10年後に後悔しないために!子育てママのスキンケアと肌荒れ対策

肌の手入れをする女性

スポンサーリンク





ママだって1人の女性であり、いつまでも若く綺麗でいたいですよね。

でも、子育て中だと子供優先で自分の事なんて後回し。

お肌のスキンケアをする時間なんてない!というママがほとんどではないでしょうか。

私も3歳と1歳の2児の子育てをしていますが、もう毎日バタバタで、家事と子育てであっという間に1日が終わってしまいます。

たまに会う友人との会話で、「もう30代だしお肌に気をつけないと」なんて会話が出た時には、ドキッとしてしまいます。

私は結婚前に美容関係の仕事をしていたのもあり、お肌のスキンケアの重要性はよく分かっているのですが、いざ1日が始まると、そんな余裕はなく、鏡すらしっかり見ていません。

こんな生活を繰り返していたら…。

このままでは10年後の未来が恐ろしい事になりそうなので、私もこれを機に見直しました。

それでは、私の美容経験と知識を交えながら、お肌のスキンケアについてご紹介します!

1. 子育てママの肌荒れ原因は?

1. ホルモンの影響とストレス

ストレス

まず肌荒れの1番の原因は、ホルモンによるものです。

産後に女性ホルモンが減少する事で、肌トラブルを起こしやすくなってしまうのですが…。

これに加え、子育てのストレスが溜まり、ストレスホルモンというものも出てしまいます。

このストレスホルモンが免疫力を低下させ、肌荒れの原因になります。

ちなみにこのストレスホルモンは、肌荒れだけではなく、風邪もひきやすくなってしまいます。

子育てママにとって、ストレスは大敵ですね。

2. 食生活の乱れ

次に、子育ての忙しさから乱れる食生活も肌荒れ原因の1つです。

ストレスから脂っこい物や、甘い物などをつい食べてしまいがちですが、もちろんこれも、ニキビや吹き出物の要因になってしまいます。

食事もバランスの良い物を食べる余裕がない等の理由で便秘になり、外に毒素を出せず肌に影響が出てしまいます。

3. スキンケア不足

そして、洗顔やメイクをしっかり落とす時間がなく、つい雑になってしまったり、バタバタして化粧水をつけるのを忘れてしまったり等、スキンケアが十分に出来ていない事も原因の1つと言えるでしょう。

2. 忙しくても出来る対処法

では、原因が分かったところで、これを1つずつ改善していきましょう。

1. ストレス

まずストレスですが、これはそれぞれストレス発散法があると思うので、自分に合ったストレス発散法を定期的にしていきましょう。

誰かに子供を預けて外出してみたり、1日家事を一切やらず子育てだけの日を作ってみたり、好きな物をネットショッピングしてみたり、なんでも良いと思います。

子育て中の気分転換!ストレスが溜まった時に試したい6つの方法

2016.12.04

2. 食生活

ブルーベリーといちごとレモンとオレンジとキウイとマスカットとりんごとバナナ

ニキビや吹き出物の原因となる、脂っこい物や甘い物の暴飲暴食だけは控えましょう。

私自身、この2つは大好物なので、これが無いとそれこそストレスですが、食べ過ぎないように工夫をしてみました。

例えば、チョコやスナック菓子を少し食べ、物足りなくなったら果物やヨーグルトにしてみるだけでかなり違います。

果物は、包丁で皮をむく必要のないバナナやみかんにし、ヨーグルトも飲むヨーグルトだと手軽です。

満腹感も得られますし、便秘解消にもつながります。

まさに一石二鳥ですね!

3. スキンケア

鏡を見て肌の状態をチェックする女性

スキンケアの時間が取れないというのは、未来の自分の姿に関わってくるので、とても大きな問題です。

しかし、子供と一緒にお風呂に入り、子供の着替えを優先し、気づいた時にはカッピカピのお肌の完成!なんてママも多いと思います。

とりあえず化粧水だけして、他は後からという対策もありますが、実はこれはあまり良くないんです。

化粧水というのは、肌に水分を与えてくれるのですが、重要なのはすぐに乳液をつける事。

乳液は水分が入った肌に蓋をし、蒸発を防いでくれる役割をします。

なので、化粧水だけにしておくと、せっかく入れた水分がどんどん蒸発してしまうのです。

しかし、子供を待たせながら、化粧水やら乳液やら美容液なんてつけてられませんよね。

そこで便利なのが、最近たくさん出てきているオールインワンゲルです。

これは化粧水・乳液・美容液1つになった物なので、子供の保湿をする時に、一緒にパパっとスキンケアが出来ます。

1度、自分の肌に合った物を探し、使ってみるのも良いと思います。

3. 子育て中にやりがちな3つの注意点

バツ印をつくる女性
子育て中にやってしまいがちな注意点についても触れておきます。

1. 水分不足

母乳で育てているママは、赤ちゃんにどんどん水分をとられていきますので、いつも以上に水分をしっかりとる事を意識して下さい。

水分不足になると、もちろん乾燥からシワの原因にも繋がりますし、便秘にもなりやすいので水分はこまめにとり、水分不足に気をつけましょう。

2. 睡眠不足

子供がまだ夜泣きの時期ですと、ゆっくり長時間寝る事がなかなか出来ず、睡眠不足から肌のバリア機能が低下し、肌荒れを引き起こしてしまいます。

夜22時から深夜2時までが、お肌のゴールデンタイムといわれており、この間にぐっすりと眠る事で、肌再生が活発に行われて肌トラブルが起きにくくなります。

なので、出来る事なら子供と一緒に早く寝てしまいましょう。

私はいつも、20時には子供と添い寝しながら寝かしつけ、しまいには自分も寝てしまっていた!なんて日がほとんどでした。

そのため、途中夜泣きで起こされても、トータルの睡眠時間が多いので、子育て中に睡眠不足という感覚はあまりありませんでした。

睡眠不足はストレスにも繋がりますので、たっぷり眠れるようにしましょう。

子育てで毎日眠れない!不眠症を治すために母に教わったある方法

2016.11.08

3. 紫外線対策

紫外線

子供がいるとお散歩したり、公園に遊びに行くなど、ママも外に出る機会が増えますよね。

子育て中だと化粧を落とす事すら負担になり、その負担を減らす為に近所なら化粧をしなくてもいいや、なんてママもいると思います。

しかし、これは本当に危険です!

シミというのは今、見えていなくても肌の奥の方から出来上がり、だんだん表面に出てきてしまうので、今はよくても数年後に一気にシミが出てきたなんて事も…。

しかも産後は、特にバリア機能が低下しシミが出来やすくなっているので、どんなに短時間だったとしても、外出する際は必ず日焼け止めを塗り、帽子を被るなどの紫外線対策をしっかりしましょう。

帽子は子育てのマストアイテム!嫌いな息子が自ら被るようになった訳

2016.11.30

4. 10年後に後悔しないために!子育てママのスキンケアと肌荒れ対策まとめ

  1. 子育て中の肌荒れ原因は盛りだくさん!原因を知る事で、美肌への意識を高めましょう。
  2. こまめにストレス発散し、肌にも便通にも良い物を食べ、オールインワンゲルで一気にスキンケア!
  3. 水分・睡眠をたっぷりとり、未来の自分の為に、外出前のひと塗りを欠かさない。

 

これが私の知識と経験から見直した、子育て中のスキンケアと肌荒れ対策です。

ママが綺麗だと子供も嬉しいはずです。

子育ては大変ですが、子供の為にも、ママの為にも、若くて綺麗な肌を維持していきましょう!

スポンサーリンク