子供の脳ってどう成長するの?どんな子育てで脳は発達するのか?

脳

スポンサーリンク





何度も細胞分裂を繰り返し、お腹の中で大きくなる赤ちゃん。

なんと、妊娠7週目辺りには、脳の細胞や神経細胞などの80パーセントが作られているんです。

この時期がお腹の中で1番脳が発達する時なんです。

そんな発達を遂げた脳。産まれてからは一体どんな成長を見せてくれるのでしょうか。

体の成長は目に見えますが、体の中の成長は目に見えない分、気になりますよね。

今回は、そんな目に見えない子供の脳の成長のお話です。

1. 子供の脳はこうなってる!子供の脳のメカニズムとは

脳

脳って何かを記憶していたり、それを思い出したり、色んな事ができますよね。何とも不思議で大事な体の部分。

私達はすでに大人になっているので、脳もしっかり大人になっています。つまり、もう発達した後と言うことです。

しかし、子供の脳は違います。まだまだ生まれて数年では発達している途中。体と一緒で成長段階になると言うことです。

子供の脳の成長に必要な神経細胞は、細胞体から樹状突起と呼ばれる突起がたくさん出ていて、そこにさらに軸索と呼ばれる回路が1本長く伸びています。

脳と言うのは、新しい刺激を受けるとそのたくさんの回路に電気信号を送り、周りの細胞にアプローチしていくのです。これの繰り返しによって、脳は成長します。

ちなみに、この脳神経細胞はある一定の時期まで爆発的に増加し続け、数が最大になると今度は減少していきます。なんだか不思議ですよね。

どうしてこんなことをするのかと言うと、無駄なものを排除しているんです。こうして子どもの脳の中では、情報伝達回路がどんどん作られていく訳です。

2. 子供の脳はどんな成長をしていくのか?

ママと赤ちゃん

よく子供の脳は、3歳、5歳、10歳に大きな変化があるって言いますよね。なんだか七五三みたいですよね。

なぜそう言われているのかと言うと、上記に書いたような脳神経細胞がどんどん増える時期が大体3歳まで、無駄な回路を減らしていくのが4歳~7歳まで。

そして、脳がしっかりと出来上がってくる、情報伝達回路の機能が発達して来るのが10歳と言われているからなんです。

たしかに、10歳までの脳の成長は大事なのですが、だからと言って、育脳は10歳までが大事だからと脳の早期教育や育脳トレーニングのようなことをしたほうがよい、と言うのは間違った脳へのアプローチの方法です。

0歳のときから育脳トレーニングをしたからと言って、必ずしもよい脳になるのかと言ったら、そうでもありません。

そんなトレーニングをする前に、家族での楽しい会話や体験、心の伝わる遊びなどを繰り返し行うことの方がよっぽど大事ですし、子供だって嬉しいはずです。

例えば、家族でキャンプに行ったり、博物館や水族館に行ったりします。

家族で協力したり、同じものを見たり体験して、それをどう感じたか?どんなふうに思ったかを話し合うのです。

そうすることによって、子供の脳は刺激を受け、より良い脳へ発達していきます。そして、それが子供の集中力や才能発揮の近道となるのです。

子育て中はキャンプに行こう!キャンプが子供に与える影響とは?

2017.07.21

3. どんな子育てが子供の脳にいい影響を与えるのか?

本を読むママと子供

とは言え、具体的にこれを10歳までにした方がいい、と言う事はありません。ですが、脳の成長に大事なことはあります。

それは、脳の細胞は新しくて気持ちのこもった情報に対して、強く反応するということです。

脳細胞の集まりである脳組織に対しても、優れた機能を持つようになってくるのです。

つまり、気持ちのこもった行動や体験、会話などは、後々頭のいい子、集中力の高い子になる素質が出てくると言う訳なんです。

上記では10歳までに脳が成長すると書きましたが、10歳を過ぎたからと言って、脳が成長しなくなるわけではありません。脳はいくつになっても鍛えることができます。

上記に書いたような、回路などの脳の仕組みを知り、今からでも丁寧で気持ちのこもった会話を実践していくことで、脳を鍛えていくことはできます。

それに、脳の成長も体と一緒で、発達のスピードもその子によって違います。

たとえ今は成長が遅くても、これからぐんぐん伸びていく可能性はいくらでもあります。

見ている親としては、ダメとかそれじゃ無理などと言ってついつい口出ししたくなってしまうのですが、ここはぐっとこらえてまずは何でもやらせてあげましょう。

また、あれをしなさい、勉強しなさい、早くしなさい等の命令も逆効果です。まずは子供を信じて何でもやらせてみることが大切です。

4. 子供の脳ってどう成長するの?どんな子育てで脳は発達するのか?まとめ

  1. 子供の脳は、色々な外部からの刺激を受けて育っていくものです。本当に必要なもの・必要のないものを区別する事で成長していきます。
  2. 子供の脳の神経は、3歳、5歳、10歳でターニングポイントを迎えます。まずは家族で気持ちのこもった会話をしたり、何でも体験させてあげることが、子供の脳の成長の近道になります。
  3. 子供の脳の成長スピードは、子供によって違うもの。親は口出しせず、まずは何でもやらせてあげることが大切です。

スポンサーリンク