子育てママによくある肩こり!改善するために私が試した4つの方法

肩こりに悩む女性

スポンサーリンク





子供が成長してくると、肩にずっしりと重みが増してきますよね。

「あれっ、うちの子ってこんなに重かったっけ?」

毎日感じる成長は嬉しいけど、肩こりでだんだんと疲労がたまっていく。

子育て中のママにはよくある悩みです。

この肩こりによる疲れを少しでも改善できたら…。

そう思って、私が試した方法をご紹介します。

肩こりから解放されれば、我が子の成長を更に楽しむ事が出来ますよ!

抱っこしていないと寝ない我が子

ママに抱っこされて眠る赤ちゃん

我が子は、夜は一緒のベットでスヤスヤ寝てくれていたので助かりましたが、昼間は別でした。

昼間は、家事をしないといけないのに、抱っこしていないと寝付かなかったんです。

「あれもこれもしなきゃならないのに…どうしよう」と悩み初めた時に試した方法です。

1. 授乳クッション

ずっと抱っこしていると、片方の肩が疲れてきます。

だからといって、もう片方に持ちかえるとすぐに起きてしまって、せっかく眠りそうな時に、最初からやり直しでガッカリしました。

その時、試したのが授乳クッションです。

我が子が熟睡する時に、持ちかえをしなくて済むうえに、肩にくるずっしり感も、かなり軽減できました。

2. バウンサー

熟睡した後に横にすると、覚醒して「また最初からか…」とガッカリと共に、子育ての疲労感が増しますよね?

私がここで活用したのは、バウンサーという道具です。

子育て前に、教育分野の仕事で使用していたので、「我が子にも試してみよう!」と思ったのがきっかけでした。

バウンサーは、赤ちゃんグッズの中でも値が張るものなので、購入するには少し勇気がいりました。

でも、実際に使ってみたら超便利!の一言で、その後の子育てには欠かせないものとなりました。

バウンサーを使う前は、我が子をだっこしながら家事をしていたのですが、首がすわっていない月齢の時にはかなり難しく、やりずらかったんです。

でも、バウンサーを使ってからは、家事が一気に楽になりました。

少し行儀が悪いかとは思ったのですが、手を動かしながら、足でバウンサーを動かしていました…。

でも、茶碗洗いや、洗濯物を畳んだりできたので、足を使う事に徐々に抵抗感がなくなっていったのを覚えています。

外出の時の抱っこひもが肩にズッシリ!

赤ちゃんと抱っこ紐

買い出しや外出の時に使う抱っこひもは、両手に物を持てるので便利ですが、肩にくる重さが毎回嫌になる人は私だけではないと思います。

でも、次の方法を試したら、外出があまり苦にならなくなって、気分転換にも繋がったんです。

3. 肩紐クッション

肩紐が肩にめり込んで、更に肩こりが酷くなった時に、試しに買ってみました。

これを使う前は、夏場の薄着の時に肩紐がこすれて肩から血が出たり、汗で肩紐が汚れたりしていましたが、使ってみると抱っこがしやすくなり、肩紐がこすれての出血もなくなりました。

抱っこもしやすくなり、出血がなくなって清潔にもなる、まさに一石二鳥でした。

4. 旦那さんと交代してもらう

旦那さんが休みで一緒に外出する時は、交代で我が子を抱っこするようにしたんです。

男性は筋肉があるので、大半は旦那さんが抱っこしてくれて、私はとても楽ができました。

今でもかなり助かっています。

交代する時に重要なのは 「頼むね」「助かるわ」のいたわりの一言。

これが、旦那さんをやる気にさせます。

子育てママによくある肩こり!改善するために私が試した4つの方法まとめ

感謝の気持ち
  1. 授乳クッションは購入しても良いですが、普通の厚みのあるクッションでも、代用は可能だと思います。
  2. バウンサーは、自動で動く物もあって確かに楽ですが、手動で動かす物の方が安く購入できます。我が子を側で見れる点が、愛情が増すような気がしていいです。また、起きた時に私がいることで、赤ちゃんも不安にならなくて済みます。お互いにとって良い物です。
  3. 肩紐クッションは、私1人での外出や、散歩をすることが多いので、とても助かります。
  4. 旦那さんの仕事が休みの時は、旦那さんと我が子のコミュニケーションの時間を増やす為にも、抱っこを交代してもらうと、愛情が増すきっかけにもなります。旦那さんに協力してもらいながらだと、母親にとっても子育てがしやすいですし、子供が父親好きになってとても良いと思います。
購入しないといけない物もありましたが、私にとっては必要な買い物でした。

 

毎日の子育ては、目まぐるしくて忙しいですよね。

そして、我が子の体重が日に日に増えるので、肩こりと疲労が増していきます。

そんな時は我慢しないでいいんです。

少しでも肩こりを改善する方法があると、毎日の子育てがより楽しくなると思います。

協力してくれる人への感謝の心と、「ありがとう」の言葉を忘れないでいると、自然と感謝が返ってきます。

子育ての楽しさが増して、笑顔が多くなる日々を送れたらとても幸せです。

スポンサーリンク