子育て中のスマホは良くない?スマホとの上手な付き合い方

スマホを見る女性

スポンサーリンク





最近、子育て中にスマホを使用することが、何かと問題視されています。

親がスマホに夢中で、泣いている子供をほったらかしにしているとか、ぐずる子供を大人しくさせるために、スマホを渡しっぱなしにしているとか。

「スマホ育児」「スマ放置」なんていう言葉も聞かれます。

私はこの気持ちはとてもよく分かりますが、子供といる時は必要最低限にしています。

たまにメールは返したくなりますが、1歳の娘が足にしがみついてきて怒ります。

ただ、スマホは子育て生活にはとても役に立つものです。

ここでは、子供に使わせず、子供との時間を邪魔するものとしてではない、上手なスマホの使い方をご紹介します。

1. 写真や動画を撮る手段として

スマホで撮影する女性

多くの方がすでに利用していると思いますが、スマホのカメラ機能はとても便利ですよね。

今は、昔の携帯電話と違って性能もいいです。

わたしは娘が生まれる前に、新しいデジタルカメラを購入し、ビデオカメラも迷っていたのですが、結局そのカメラはほとんど使っていません。

日常の何気ない瞬間は逃したくないですが、カメラを毎日持ち歩くのは大変です。

子ども連れの外出はただでさえ荷物が多いのだから、少しでも持ち物を減らしたいので、スマホのカメラはやはり手軽で持ち運びにも便利です。

それに、まだ1歳で行動範囲も限られているので、スマホのカメラで十分です。

スマホなら撮ったあと、夫や自分の両親にも、その写真を送って見てもらうことが出来ます。

2. 寝かしつけ

赤ちゃんの寝顔

わたしは、卒乳してからの寝かしつけには苦労した方かも知れません。

抱っこでゆらゆらも、娘の体格的にきつくなってきたので、抱っこ紐で寝かしてから布団におろすという形をとっていました。

ですが、起こさずにおろすというのが難しいのです。

熟睡していないと起きてしまい、それを何度か繰り返すうちに完全に目が覚めてしまって、また寝かしつけに1時間…ということもありました。

隣で寝てトントンなんてまさか寝るわけがないし。

悩んでいた時にママ友のひとりが、子どもが眠るというオルゴールのアプリをおすすめしてくれました。

オルゴールや、ギター、ピアノなどの楽器の他に、電車、波、小川、たき火、野鳥、コオロギなど数種類の効果音もあり、自分でいろいろな音をミックスできるというものでした。

そのアプリを初めて使った夜、なんと娘がすんなり寝てくれたのです。

今まで寝ぐずりも激しかったのですが、トントンと音楽で眠ってくれました。

これには驚きでした。

それ以降、寝かしつけに抱っこ紐は使っていません。

CDなどをセットしなくても、スマホひとつで寝かしつけが出来るというのも有難いです。

3. インターネットの書きこみ

砂場で遊ぶ子供

子育て中に、何か判断に迷った時にスマホでさっと調べることもあります。

すぐに検索できるのが助かります。

娘はまだ1歳、これまでにも何度か転倒して頭を打ったことがあります。

ある日、公園の砂場の縁で、おでこを打った後の帰り道、普段は絶対考えられないのですが、ベビーカーで眠ってしまいました。

家に着いてから、布団に寝かせてみても起きないので心配になって、幼児、転倒、頭…など検索ワードを入れて調べてみました。

すると、同じような状況になった方が質問されていて、吐かなければ大丈夫、とか、いつも以上に眠りが深いと危険、とか。

他にも色々見ましたが、「こんなところで書き込みしているのではなく、早く病院へ行った方がいいのでは?」という書きこみに「確かにそうだ!」と私も思い、すぐに救急安心センターに電話をしました。

近くの脳神経外科を聞き、幼児でも診てくれる病院をあたり、すぐに連れていくことが出来ました。

まだ子どもが小さいうちは予測できない事態も多いので、あくまで似た状況ということにはなりますが、このような緊急の場合の対応も参考になることがあります。

4.離乳食

離乳食を食べる赤ちゃん

離乳食も、少し昔なら分厚い本や雑誌をめくらなければならなかったと思いますが、今はスマホがあれば、離乳食に関するアプリも数多く利用することができます。

離乳食用のレシピも検索できますし、月齢ごとに食べさせていい食材やその調理方法も見ることができます。

たとえば外食時に、初めてのメニューがあっても食べてよいか?すぐに分かるので安心です。

離乳食の時期は、消化吸収されやすいのかどうか、食物アレルギーなどは素人では判断できないことも多いので、調べる手段がどこにでもあるというのは、子育てママには心強いですね。

5. 子育て中のスマホは良くない?スマホとの上手な付き合い方まとめ

  1. スマホならカメラやビデオを持ち歩くよりも手軽なので、大事な瞬間を逃しません。
  2. オルゴールアプリは寝かしつけをサポートをしてくれます。
  3. インターネットの書きこみは、緊急時の参考になります。
  4. 初めての食材も、その場で簡単に食べ方を調べられます。

 

スマホを使うのが問題ではなく、子どもの成長の妨げになること、子どもとの関わりを阻害するモノになってはいけないと思います。

スマホとうまく付き合って、子育てにぜひ役立ててみましょう。

スポンサーリンク