視力の弱い子育てママはどうしてる?私がメガネ派になった5つの理由

メガネをかける女性

スポンサーリンク





私は現在、視力が両眼0.04。
いわゆるド近眼です。

出産の時も、急な出産になってしまい、メガネも持参しておらず、コンタクトもしていなかったために、看護師さんが「産まれましたよ~」と息子の顔を見せてくれましたが、「あまり見えません」と言ってしまい、感動のシーンも台無しでした。

視力が悪いって、本当に面倒なことが多いですよね。

私は子供が生まれる前までは、寝る以外の時間はほとんどコンタクトをしていました。

でも、息子が生まれて4年。
どんどんメガネの日が多くなり、すっかりメガネ派になりました。

視力の弱い子育て中のママには、コンタクトがいいのか?メガネがいいのか?悩みどころですよね。

そこで私がメガネ派になった理由をご紹介します。

1. メガネは毎日、断然楽チン!

添い寝

コンタクトをしていて「しまった!」と思うことは、コンタクトを付けたまま寝てしまう事ではないでしょうか。

子供を寝かしつけるつもりが、自分が寝落ちしてしまうなんて私には日常茶飯事・・・。

起きた瞬間、周りがよく見える。おかしいなと思うとコンタクトをしたまま寝てしまっているんですよね。

乾燥したコンタクト。私はそれで目に負担がかかり、結膜炎になったこともありました。

それから積極的にメガネをかけるようになりました。

目の負担がなくとても快適です。

毎日のアイメイクも、メガネの奥の目はなんとなくさぼり気味、コンタクトのケアも必要なしで、朝の自分の身支度も簡単になりました。

2. オシャレなメガネがいっぱい!

メガネ屋

私の視力が落ちたのは中学生の時でした。

当時のメガネはレンズは厚いし「ちびまるこちゃんのまるおくん」のイメージでした。

真面目とか暗いとか・・・。

私はメガネをかけたくないために、目が悪いことを高校生になるまで親には話せませんでした。

それが今は、お手軽にファッション感覚でメガネをかけられます。

買い物に出掛けると必ずメガネ屋さんがあり、「ちょっと覗いて行こうかな?」という気持ちにさせられます。

「今日の格好にはこれ!」と数本持って、様々なシーンや気分で変えることも出来るくらいオシャレなメガネがいっぱい並んでいます。

先日も買う予定がなかったのに、前のメガネは飽きてきたなぁ~と新たに一本購入してしまいました。

3. コンタクトより安い

財布のお金

いつの時代?と笑われてしまいそうですが、私が初めてメガネを作った高校生の時には、メガネは数万円もして眼科で検査は勿論のこと、そのメガネを手にするまでに数週間かかりました。

今思えばメガネは特別な買い物で、親も痛い出費だったと思います。

それが、今は数千円出せば購入出来ますし、出来上がりも30分位でちょっと、他に買い物をしている間に自分のメガネが出来てしまいます。

洋服感覚で購入でき、とても気軽なアイテムになりました。

私はコンタクトはワンデータイプのものを使っていました。

それも、目のためにお医者さんに勧められたからです。

割引が効くお得な時に行っても数カ月分、両眼分を買うと数万円になります。

でも毎日使う物ですから、すぐに無くなってしまいます。

すると、またすぐに大量に購入しなくてはなりません。

残りうちにあるのは、あと何日分・・・と思うのがだんだん煩わしくなってきました。

今は子供がいても出掛けず、インターネットでも注文が出来るとこちらも便利になりましたが、毎日捨ててしまうコンタクトが勿体なく思えてきたのです。

4. 修理してもらえる

メガネをかける人

うちは主人も視力が弱く、メガネをかけています。

息子は遺伝子的に間違いなくメガネを必要とするでしょうね。

主人は私がメガネ派になる前からずっとメガネでした。

ことあるごとにメガネ屋さんにメガネを持って行き、「ここがゆるくなった」とかすぐに修理してもらい、自分に快適な状態に戻してもらっています。

その修理がタダの上にすぐ直してもらえるんですよね。

息子は今反抗期で、すぐに私の顔に「イヤイヤ」言いながら手をバタバタするんです。

反抗期は子育ての敵?私の気持ちを前向きにしてくれた4つの言葉

2016.11.14

先日も抱っこした時、息子の手の当たりどころが悪かったのか?私のメガネが耳からずれてフレームが曲がってしまいました。

仕方なくメガネ屋さんに。
すぐに快く直してくださいました。

タダで修理してもらえるのは、子育て中の私達にとって安心なサービスですよね。

5. ONとOFFがハッキリする

スイッチをON/OFF

子供が生まれてから、すっかり外出が少なくなりました。したとしても、近場が多いです。

それに、コンタクトを付けてバッチリメイクする必要もあまり感じなくなりました。

私がコンタクトをする日は、大切な仕事をする日、夏場のお出掛け、きちんとした席やお出掛けぐらいになりました。

コンタクトをつけると背筋がピンと伸びるというか、私の中で「きちんとする日」「子育てより別の何かがある日」という特別な日となり、それによって気持ちの切り替えがはっきりしました。

6. 視力の弱い子育てママはどうしてる?私がメガネ派になった5つの理由まとめ

  1. メガネにしたら、コンタクトを付けてそのまま寝落ちしてしまった後悔から解放されました。目にも優しいですし、朝の身支度も簡単になりました。コンタクトのケアもいりません。
  2. メガネ屋さんに並ぶ、たくさんのメガネから洋服を選ぶような感覚で気軽に購入できます。
  3. 毎日捨ててしまうコンタクトよりもメガネの方がお得です。
  4. メガネ屋さんに持っていくとタダですぐに直してもらえます。子育てママにとって安心なサービスです。
  5. コンタクトは特別な日にするので、気持ちの切り替えにもなっています。

 

「赤ちゃんはメガネが嫌い」とよく聞いていたのですが、今のところ幸いにして私のメガネで泣いた赤ちゃんはいません。

視力が弱いと面倒なことがいっぱいなのですが、メガネをかけてオシャレを楽しむ特権が!

子育てママも、自分のライフスタイルに合わせてメガネを上手に取り入れたいですね。

スポンサーリンク