女の子の子育ては難しい?よくある4つの悩みを解決します!

アルバムを見る女の子

スポンサーリンク





「女の子は育てやすい」そんな言葉を1度は耳にした事があるのではないでしょうか?

私も現在、小学生の女の子の子育てをしていますが、決して育てやすい事は無いような気も…。

そればかりか、「こういう時はみんなどうしてるの?」という、女の子ならでは悩みが結構あります。

ここでは、そんなよくある女の子の悩みの解決方法をご紹介します。

1. なんでもやりたいお年頃!

小学生にもなると、なんでもかんでも自分でやりたい!!

そんなことを言い始める頃だと思います。

もちろん、なんでもやりたいって気持ちはとっても大事です。

でも、どこまで1人でやらせてあげるのかは悩みどころ…。

私が1番悩んだのは、朝、登校前の服装、髪型でした。

女の子はやっぱり早くから、お洒落に興味を示しますよね。

朝の服選び、髪型、もちろん自分でやらないと気が済まない!

えっ?その服装で学校行くの!?
ちょっと?その髪型どうしたの!?

って経験がある方は多いですよね?

絶対みんなが通る道だと思ってます。(笑)

こちらが、違う服装を提案すれば「これでいいの!!」の一点張り。

コーディネートは百歩譲って…、季節感がない服装をしている時が一番困ります…。

風邪をひかせてしまっても困るし、地域の方、先生方にどう思われるのか。

「あそこのお母さんは、服装みてあげてないの?」そんな事を噂されたらどうしよう。

最終的には、無理やり着がえさせる結果になる事も多々あります。

もちろんプスっとしたり、半べそで学校に行くことも…。

遊んで欲しそうにしている女の子

2. 今時は小学生も化粧!?

今時の小学生は、皆オシャレな服装をしている子が多いですよね。

小学生向きの、ファッション雑誌があったり、モデルさんがいたり。

小学生モデルの子は化粧もしていたりします。

オシャレに興味を持つことは、女の子としてとても素晴らしいと思いますが、「ちょっと、化粧は早過ぎるんじゃない…?」と、私は思ってしまいます。

これから、まだまだ成長期なのでニキビが出来たり、肌トラブルに繋がる可能性もありますよね。

でも、周りの子がやってると、どうしてもしたくなる気持ちも分からなくはない…。

とっても複雑な気持ちになります。

「あなたの将来のこと考えて言ってるのよ?」なんて言葉は耳に入りません。

親の心配する気持ちは、子供にはなかなか伝わりません。

自分自身もそうだったように、その当時は口うるさくて鬱陶しい!と思われるだけで、親の言っていた事が分かるのは、大人になってからなんですよね…(笑)

なんでも、かんでも、若年化してきている今日この頃だと思います。

ハロウィンのコスプレをしている女の子

3. いつから?女の子は心配!

今の時代、子供が狙われた事件のニュースをよく耳にするようになりましたよね。

無差別であったり、事故であったり…心が痛くなるようなニュースをよく目にします。

そんなニュースを目にすると、子供だけで外に遊びに行かせるのが怖くなってしまうお母さんも沢山いるのではないでしょうか?

いつから子供だけで遊びに行かせてもいいの?そんな不安も尽きないです。

地域差もあると思いますが、学校帰りに…、休日に…何歳くらいから子供だけで遊びに行かせるか。

常にお母さんが、一緒に着いていくのも難しい問題です。

ランドセルを背負った女の子

4. いつから教える?正しい知識

子供が大きくなってくると、必ず質問してくるのが「赤ちゃん」についてです。

ドラマやニュース、ドキュメントで出産についての話題を目にする機会も増えてきます。

「赤ちゃんはどうやって、出来るの?」
「どうやって、産まれるの?」

聞かれたら応答に困ってしまう質問ですよね。

ある程度の年齢になれば、学校の授業で習うこともありますが、学校で教えてくれる事には限度があります。

でも子供は、疑問に思った事は納得できるまで質問攻めにしてきます…。

「なんで?なんで?」の攻撃は続きます。

そんな時、どこまで教えてあげたらいいのか?

女の子なら尚更、自分の将来待ち受ける問題なのでしつこく聞いてきます。

嘘を教える訳にもいかない…難しい問題です。

だっこされる女の子

5. 女の子の子育ては難しい?よくある4つの悩みを解決します!まとめ

  1. 季節に合った服を管理してあげて、その中で子供の好きなように選ばせてあげましょう。子供とはいえ、女の子なので好きな服を着ることでテンションも上がり、楽しい気分になると思います。
  2. モデルさんのようなメイクは、やはりまだ早いので色の付くリップ程度でメイク気分に♪リップだけでも、子供の中では少し大人になった気分になれると思います。
  3. 低学年のうちは、目の届く所で見守るのがいいと思います。登下校も1人にならないように、人通りの少ない所に行かないようにしっかり言い聞かせましょう。
  4. リアルな説明をする必要はまだないと思いますが、はぐらかす為に間違った事実を教えるのはよくない事です。年齢に適した、事実をしっかり教えてあげましょう!

 

同性であるが故に、難しい女の子の子育てですが、気持ちをしっかりと理解してあげ接していく事で、信頼関係を深めていきたいですね。

 

女の子の育て方は、こちらの動画が参考になります。

スポンサーリンク