怒らない子育ては難しい?ついカッとなる前にするべき3つの対処法とは

親子

スポンサーリンク





子供が思うように動いてくれず、イライラしてしまう事ってよくありますよね。

最近では、「怒らずに子育てをしましょう!」なんて良く聞きますが、実際に子育てをしてみると、そんな事言っていられないのが現実です。

私は現在3歳と1歳の子供を育てていますが、もうほぼ毎日怒っています。

ご飯を遊びながら食べてなかなか食べ終わらず、食べないと判断して片付けると「食べるー」と泣きながら怒る3歳の娘と、抱っこしても何をしても、怒りながら私の顔に攻撃をして泣きわめく1歳の娘を毎日相手にして、怒らないでいられる訳がないんです。

出来ることなら、私だって怒らずに子育てしたいですし、ついカッとなってしまった後に後悔してしまう事もあります。

しかし、子供は思うように動いてくれませんし、ママだって人間ですから子育てで怒るのは仕方が無いことだと思います。

でも、もし自分の感情をコントロールをして、怒らないで冷静に子供を叱る事が出来たら、ママにとっても子供にとっても良いですよね。

そこで、子育て中にママがついカッとなって怒ってしまう前に、するべき対処法をご紹介します。

1. ルールを決めない!

バツ印を持っている女性

子育てをしていると、知らないうちにルールが出来ていませんか?

早く寝かせなきゃいけない。
ちゃんと片付けさせなきゃいけない。
テレビやゲームは時間を決めなければいけない等。

各家庭それぞれに子育てのルールがあると思います。

私の場合は、ダラダラしていてご飯をなかなか食べ終わらない娘にイライラしてしまい、「早く食べなさい!」とよく怒ってしまうのですが、よく考えてみると私達がご飯を食べ終わる時に、『娘も一緒に食べ終わらなければならない』というルールが私の中で知らないうちに出来ていました。

確かにダラダラ遊びながら食べる事は良くないですが、ゆっくり食べる事はそんなに怒る程の事ではないですし、子供が自分でちゃんと完食出来る事も子供にとっては大切ですよね。

親が『○○しなければいけない』というルールに縛られてしまうと、怒りやすくなってしまいます。

何に対して怒らなければいけないのか?をしっかり考えてみると、本当は子供に危険が及ぶ恐れがある場合以外は、そんなに怒る程の事ではないのかも知れません。

このように、子供につい怒ってしまう前に、自分の中でルールが勝手に出来ていないかを考えてみましょう。

2. 時間に余裕を持つ

時計

お出かけ前に限って子供って何かやらかしませんか?

私の娘達も、先日急いで行かなければならない用事があった時に、私がバタバタ用意をしていると、3歳の娘がお茶をこぼし、お出かけの為に着ていたお気に入りの服をベチャベチャに濡らしてしまいました。

「もう!何やってんの!」と怒りながら、肌着からすべてお着替えをさせ、今度は1歳の娘のオムツ替えをしようとオムツを外した途端、おしっこをしてしまい「なんで今なの?」とイライラしながら、汚れた床の掃除と娘の着替えもするはめになってしまいました。

しかし、何も用事がない時にお茶をこぼして服が濡れてしまっても、オムツ替えのタイミングが悪くて汚れてしまっても、そんなにイライラしませんし、時間に余裕を持って私が気をつけて見ていれば未然に防ぐ事もできて、怒らないで済んだのだと思います。

時間に余裕がないと、ちょっとした事にもイライラしてしまったり、普段そんなに怒らない事でもつい怒ってしまうと思います。

なので、時間を逆算して考えて、余裕を持つ事が大切だと思います。

また、出かける時の用意やお片付けなどを子供にやらせる場合、「いつも出来ているから大丈夫」と子供に期待をすると、出来なかった時に更にイライラしてしまい、必要以上に怒ってしまいがちなので、子供に期待せず全ての用意をママがやると考えた時間設定をすると良いと思います。

そうすると子供が出来なかった時に怒る事もなく、出来た時はママも助かり子供をちゃんと褒める事が出来るので、ママがしっかり時間に余裕を持って行動するようにしましょう!

3. 1人になる

枕を抱えている女性

子供にイライラしてしまい、ついカッとなって怒鳴ってしまう事ってありませんか?

私も最近は3歳の娘のイヤイヤ期でよく怒鳴ってしまうのですが、子供に怒鳴っても恐怖心しか与えられず、ますます状況がひどくなってしまうんですよね。

頭でわかってはいるのですが、なかなか感情をコントロールする事って難しいと思います。

しかし、いきなり怒鳴ってしまう事ってあまりなくて、だんだんとイライラが溜まっていき、ドッカーンと爆発して怒鳴ってしまうんだと思います。

なので、このピークの前に対処すれば怒鳴ることも無くなります。

だんだんイライラしてきてカッとなりそうだなと思ったら、子供が安全な場所にいる事を確認してその場から立ち去り、どこか別の部屋に1人でこもって冷静になりましょう。

こうすると、本当に少しの時間でも気持ちが落ち着き、怒りがおさまってくるんです。

その間に子供が泣いていたとしても、そばで子供にイライラして怒鳴ってしまうよりは、少し時間をおいて冷静になってから子供と向き合い、怒らないでちゃんと話す方が良いと思います。

自分でどうしても感情をコントロール出来ない時は、1度子供から離れて1人になり、冷静さを取り戻すようにしましょう。

4. 怒らない子育ては難しい?ついカッとなる前にするべき3つの対処法とはまとめ

  1. 『○○しなければならない』、『○○すべき』等のルールを知らないうちに作っていませんか?怒る前に何に対して怒っているのかをもう1度よく考えてみましょう。
  2. ママが焦って用意をしてしまうと、心に余裕が持てずにイライラしてしまうので、時間に余裕を持って行動するようにしましょう。
  3. 子供にイライラしカッとなってしまう時は、子供に怒鳴ってしまう前にその場から立ち去り、1人になって冷静さを取り戻してから、子供と向き合うようにしましょう。

 

子供に怒らないで子育てをする事って本当に難しいですよね。

重要なのは、ママが冷静になって子供をちゃんと叱ってあげる事だと思います。

しかし、子育て中はイライラする事が多く、そのイライラが連鎖してしまい冷静でいられなくなり、つい怒ってしまう事も多いと思います。

子育て中のストレスを常に発散させる事が、ママが怒らないでいられるポイントなのかも知れませんね。

日々のストレスを軽減させて、少しずつ怒らない子育てを心がけてみましょう!

子育て中の気分転換!ストレスが溜まった時に試したい6つの方法

2016.12.04

スポンサーリンク