中でも無理なく産前の体型に戻す方法まとめ

  1. まずは自転車でのんびり走って10キロ圏内の大型スーパーへ
  2. 次に遠くの大きな公園へ
  3. さらに遠出して友人か祖父母の家へ

この流れを続けることで、私は出産前のもとの体型に戻すことができました。

ダイエットを成功させるには、毎日の継続がもっとも大切です。

この自転車を使った方法なら、子育て中でも無理なく継続できて、リバウンドしにくい美ボディを手に入れられますよ。

 

さらに母子共にもれなく

  • 運動による適度な疲労感による熟眠
  • 運動による免疫機能の向上(インフルエンザも怖くない!)
  • ストレス緩和で美肌と人間力アップ!

も付いてきます。

 

車がなくても、フィットネススタジオやヨガ教室に通わなくても、自転車を乗りこなせば、節約&子育てママになれますよ。

ただし、事故にはくれぐれも注意して下さいね。

子育てしながら筋トレ?簡単に引き締まった体を手に入れる方法

2017.01.11

スポンサーリンク