今年こそ行きたい!子育て中の旅行、人気スポットや必需品ランキング

家族旅行

スポンサーリンク





日に日に暖かくなってきて、まさにお出かけ日和ですよね。
去年は行けなかったけど、今年こそは行きたい場所、行ってみたいところ、ありませんか?

私は実は箱根に行きたいんです。
温泉でしっぽりしたいと言う野望があります。

とは言え、うちには子供がいる。
これで旅行となると、想像しただけで疲れちゃうと言うか…大変なことが想像できて、いまいち踏み出せない。
そんな人は多いと思います。
もちろん私もそんな考えの1人です。

確かに、日常生活だって大変なのに旅行ともなると、もっと大変そうなイメージもありますが、子供と一緒に旅行に行けるのも今しかありませんよね。

今回は、旅行に行きたいけど行く勇気がない、そんなあなたに読んでほしい、子育て中の旅行のお話です。

1. 子供と行く旅行先、一体どこがいい?

家族でハイキング

友達や恋人と行くわけではない、今回の旅行。
一体、どんな所が人気なのでしょうか?

第1位 やっぱり人気!テーマパーク系

東京ディズニーランド、ディズニーシー、ハウステンボス、富士急ハイランドに、ユニバーサルスタジオジャパン…
日本にはたくさんのテーマパークがありますが、やっぱりどこも不動の人気っぷりが目立ちますね。
パーク内の飲食店やトイレ、スタッフさんの充実が、子連れに優しいと人気です。

第2位 ここも外せない、動物園、水族館、牧場

子供が自然や動物たちと触れ合える場所として大人気なのがこれ。
前売り券などでお得に入場できたり、特典が付いてきたりするので、行く前にチェックしておきましょう。

第3位 意外と子供も楽しめる、温泉施設

箱根や下呂、熱海に鬼怒川など有名どころの温泉地もいいですが、ハワイアンズなどの温泉施設は子連れに大人気です。
温水プールやフラダンスショーなんかが人気のポイント。
温泉地などの旅館には、貸切温泉もあるので、家族水入らずでゆったりするにはもってこいです。

2. これさえ持っていけば大丈夫!?旅行の必需品とは

スーツケース

ちょっとそこのスーパーや公園まで…と違って旅行となると、いつも以上に荷物がいっぱいになります。
ましてや子供も一緒の旅行です。
自分のものだけじゃなく、子供の分で鞄はパンパン。
あれもこれも必要な気がしてしまいますよね。
ここでは、持っていくと必ず役に立つものをご紹介します。

第1位 急な汚れものに!レジ袋

使用済みのおむつや、汚れものを入れる袋として、また袋のガサガサ音で赤ちゃんが泣き止みますし、防寒具やエチケット袋としても効果を発揮してくれます。

第2位 意外と使える、ハサミ

現地で購入したものがなかなか開かない…なんて経験ありませんか?
子供用の爪を切るハサミなんかでもいいので、持っておくと何かと便利です。

第3位 これがなくちゃ始まらない、ウエットティッシュやおしぼり

子供は何かと汚してくれる生き物。
おしりふきで代用してもいいですが、さっと拭きにも便利だし、取り出しやすい所に常備しておくといいでしょう。

旅行サイトなんかに持ち物リストなんかも載っていますので、そちらも活用してみるといいと思います。

3. 旅行は何に気をつけたらいい?移動手段別のメリット・デメリット

飛行機

旅行となると、現地まで何で行くかも悩めるポイントですよね。
近場だから車?
離島だから飛行機だけど、空港まではどうやって行くの?
それぞれのメリット・デメリットも含めてご紹介していきます。

車の場合

車はある意味個室。
メリットとしては、荷物も積んでしまえば、大きい車だったら多少ぐちゃぐちゃでも乗せちゃえばいいですし、車内で着替えや授乳なんかもできます。
しかし、1番怖いのはトイレ。
周りにトイレがないだけで、プチパニックです。
高速に乗る前は必ずトイレのある場所をチェックし、こまめに休憩を取りましょう。

また、長時間のドライブに子供は飽きやすいので、お気に入りの動画やおもちゃを用意しておくといいでしょう。

電車の場合

電車好きの鉄男君なら余裕でしょう。
ちなみにうちの息子は新幹線が大好きなので、電車さまさまです。

メリットとしては、駅にトイレやお店、場所によっては飲食店なんかもあるので、いざという時に困りません。
デメリットは、乗り換えなどで慣れない駅に迷ってしまったり、荷物を持ちながら子供も連れて歩くので、かなりの重労働になります。
また、遅延があるのも怖いですね。
荷物は先に宿泊先に送ってしまうと言うのも1つの手です。

飛行機の場合

なんとか空港まで着いた、さあ飛行機に乗ろう、とその前に。
準備しておいた方がいいのは、ベビーバシネットの予約です。
ベビーバシネットとは、飛行機に備え付けの乳児用ベッドのこと。
事前にリクエストしておくと、設置してくれるので言ってみましょう。

飛行機のメリットは、直行便があったりするので、乗り換えなどしないで済むところ。
また、プロのCAさんに困った時は協力を仰ぐことができるのも心強いですよね。
デメリットとしては、手元に持っていける荷物の少なさです。
子供が多くなればなるほど荷物が多くなるので、機内に持ちこむ荷物は、よく考えて持ち込みましょう。

4. 今年こそ行きたい!子育て中の旅行、人気スポットや必需品ランキングまとめ

  1. 旅行を楽しむためには、まずは行きたい所から。
    人気スポットにはイベントやその時にしかやっていないこともあるので、よくチェックしておきましょう。
  2. 子供と一緒の旅行は、どうしても荷物が多くなりがち。
    何が必要か、何をどこに入れておけば便利か、考えながら荷造りしましょう。
  3. 移動手段によって、注意したいポイントは様々です。
    利用する施設にシャトルバスなんかもあったりするので、それを利用してもいいかも知れませんね。

スポンサーリンク