子育て中のパンプス選びみんなどうしてる?子育て中でも履けるパンプス3選

パンプスを履いた女性

スポンサーリンク





妊娠前は、何も気にせず履きたい靴が履けていた・・・

それなのに、妊娠、出産を経て、子育て期間に入ると、自分のやりたい事もなかなかできないし、しなきゃいけない事も終わらないし、はたまた履きたい靴だって自由に選ぶことができません。

子供に合わせて靴も選ぶから、どうしても歩きやすいぺったんこや、スニーカーを選んでしまいがちです。

でも、子育て中でもおしゃれな可愛いパンプスが履きたいって思いますよね。

仕事の関係でどうしてもパンプスを履かなきゃいけない方もいるはずです。

今回はそんな、子育て中の履物の中でも、パンプスにスポットを当ててお話ししていきます。

1. 子育て中にパンプスはOK?やっぱりスニーカーやぺったんこを選ぶべき?

玄関に並んだ靴

子育て中でも綺麗でいたいママさん、沢山いらっしゃると思います。私もそんな中の1人です。

雑誌の中のママさんモデル、みんな綺麗なんですもん。

でも、子供を抱っこして歩いたり、追いかけて走りまわったりしなければならない時期に、おしゃれなパンプスはちょっときついですよね。

とは言え、せっかく可愛くコーディネートした自分の服に、スニーカーがどう見てもミスマッチだったり・・・そんな経験ありませんか?

正直な話パンプスは、スニーカーやぺったんこの靴と比べると、多少なりとも高さがある分疲れるのは当然の話です。

ヒールがあると、それだけ安定感もありませんし、子供を追いかけて段差でグキッとやってしまうこともあります。

子育て中のママさん向けのパンプスもたくさん発売されていますが、スニーカーやぺったんこの靴に比べると、やはり安全性や機能性では劣ってきます。

2. 子育て中のパンプス選びのコツとは?

陳列された靴

子育て中のパンプスが大変なのは分かってる!それでもたまには可愛いのを履きたい!その気持ち、よくわかります。

私も産後しばらくして、妊娠前の服が着られるようになったのに、靴はヒールじゃ危ないからと、スニーカーを買って合わせたら、あまりにも合わな過ぎて愕然としました。

子育て中でもパンプスが履きたい時や、仕事などで履かなければいけない時ってあると思います。

そんな子育て中は、どんなことに気をつけてパンプスを選んだらいいのでしょうか?

ヒールは高すぎず、太さのあるものをチョイス

ヒールが高くなればなるほど、足元はぐらつきますし、ヒール部分が細くなればなるほど、安定感もなくなります。
子育て中は、ピンヒールは避けた方が無難です。

ウェッジソールで安定感をプラス

ヒールはヒールでも、ウェッジソールは地面に着く面積が大きいため安定感があります。

衝撃吸収タイプや低反発のパンプスを検討する

どんなパンプスでも、スニーカーなどと比べるとどうしても脚は疲れやすいです。

しかし、衝撃吸収や低反発タイプのパンプスなら、普通のパンプスよりも脚の疲れが軽減できます。

また、パンプスの生地が伸びるタイプを選ぶと、パンプスに多い靴ずれも回避できます。

3. みんなどんなの履いてるの?パンプスのお勧めブランド3選

下駄箱の中

では、実際に子育て中でも履けちゃうパンプスのブランドをご紹介していきます。

タラントン by ダイアナ

私の1番好きなブランド・・・というのはさておき。

こちらのダイアナでは、美のある機能をコンセプトに掲げた靴作りをしています。

靴本来の機能性と、女性らしい美しさを兼ね備えているパンプスが豊富に取り揃えられています。

ダイアナのパンプスの魅力は、デザインももちろんですが、足に負担がかからないように、衝撃吸収材や高反発・低反発のクッションなどが使用されている所。

しかも、どのデザインもあなたの足を美しく見せてくれる事間違いなしです。

他のブランドと比べて少しヒールは高めですが、子育て中に限らず1つは欲しいブランドです。

ワコール サクセスウォーク

あれ?ワコールって女性用の下着を作ってる所じゃないの?そう思う方多いと思います。

もちろんその通りなんですが、実は靴も作っていたんですよね。

特に、子育てしながら働く女性からの意見を多く取り入れ、多くの女性が納得できる機能を詰め込んだ靴を作っています。

中でも、サクセスウォークという働く女性向けに作られたパンプスは、実に41種類も存在します。

きっとあなたの足にぴったり合ったパンプスを見つけられるはずです。

AmiAmi ポインテッドトゥパンプス

ザ・走る事が出来るパンプスです。このパンプスなら走れる!と、現在予約販売されているほどの大人気なんです。

中でも人気なのが、このポインテッドトゥパンプスと呼ばれる商品です。

このパンプスの1番の魅力は、ヒールが7センチもあるのに、長い時間履いても疲れないということ。

実は、パンプスの内側にあるクッションに工夫がされていて、とっても履きやすいんです。

更に、パンプスのつま先が折れにくく出来ているのも嬉しいポイント。

しかもお値段3000円台からと、とってもお財布に優しい!これなら何足も揃えられますよね。

4. 子育て中のパンプス選びみんなどうしてる?子育て中でも履けるパンプス3選まとめ

  1. 子育て中は出来ればパンプスよりも、スニーカーやぺったんこ靴などの安定感のあるものを選ぶといいでしょう。仕事上どうしても履かなければならない時は、安定感のあるものをチョイスしましょう。
  2. 子育て中は、子供を追いかけて走ったりすることが多くなります。衝撃吸収してくれたり、内側にクッションが入っていたりと、脚が疲れにくくなる工夫のされたパンプスや、安定感のあるパンプスがお勧めです。
  3. 子育て中におすすめしたいパンプスはたくさんあります。どうかあなたにあった1足が見つかりますように。

スポンサーリンク