子育てのために会社を退職すべき?私の決断と3つの理由を教えます!

考える女性

スポンサーリンク





子育てと仕事の両立は想像以上に大変なものですよね。

近年、女性の社会進出が増えたとはいえ、まだまだ社会の理解が得られていないのが現状です。

私には現在1歳4か月の娘がいますが、出産を機に長年勤めた会社を退職しました。

そのまま退職をするか?
出産後に復帰するか?

夫の理解あって、私にはその2つの選択肢が与えられていました。

会社勤めの方は、同じような選択を迫られることも多いはず。

私は最終的に、退職という決断をしたのですが、なぜそれを選んだのか?その理由をご紹介します。

1. 働きづらい職場環境

妊婦

出産前、私は事務職で働いており、妊娠初期の頃、切迫流産の診断をされ会社を2週間休んだ時がありました。

個人で取引先を担当割されていたので、当然私の仕事を他の誰かが代わってくれる事になります。

「自分の担当だけでも大変なのに!」私は申し訳なさで一杯でした。

みんな「気にしないで」とは言ってくれますが、独身の女性スタッフに頼むことも多く、お互い様とは言いづらい空気がありました。

その後安定期に入り、仕事に復帰はしたものの、やらなければならない仕事が山のようで残業も増えました。

でも、無理は禁物だったので常に全力にはなれませんでした。

ふと、「赤ちゃん、そういえば今日まだ動いてない気がする」と気になり出して、仕事が手に付かなくなった事もありました。

上司は男性でしたが、まだ小さい子供がいるようで、私の妊娠に理解を示してくれて、色々と配慮してくれたのは幸いでした。

「3歳までは正直手が離れないからね」と話してくれたのは、親としてのアドバイスだったと思います。

そして妊娠後期に、私は切迫早産の診断をされ、その時に退職を決めました。

2. 子育てと仕事、どちらも中途半端にしたくなかった

パソコンを操作する女性

パートで働く私の友人は、子供と関わる時間が少ないから、一緒にいられる時間がいっそう大事だと言います。

「保育園に迎えにいった時に、私の方にトコトコ駆けてくるのがたまらないよ!」、「うちの子、こんなに可愛かったかしら?って思うよ」と教えてくれました。

専業主婦よりも、外で働く方が合っているママもいると思います。

でも仕事が終わってから、保育園に迎えに行って、それからごはんを作って…となると、どうしても寝る時間が遅くなってしまい、大人のペースに合わせてしまう事が多くなります。

私は子育てをしている間は、できるだけ子どものペースに合わせた生活をしたいんです。

子どものごはんやお昼寝の時間に合わせて予定を組み、時間になったら帰る。

今は子ども優先!自分の時間が子育てに割かれてしまうのは、案外短い間だと思うことにしています。

以前の職場で同僚が、子どもの具合が悪くなり、頻繁に保育園に呼び出されているのを目にした事がありました。

お迎えの時間に合わせて、休憩時間も必死に仕事をしていたのが印象的で、彼女ももう少し余裕が欲しいようでした。

そのため私も仕事をやるからには、きっちりと責任を持ってこなしたいのです。

私が出産前に長期間休んだ時にも、仕方がなかったとはいえ、ふがいなさを感じていました。

「もっと早くに退職するべきだったのかも知れない」とも考えました。

子育てと仕事をうまく両立しているママもたくさんいますが、すべてを完璧にこなせる人なんていません。

私は、仕事は絶対おろそかにはしたくないし、仕事のせいで子どもに無理をさせたくないと思ったのです。

3. 子どものことを自分でしっかり見たい

ママと赤ちゃん

ある日、子育て支援センターで、ひたすら一人で遊んでいる娘を私は少し離れたところから眺めていました。

するとスタッフのひとりが、
「ひとり遊びができる子っていうのは、親の愛情をたっぷり感じているんです!」
「不安な子はママの側から離れません、自分を見てくれているって分かるから安心して遊んでいられるんですよ!」
と話してくれました。

その時、「私の子どもへの向き合い方は間違っていなかったんだ!」と思いました。

これは私の自信になった言葉でした。

待望のわが子が誕生して1年4カ月。

生まれた時のあの儚げな姿が、嘘みたいに大きく元気に成長してくれています。

毎日が成長で、どの瞬間も親にとっては宝物。

初めて寝返りをした日、ずり這いができた日、歩けた日、バイバイができた日…。

1歳前後は特に、色んな事がどんどん出来るようになって、毎日が驚きの連続です。

その成長の一瞬一瞬を、私は自分の目でしっかり見たいと思ったのです。

働くことはこれから先でも機会がありますが、子育ては今しかありません。

4. 子育てのために会社を退職すべき?私の決断と3つの理由を教えます!まとめ

  1. 働くママにとってはまだまだ優しくない職場環境への危惧
  2. どちらも中途半端になるくらいなら子育てを優先したい
  3. 子どものことをちゃんと見られるのは今しかない!

 

退職した今、毎日娘と一緒に公園で遊んだり、絵本を読んだり、ごはんを食べたり、充実した楽しい日々を送っています。

あなたも自分に合ったスタイルを選び、後悔せずに、毎日笑顔で子どもと過ごして下さいね。

スポンサーリンク