子育てには愛情が必要!愛情を受けると子供は早く成長する!?

ハート形のひこうき雲

スポンサーリンク





愛情って目に見えないから、ちゃんと子供に伝わっているか不安ですよね。

人によって愛情がただ甘やかしているだけに見えてしまったり、時には自分の子供なのに、可愛く見えなかったり、イライラしてしまったり。

子育てって本当難しいですよね。

今回はそんな子育て中の愛情について、掘り下げていきましょう。

1. 愛情と甘やかすことの違い

プレゼントをたくさん持っている女の子

よく昔の人は子育て中の親に、あんまり子供を甘やかすなって言いませんか?

ずばり、私の父がそんな人だったんです。

孫が生まれて、可愛がってはくれるのですが、抱っこをせがまれても抱っこしない、一緒に遊んでと言われても教育っぽくなってしまう。

しかし、それはあまりいいものではありません。

幼児期、特に1歳~3歳くらいまでは、愛情をこれでもかってくらい注いであげる時期だと言えます。

たくさん注いだからと言って悪い、なんてことはありません。

ここで注意しなければいけないのは、甘やかすこと。

甘やかすのと甘えさせるのは違いますから、ここの線引きはしっかりとしておきましょう。

何でも買ってあげる、何でもしてあげるのは愛情ではなく、単なる甘やかしです。

何でも買ってあげるのではなく、欲しいと言ったら我慢させるのも愛情ですし、複数あったら1つにしようね、と促してあげてもいいでしょう。

何か頼まれたら何でもやってあげるのではなく、じゃあ一緒にやってみようと、チャレンジしてみるといいですね。

2. どうやって愛情を表現してあげたらいいのか?

女の子を抱っこするママ

子供がもし泣いてしまったら、優しく抱きしめてあげましょう。

一生懸命何かを頑張っていた時には褒めてあげたり、落ち込んでいたら慰めてあげたり。

当たり前のことなんですが、これがすごく大事なことなんです。

子供にとっては、私たち親から受ける愛情は格別なもの。

確かに小さい時、先生なんかよりお母さんに褒められる方が、何倍も嬉しかったっけ。

他の人に褒められるのと、親から褒められるのとでは、大きな差があります。

この、親からの愛情が習慣になってしまうと昔の人は言いましたが、そんなことはありません。

子供の頃にたくさん愛情を注ぐことによって、子供は強くなっていきます。

そして、愛情を受けた子供は、自信と安心を感じます。

自分自身は親に愛されている、守られている、という安心と、いざという時に守ってくれる、助けてくれると言う自信です。

これらがあると、子供は自然となんにでも挑戦してみようと言う気持ちになります。

しかし、何かにチャレンジしようとする時は、大人の私たちでさえ、ちょっと不安になったりしますよね。

子供だってそれは同じです。

しかし、子供は親から安心や自信を得て、それが子供たちを動かし、子供たちのやる気や勇気を沸かせる材料になるのです。

素敵な話ですよね。

3. 具体的には何をしてあげるべき?

ママに抱っこされて安心している子供

まず私達親は、自分の子供を心の底から安心させてあげることが大事です。

事実、冷たくあしらって自分で何とかしろと言うより、暖かく接してあげる方が、はるかに子供の成長が早いです。

何でもやってあげてしまうのは問題ですが、何にもしてあげないのはもっと問題です。

子供は私たち親が教えてあげないと、何もわからないまま、出来ないままです。

まずはやり方を教えてあげる、それが理解出来たら一緒にやってあげる、そしていつの間にか一人でやりたがり、一人で出来るようになっていくのです。

あと大事なのはスキンシップです。

子供は、私達親の肌に触れている瞬間が何より一番安心します。

子供を抱っこしたりおんぶしていると、いつの間にかずしっと重く感じ、子供は夢の中ですよね。

子供はどうしてこうも自然に眠ってしまうのでしょう。

それは、なぜか?安心するからです。

親の肌に触れていると、安心してしまい、急に眠気が襲ってくるそうなんです。

なんだか不思議な話ですよね。

どんなに素敵なベッドや布団も、これにはかないません。

同じ大人でも、親と他人では全然違います。

この親から与えられる安心こそが、子供を大きく成長させる大事な子育ての一つなんです。

ですので、子供が小さいうちは親と子のスキンシップ、つまり肌の触れ合いを大事にしていきましょう。

こうすることで、子供は安心感を抱きます。

そしてそれと同時に、私たち親から子へと愛情を伝えることができるのです。

4. 子育てには愛情が必要!愛情を受けると子供は早く成長する!?まとめ

  1. 愛情と甘やかすのは違う。
  2. たくさん褒めたり、声をかける。
  3. 抱きしめるなどのスキンシップを取り入れる。

 

子供って、こんなにも親からの愛情を必要としていたんですね。

私も今一度、自分と子供との日々の生活を振り返ってみようと思います。

スポンサーリンク