私が3人目の出産~3歳までの子育てで学んだ4つの出来事

3人兄弟

スポンサーリンク





子供が多いと本当に幸せですよね。

1人目、2人目、3人目と我が子が増える度に、家の中がにぎやかになって喜びも増します。

でもその反面、子育てにはかなりの労力を使うことになります。

2人目まではまだいいですが、3人目ともなると、目が行き届かなくなることもありますし、あらゆる場面で「あれ?上の子の時みたいに上手くいかない、何か違う!」などが出てきます。

私も3人目の次女が生まれてからは、戸惑うことが増えました。

そこで私が、3人目の出産~現在3歳までに学んだ、色々な出来事をご紹介します。

1. 3人目の出産になると、見舞いへ来る親戚や友人が少ない

生まれたての赤ちゃんとママ

出産も3回目ともなれば、周りから見たら立派なべテランさんです。

「3人目だし、もう大丈夫だろう」と思われてしまうんですかね。

知人どころか、私の親族さえ来ませんでした。

ベテランの悲しい性です。

2人目の出産時に”退院後は自分の時間が無くなる事”を学習した私は、今回は1人部屋にしてもらって、のんびりと1人の時間を過ごしました。

2. お見舞いに来る旦那がどんどんやつれてくる

パパと子供

上の子達を実家に預ける方もいますが、旦那さんが自宅で子育てをするというご家庭も多いです。

我が家も、3人目の時は旦那が面倒をみる事に…。

しかし、普段から子育ては私に任せっぱなし。

そんな旦那が、1人でも大変なのに2人の面倒を見なくてはいけないとなれば、やつれてくるのも納得です。

毎回病院に来る度に、お疲れMAXオーラを出しながら、ウルウルとした目で私に大変さを訴えていました。

看護師さんからも、「旦那さん、だんだんやつれてきたんじゃない?」なんて言われるほど。

しかし、そうやって子育ての体験をさせた事によって、今では自分から手伝うようになりました。

出産入院はママだけでなく、パパにとっても子育てに感心をもつ大事な期間なのだと実感しました。

3. 脱・キラキラネーム

出生届

キラキラネームに憧れていた私は、上2人が娘と息子だったという事もあり、男と女のそれぞれに、キラキラネームを付けれた事により満足してしまいました。

しかし、キラキラネームが主流の今、学校や幼稚園の連絡網を見ても、どう読むのか分からないような、珍しい名前ばかり…。

本当に自分の名前を漢字で書けるのか?と思うほど。

なので3人目の次女には、あえて簡単で古風な名前を付けたいという願望が出てきました。

私はひらがなで「さゆり」にしたかったのですが、子供達に即却下されてしまいました。

そして家族会議の結果、簡単な漢字のキラキラネームに決定。

キラキラネームも素敵な名前が沢山ありますが、あまりにも凝った名前は良し悪しだと私は思いました。

4. お下がりが無い!

フリーマーケット

我が家の4兄弟は、11歳、8歳、3歳、2歳と上2人と下2人で年が離れています。

2番目の息子を出産した時に、「子供の数はこれ以上は増えないだろう」と思っていたので、小さくなった服は、誰かにあげたり捨てたりと全て処分していました。

ところが、5年後にまた妊娠・・・。

準備をするにもマタニティ服どころか、赤ちゃんに着せる肌着や服、チャイルドシート等々、全部無いのでかなり焦りました。

当時の我が家は決して裕福とは言えず、節約生活の毎日だったので、何とかお金はかけたく無かったんです。

私の周りも、その当時が結婚と出産ラッシュだったので、譲ってもらえる人がいなくて本当に困りました。

そこで思い付いたのが、フリマアプリでした。

新生児用の肌着や洋服、ミルクケース等数多くのアイテムが載っており、新品の肌着が3枚で300円なんてのも沢山ありました。

新品のチャイルドシートも、今時のデザインなのに3500円とかなり激安!

お陰様で大体の準備を安く済ませる事が出来ました。

人それぞれだと思いますが、私は、どうせすぐ使わなくなるなら中古で十分だと思っています。

なので、現在でもフリマアプリを活用してます。

 

以上が私が3人目の出産~現在3歳までに学んだ、色々な出来事でした。

子育て中の方は、思わず頷いてしまう事もあったのではないでしょうか?

5. 私が3人目の出産~3歳までの子育てで学んだ4つの出来事まとめ

  1. 出産してしまえば、退院までは静かな時間。家に帰ると一人でゆっくりする時間なんてありません!入院時は1人の時間を十分満喫しましょう。
  2. 出産入院の期間は、パパにも子育ての苦労を理解してもらうチャンス。
  3. 名前を決める時は、子供本人と他の人から見て混乱しないものを!
  4. お下がりは、しばらく取っておくべき。処分してしまったなら、何でも揃うフリマアプリがおすすめです。

 

これから3人目を出産される方や、子育てに奮闘中の方もぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク