子育てのポイントはママ自身の感情をコントロールすること

感情を抑えきれない女性

スポンサーリンク





子育てをしていると、子供が全然言うことを聞いてくれない時ってありますよね。

そうなるとママもイライラして、自分の感情をコントロール出来なくなってしまいます。

私はつい先日も、仕事のストレスが溜まっていて、大した理由もないのに小学生の息子を怒鳴りつけてしまったばかり。

私が感情的になってしまったせいで、息子はすっかり自信をなくしています。

ある統計によると、感情的なママに育てられた子供は、自主性や自信のない子に育ちやすいんだとか。

そこで、今からでも改善できる、ママの感情をコントロールするポイントをご紹介します。

1. イライラするポイントは?

医師

私は朝起きてから寝るまで、イライラしない日はありません。

子供が帰ってきてからも、おやつを食べる時も、お風呂に入っている時でも、1日中、何故だかずっとイライラが止まらないんです。

朝は登校時間に間に合うよう、子供に支度をさせなきゃいけないし、夜は学童から帰ってきて、待ったなしで就寝させなきゃいけません。

週末も休む間もなく、朝早くからママ友たちと子供のサッカーの応援に…。

お風呂に入ろうとしたら、お腹に湿しんができていたので、気になって皮膚科を受診したら、「これはじん麻疹ですね、少し休んだらいかがですか?」と言われてしまいました。

どうやらアレルギー体質の人が、ひどいストレスにさらされると出やすいみたいです。

アレルギー体質ではあるけれど、ひどいストレスって!?

子供が出来てから、イライラが日常化していたので、正直自分でも自覚がありませんでした。

子育て中にイライラする原因で最も多い5つの場面と解決のポイント

2016.11.13

2. 感情をコントロールするポイント

牛乳

ママ友に相談すると、「カルシウムが足りていないかもよ?」と言ってましたが、「それって迷信じゃないの~!」と笑い飛ばした私でした。

子育てのポイントは、子供をコントロールする事ではなく、ママ自身が自分の感情をコントロールできるか否かにあります。

特にストレスは、自分が想定外のことに直面した時に感じやすいものです。

考えてみると、昔から私は几帳面で真面目な性格、頭が固い…と言われることが多く、融通が利くタイプではなかったように思います。

息子に対しても、「何故、言われた事がすぐに出来ないのか!?」

そればかりが気になって、ついストレスを感じてしまう事が多かったです。

夫に相談すると、「人間なんだから、言われたとおりに動くことなんて難しいよ」、「ましてや子供だから、優しく接してあげたら…」とのことでした。

3. 言葉は暴力にもなる

宿題をする子供

夫にそう言われた翌日から、私は息子に対して何も言わないようにしました。

しばらくすると、今までは朝起こしてもなかなか起きなかった息子が、自分から起きてくるようになったんです。

そして朝食を食べ、帰ってくれば宿題をして、21時を過ぎると自らベッドに入るようになりました。

何も言わなくても自分でできるなんて…。
正直驚きでした。

言わなければ何もできないと勝手に思い込んで、口うるさく世話を焼いていた自分を恥ずかしく思いました。

さらに、自分で決めた枠の中に収まりきらない、息子の言動にストレスを感じ、怒りの感情をぶつけていた事にも、深く反省しました。

力任せの暴力だけではなく、子供の気持ちを傷つける『言葉』も暴力だという人もいます。

今まで私は、無意識のうちにとは言え、子供の事を傷付けていたと思うと恐ろしく思いました。

4. ママの感情をコントロールするポイント

ひらめき

息子が自ら動くようになった事でイライラが半減したとはいえ、自分の感情をコントロールすることは容易ではありません。

人と接して生活している以上、考えの違いから、ついストレスや怒りが抑えきれないことがあります。

どう解決しようかと思っていた所、義母と話をする機会があったので相談してみると、感情をコントロールするポイントは、「人に期待し過ぎないこと」だそうです。

子育ての悩みは、「近所のママ友を頼る」なんていうけれど、育った環境も、すべて同じ人はいないのだから、「人に同調を迫るのは良くない」と義母から教わりました。

5. 子育てのポイントはママ自身の感情をコントロールすることまとめ

  1. 日常的なイライラに要注意!一度は立ち止まり、病気になる前に自身の生活スタイルを見直しましょう。
  2. 真面目な性格はストレスを多く抱え、うつ病になるケースも多いです。適度にリラックスした生活を心がけましょう。
  3. 子供の自主性に任せた生活を、子供自身に選択させましょう。
  4. 女性同士のトラブルは、「私たちみんな同じよね!」という同調からくる不調和が圧倒的に多いです。適度な距離をもってお付き合いし、ストレスをため込まないようにしましょう。

 

子育てのポイントは、子供をコントロールする所にあるのではなく、ママ本人が自分を見つめ直すことが出来るか?がポイントになります。

子供ばかりに過度な期待を押し付けないで、自分の生活スタイルを見つめ直すことから始めましょう。

 

アドラー心理学に学ぶ 子育て術の動画です。

スポンサーリンク