知らないと損する?子育てパンフレットの活用法

パンフレットを見る人

スポンサーリンク





子どもが生まれてからのお出かけは悩むことが多いですよね。

ずっと家にこもっていては気が滅入るけど、子供の機嫌にタイミングを合わせるのも難しい…。

また、いざ出掛けるとなっても、どこに出かけるのかでまた迷うことになります。

私も娘が0歳の頃は、毎日どこに出かけるか?相当考えたものです。

同じように子供連れの外出に苦労しているママも多いのではないでしょうか。

ところであなたは、市役所の子供関連の窓口に”子育てに関するパンフレット”が置いてあるのをご存知ですか?

実はそのパンフレットには外出のヒントが満載なんです。

ここでは、私がそのパンフレットをどのように活用したのかをご紹介します。

1. 図書館のおはなし会

絵本と子供

図書館ではおはなし会といって、館内の小さなホールで係の方がお話をしてくれたり、赤ちゃんにお勧めの絵本を読んでくれたりします。

私が見たパンフレットには、そこでの読み聞かせのスケジュールや、赤ちゃんにおすすめの絵本などが載っていました。

実際に近所の図書館に行ってみると、館内にはオムツ替えが用意されており、係の人に頼めば授乳室として部屋も貸してもらえました。

時間も1回20分間と短時間なので、あまり気合を入れずに参加できました。

読み聞かせをしてもらった絵本は貸出しも行っています。

そして図書館では、赤ちゃんの時から自分のカードを持てることが多いんです。

私も娘が興味を持って見ていたものや、自分が子どもの頃に読んだことがある絵本を借りて帰っては、読み聞かせをしていました。

中にはとてもお気に入りの絵本もあり、何度も借りているうちに娘が破ってしまったのには焦りましたが…。

このように、図書館は赤ちゃんでもとても有意義に過ごせます。

秋田市の土崎図書館でのおはなし会の様子はこんな感じです。

2. 子育てサロン

おもちゃと子供

ほかにもパンフレットには、近辺の子育てサロンの情報も多く載っています。

子育てサロンでは、月1回ぐらいのペースでふれあい遊びやわらべ歌、絵本の読み聞かせなどが開催されています。

自治体の紹介や開催なら安心して出かけて行けますね。

ふれあい遊びの様子はこんな感じです。

私はパンフレットの情報をもとに、何がいつどこで開催されるかを手帳に記してスケジュール管理をしていました。

開催される内容にもよりますが、朝10時開始のものが多く、その日は朝から戦いです。

家事をして、自分の身支度をして、娘の準備をして…。

徒歩で行ける場所には、とりあえず行くことにしていました。

ふれあい遊びは、最初の頃はキョトンとしていることが多かった娘ですが、徐々に反応を示すようになってくるのが、成長も感じられて面白かったです。

そこでのお友達もできました。話題は当然子育てが中心です。
「今度支援センターで離乳食講習会があるみたいだよ!」とか、
「うちは寝かしつけにこの音楽アプリを使っているよ!」とか情報を共有し合いました。

0歳のママ同士って、皆初めての子育てに奮闘しているので、どこか戦友みたいな意識がありました。

一緒にランチにも行けるのは、同じくらいの月齢ならではですよね。

お腹が空いたり、眠くなったりのグズグズも皆分かっているので、気を使わなくていいのがとても有難かったです。

最初から「ママ友を作らなきゃ!」と意気込んで行っても、実際は子どものことも見ているので大変です。

でも「私も娘も楽しめたらいいな」というぐらいの、軽い気持ちで参加したのが良かったと思っています。

3. お出かけマップ

公園

パンフレットには、近所の公園や図書館、保育所や支援センター、医療機関など、子どもに関わる場所がお出かけマップとして載っています。

私は子どもが生まれるまでは、ほぼ最寄駅と自宅との往復ばかりだったので、地元ではないこともあり、「実際は近所のこと何も知らなかったんだなぁ」とマップを見て改めて思いました。

そこである時、そのマップを頼りに近所の公園めぐりをしてみたんです。

公園では、定期的に「公園で遊ぼう」という会があって、集まった子どもたちで短時間ですが一緒に遊べることもあるようです。

私の娘もようやく歩けるようになったので、暖かくなったら挑戦してみたいと思っています。

また保育所や支援センターでは、月1回程度で身体測定や、定期的に離乳食講習会が開催されていることもありました。

身体測定って、自分ではなかなか出来ないので貴重な機会ですよね。

それに子供の成長の目安にもなります。

離乳食講習会も、自分なりに進めてはいるものの、「こんな感じでいいのかな?」と試行錯誤していたのでとても参考になりました。

このように、自治体によって行われている内容は違うと思いますが、周りに何があるのかを把握しておくと、気軽に出掛けられるようになりますよ。

4. 知らないと損する?子育てパンフレットの活用法まとめ

  1. 図書館のおはなし会で読み聞かせを習慣にして絵本好きな子にしましょう。
  2. 子育てサロンは子どもと一緒にママも楽しむのが正解です。
  3. 子育て情報にアンテナを張って、活用できるものは最大限に活用しましょう。

 

せっかく子供と出掛けるのなら、有意義な時間を過ごしたいですよね。

子育てパンフレットをぜひ一度ご活用下さい。

スポンサーリンク