子育て中のネックレスについて!おしゃれママたちのネックレス選びとは?

ネックレスをした女性

スポンサーリンク





結婚前に旦那さんからもらったネックレス、どこに行ったっけ・・・なんて状態の方、いらっしゃるのではないでしょうか。

ネックレスは持っているけど、子供がまだ小さくて、せっかくおしゃれの為にしていてもおもちゃになっちゃう、そんな時期ってありますよね。

とはいえ、せっかく持ってるんだからたまにはしたいし、結婚式のお呼ばれなどで、どうしてもネックレスをした方がいい時などもあります。

では、周りのママさんは一体どうしているのでしょうか?

今回はそんな子育て中のおしゃれの1つ、ネックレスについてです。

1. 子育て中のネックレス、みんなしてる?していない?

パールのネックレス

育児雑誌のママさんたちも、控えめとは言えみんなおしゃれをしているし、ネックレスをしている方も多いですよね。

ですが、子育て中のこんな忙しい毎日の中で、ネックレスを付ける余裕なんて正直ありません、というのが本音。

子育て中は、どうしてもおしゃれより機能性や実用性を優先してしまいがちで、ネックレスをしている人はとても少ないです。

特に子供が小さいうちは、抱っこしている時にそのネックレスがおもちゃになってしまったり、下手すると子供に引きちぎられてしまう、さらにそれを誤って飲み込んでしまう・・・なんてことも考えられます。

どうしてもネックレスをつけた方がいい場面以外は、つけない方が無難なようです。

2. 子育て中にネックレスをストレスなくつけるには、どうしたらいい?

ネックレスの女性

ママだって女性です。ママの前に女性ですからね。やっぱり、たまにはおしゃれを楽しみたいですよね。

とはいえ、ネックレスを付ければそれは子供のおもちゃになってしまい、ストレスが溜まってしまう。これではせっかくのおしゃれも台無しです。

では、一体どうしたらストレスを感じることなく、子育て中もネックレスを身につけることができるのでしょうか。

それにはまず、長さや材質を選ぶことが大事になってきます。

長めのネックレスは、子供を抱っこしていると、どうしても子供の目にとまり、格好のおもちゃになってしまいます。

また、チャームが大きかったり、キラキラしていたり、よく揺れるものであればあるほど、子供は興味を示しますので危険です。長さは出来るだけ短いものがいいですね。

材質も、華奢(きゃしゃ)なものは引っ張られて千切れてしまう可能性大です。意外と子供って力が強いんですよね。

そのため、引っ張ってもちぎれないような、皮や紐のものを選びましょう。

3. 便利グッズ発見!子育て中にいい、歯固めネックレスとは?

おもちゃを口に含む赤ちゃん

赤ちゃんが歯が生えてきたくらいに、よく噛んだりして遊ぶおもちゃのことを歯固めといいますが、実はネックレスにもあるんです。

なんでも、抱っこしていると髪の毛や洋服で遊んでしまう赤ちゃんたちのために作られた、お助けグッズなんです。

材質は、安心安全のシリコンや木でつくられたものがほとんど。

首にかける部分は引っ張ってもちぎれないように、紐で出来ており、汚れたら洗剤で洗うこともできます。

チャーム部分も、シンプルなドーナツ型のものや、赤ちゃんが喜びそうな動物の形をしていたりと、ユニークなものがたくさんあります。

4. 子育て中でもつけられるネックレス、ママジュエリー3選

パワーストーン

文字通り、子育て中のママのためのジュエリーがあるって、ご存知でしたか?

子どもがいると、アクセサリーはおもちゃになってしまうのでしない、というママさんが多いのですが、そんなママさんたちに教えたいのがこちらです。

SONRISA

2人の子供を持つママさんが運営するアクセサリーショップです。

こちらの、赤ちゃんに引っ張られても切れないネックレスシリーズは、ネックレスをしていても肩がこらないし、デザインがシンプルなのでシーンや服装を選びません。

何より本当に赤ちゃんにひっぱられても切れたりしないのが嬉しいですよね。もちろんお値段もリーズナブル。

しかも、金属素材は14KGFですので、アレルギーの心配もなくおしゃれができます。

MummaBubba(マンマバッバ)

上記にも書いた、歯固めジュエリーの専門店です。

オーストラリア発祥のアクセサリーブランドで、ぱっと見歯固めに見えないくらいおしゃれなデザインが多いのが特徴です。

ビーズネックレスや、お馴染みのドーナツ型、ネックレスとお揃いのブレスレットまであるんですよ。

Milly Callegari(ミリィカレガリ)

薬学博士という肩書を持ち、自身もママである女性ミリィカレガリ女史が立ち上げた、ネックレス専門のブランドです。

ヨーロッパならではの、とても元気が出そうなカラフルなカットガラスや天然石がふんだんに使われています。

また、伸縮性のあるワイヤーが使われているので、子どもがひっぱっても切れにくいのが嬉しいポイント。

さらに、上記のワイヤーは、毛細血管によくなじむよう特殊な色で染められています。

このため、つけたお肌がワントーン明るくなるというのが、子育てでお疲れのママには嬉しいですよね。

5. 子育て中のネックレスについて!おしゃれママたちのネックレス選びとは?まとめ

  1. 子育て中にネックレスをしている人はとても少ないです。特に子供がまだ小さくて、抱っこが必要なママさんはしていない人がほとんどです。
  2. 子供が小さいうちは、どうしてもネックレスはおもちゃになってしまいがち。引っ張られたり、口に入れたりするので、材質や長さには注意が必要です。
  3. 歯固めネックレスという、素敵なネックレスがあります。これならちょっとおしゃれしながら子供も楽しめちゃいますね。
  4. ママのためのママジュエリーって、意外と多いんですね。

 

女性はいつだって綺麗でいたいものです。

あなたの気になる、子育て中でもつけられるネックレスが見つかりますように。

スポンサーリンク