子育てママはパワーストーンで悩み解消?上手な5つの選び方

天然石

スポンサーリンク





プロポーズを受ける時に、旦那さんからエンゲージリング、いわゆる婚約指輪をもらう習わしになっていますよね。

芸能人が会見でキラキラしている指輪を見せるあれです。

このエンゲージリング、値段や、石の大きさ、ブランドやデザインばかりが気になりますが、実は、あのダイヤモンドの石には『愛の誓い・永遠の絆』などの意味合いがあるんです。

ちなみに私がプレゼントしてもらったエンゲージリングは、アクアマリンという石で、『幸せな結婚・子宝』などの意味合いがあります。

私は、結婚前からパワーストーンにハマっていて、自分だけの指輪が欲しくてこの石を選びました。

他にもパワーストーンには種類があって、その石によってさまざまな効果があります。

ところで、子育てをしているといろんな悩みがありますよね。

例えば、
「イライラするから精神を安定させたい」
「ママ友といい関係を築きたい」
「仕事も子育ても充実させたい」
「何かとお金がかかるので金運をアップさせたい」
「ストレスを軽減させたい」等々。

これらの悩みが、パワーストーンを身に着けることで解消されたらいいと思いませんか?

そこで、パワーストーンに詳しい私が、上手なパワーストーンの選び方をご紹介します。

1. まずはパワーストーンを信じる

パワーストーンなんて、なんだかオカルト的な雰囲気がするけど本当に効果があるのかな?

私も最初はそう思っていました。

でも気になって友人のお医者さんに聞いてみたんです。

すると「ミネラル、つまり鉱物との付き合い方で身体にいい影響を受けられる」と言っていたんです。

あながち、嘘でもないみたい…。
まずは、信じてみましょう。

2. 自分の願いに合う石を

願い事

一般的に石の色で分けると…

  • 女性・恋愛系はピンク
  • 健康・癒し系はグリーン
  • 活力はオレンジ
  • 金運は黄色やゴールド
  • 幸運や人間関係にはブルー
  • 魔除けはブラック がいいらしいです。

 

とにかく迷ったら、お店の人に色々聞いてみるのもいいかも知れません。

私は、息子が産まれた時に「マラカイト」というグリーンの石を買いました。

このマラカイトには『心身の癒し・健康、邪気を払う、災いを未然に防ぐ』などの意味合いがあります。

3. 一目ぼれ、直感

パワーストーン

自分の願望を頭に入れつつも直感が一番!

お店に行くと綺麗な石が一杯並んでいて、テンション上がります。

「あ、この石綺麗~」とか「あ、この石が私を呼んでいる」なんて感じることありませんか。

たくさんある石の中に左手をかざすと、温かく感じる石があるんです。

嘘か本当か手をかざしてみて下さい。

4. 願い事は絞る

よく、あれもこれもと欲張って神頼みする人がいますよね。

それと同じことだと思います。

ブレスレットも2、3種類の石で作った方がシンプルで身に着けやすく綺麗ですし…。

欲高にあれもこれもと入れると、統一感なしのガチャガチャしたブレスレットに。

お店の人に相談すれば、全てを叶えるべく沢山の石をオススメしてくれますが、商売なので高価な石も売りたいですよね。

あらかじめ、願いは絞って石を選びましょう。

どんな石とでも相性のよい石はやっぱり水晶だそうです。

5. いつでも身に着けやすい石を

ブレスレットを作る人

実は主人も私の影響で、パワーストーンに詳しくなり、パワーストーン好きの友人からブレスレットを作ってと依頼を受ける程です。

その主人がいつも、友達のブレスレットをオーダーする時に気を付けているのは、大きさや着けやすさだそうです。

時計をする手にするなら、邪魔にならない大きさの石を。
仕事で文字を書く方の手にするなら、書くのに邪魔にならないか?
重ね着けしたい場合は?
などを考えて、石の大きさを決めるそうです。

そして、手首周りの大きさも大切です。

締め付けがあると着けにくいですし、ゆるくても困りますよね。

毎日、着けやすいオシャレさはあるか・・・。

折角、ブレスレットをするなら、毎日しやすいものがいいですね。

毎日身に着けて、浄化も忘れずに行いましょう。

浄化をすると、パワーストーンのエネルギーをずっと受け取り続けられるそうですよ。

6. 子育てママはパワーストーンで悩み解消?上手な5つの選び方まとめ

  1. 鉱物を身に着けるのは良いらしいので信じてみましょう。
  2. パワーストーンにも色んな種類があるので、どんな意味合いがあるのか調べてみましょう。自分の願いに合った惹かれる石がきっとありますよ。
  3. 綺麗、不思議な色、石が呼んでる?まずは直感が大切です。
  4. 願い事もシンプルに!欲張ってはダメです。迷ったら水晶を選びましょう。
  5. 自分が身に着けやすい、色や大きさを選びましょう。浄化も忘れずに。

 

結婚して10年。

紆余曲折ありましたが子供も授かり、主人とも取りあえず上手くいっています。

これもアクアマリンのお陰かも知れませんね。

最近、主人のオススメでしているブレスレットは「ムーンストーン」という石のブレスレットです。

「女性を象徴とした石で、優しくおおらかな愛情で満たし感情を豊かにする」という意味合いがあるそうです。

最近、息子にイライラ、主人にもキツいことばっかり言っているからかな?

子育てをちょっと前向きに、お守り代わりにオシャレな自分だけのパワーストーンを見つけてみるのも楽しいですよ。

また、身近な人に願いを込めて贈ってみるのもいいですね。

スポンサーリンク