子育てと仕事を両立したい!4児の母親である私が試した4つの方法

両手を広げる女性

スポンサーリンク





子育てと仕事の両立はとても難しいですよね。

子育てが一段落し、仕事を始めるとどうしても、疎かになってしまう事ってあると思います。

どうしたら上手に両立できるのか?

それは、働く子育てママの永遠のテーマでもあります。

そこで、4人の子育てをしながら、仕事を両立する為に私が試した方法をご紹介します。

1. 自宅で仕事を始めた

PCを操作する女性

わが家の2歳と3歳の娘は待機児童の為、就職活動どころか保育園がありません。

そこで、自宅で仕事ができるように、メルカリやSNSを使って、ハンドメイド品やアパレルの販売を始める事にしました。

今は個人でも仕入れ可能な問屋が沢山あるので、すぐに始めることが出来ました。

収入もなかなか良く、近々販売事業部を設立する予定です。

以前は、子供の具合が悪くなった時に休まなくてはならず、勤務先に迷惑をかけていましたが、今はその心配がありません。

子供が多い私にとって、自宅での仕事はまさに天職でした。

2. おかずを作り置きする

おかずの作り置き

いくら自宅での仕事とはいえ、4人の子育てと仕事を両立させるのはなかなか難しいもの。

ご飯の支度は6人分なので特に大変です。

そのため、特売で大量に買ってきた材料を使い、ハンバーグや餃子などの色んなおかずを作っては冷凍するようにしました。

いつもご飯前になると、幼児二人はお腹が空いてグズり始めます。

この時、台所でもたもたしていると、子供達がご飯を待ちきれずにイタズラを始めてしまうので、この作り置きはかなり重宝しました。

さらに、土建業を営んでいるわが家のパパは、朝5時半に出勤とかなり早いので、持たせるお弁当も作り置きのおかずを詰めるだけの簡単作業。

毎日4時50分とギリギリ起床の私ですが、作り置きおかずのお蔭で弁当作りは意外に楽勝です。

3. 当番表を作る

お手伝いをする女の子

ご飯の支度以外にもやるべき事が多い主婦業。

やはり、家族の協力も欲しい所です。

わが家では、お米とぎ、食器洗い、お風呂掃除などの簡単作業を11歳と8歳の小学生2人組にお願いしています。

でも、多少の知恵がついている小学生組は、タダではなかなか動きません。

そこで当番表を作り、お手伝いをした種類によって1回〇円と金額を決めて、月にまとめてお小遣いとして渡すようにしました。

その結果、私の家事への負担が減り、仕事もはかどるようになりました。

更に、親戚の家へお泊りする時も進んで手伝うようになり、周りからも感心されて私達親も鼻高々です。

子供達の将来の為にも、良い経験だと思いました。

4. 亭主関白パパを手懐ける

パパと赤ちゃん

仕事と子育てを両立する上で、家族の中で一番協力して頂きたいのがパパです。

しかし、わが家のパパは「男は黙って働き、女は家事と子育てをすれば良い」という感じの、イマドキでは珍しい亭主関白。

私の仕事への反対は勿論、ほとんど家の中の事は手伝いませんでした。

しかし、幼児組に対しての対応にまだ甘さがあったので、そこを利用する事に。

幼児2人に、
「パパの隣でご飯を食べる」
「パパと一緒に寝る」
「パパと一緒にお風呂に入る」
と言ってみたら?とコソっと仕込ませたところ、
最初は動きが鈍かったパパも、当たり前のように動くようになりました。

どうやら、まだ訳の分からない幼児2人にはパパも弱いようです。

更には、小学生組と一緒に夕飯の買い出しも行くようになりました。

今ではすっかり、イクメンパパになりかけてます。

わが家にとって、ラスボスとも言える亭主関白パパの協力で、私の子育てへの負担を大幅に減らし、仕事がスムーズにいくようになりました。

5. 子育てと仕事を両立したい!4児の母親である私が試した4つの方法まとめ

  1. 子供の人数が多いなら、自宅で出来る仕事の方が何かと楽。
  2. 働くママのご飯の支度は、作り置きが便利!
  3. 子供にも出来そうなお手伝いはさせてみよう!
  4. パパの協力効果はとても大きい。仕事も子育ても効率がよくなる。

 

子育てと仕事を両立するには、家族の理解と協力が必要不可欠です。

一人で全てを抱えこまず、やってもらえる事はお願いしてみましょう。

それが両立する為の第一歩です。

スポンサーリンク