かしこい子育てママはアナログ腕時計で時計の読み方を子供に教える?

腕時計をする女性

スポンサーリンク





最近は、時間を腕時計ではなく、スマホや携帯電話で確認する人が増えましたよね。

でも子育て中のママは、子供を送り出したり、迎えに行ったり、自転車に乗ったりと結構忙しいもの。

その度に、いちいちスマホや携帯電話をカバンから出したり、探したりして、時間を確認するなんて…。

はっきり言って面倒くさいです。

かといって、独身時代に買った腕時計は電池が切れて放置中!

そこで、子育て中の期間限定で探す、おすすめの腕時計を探してみました。

1. 家電量販店で腕時計を探す

家電量販店

まずは、腕時計の予算を決めるところからです。

この先、数年間は持たせたいですが、そんなにかけてもいられないので、金額を5000円以内と決めました。

そこで、家電量販店なら安く手に入ると思い出掛けてみることに。

すると~2000円でも十分な物があるではないですか。

国内の大手時計メーカーのものや、韓国製でデザインの優れているもの。

消耗品と考えれば、全然惜しくない値段ですよね。

  • チープカシオ
  • セイコーアルバ
  • 逆輸入時計
  • 韓国メーカーのもの

2. アナログ画面にこだわる理由

アナログ腕時計

実は、わたしはアナログ画面にこだわりがあります。

それは、子供がもう少し大きくなって数字が分かるようになったら、時計の読み方を教えようと思っているからです。

時間が分かるようになれば、子供が外に遊びに出る際も、自身で時間の管理が出来るようになります。

先輩ママさんに聞いたところ、子供はデジタルだと時間の感覚がピンとこないようで、何度説明してもなかなか理解してくれないそうです。

長針と短針、秒針があって、ようやく時間の感覚が分かるんですね。

小学1年生になると、算数で時計の授業も始まるので、その前に教える予定です。

ほかにも、夕暮れ時など多少薄暗くても視認性のよいと思われる、画面が白い腕時計を探しました。

あと子供と一緒だと、汚れて手を洗うことも多いので、バンドや本体は耐久性のある事が絶対条件ですね。

整理しておくと

  • 白い文字盤のもの(ベルトはシリコンラバーなど耐水性のものがいい)
  • ウォータプルーフのもの
  • 文字盤が見やすいもの

3. 腕時計にこだわる理由

ベランダのアヒル

私がなぜ、腕時計にこだわるのか?

そのきっかけとなった事件をお話します。

以前、わたしはマンションの10階に住んでいました。

子供がまだ小さい頃は、寂しさとストレスからか、ついスマホに夢中になっていました。

特にLINEでのママ友とのやり取りは、簡単に抜けることが出来ずに、常時画面とにらめっこ状態!

そんなある日、子供がハイハイでベランダに移動していて、窓の外から「ママ!」と手を振られてはじめて気付くという事件があったのでした。

幸いベランダから落ちることだけは免れたのですが、ニュースで似たような転落事故を聞くたびに、今でも落ち着かない気持ちになります。

この事件を機に、旦那と話し合い、スマホの使用を最小限に抑えることに決めたのです。

おしゃべり好きな私がLINEを抜けるのは、正直つらかったのですが、子供の命がかかっているのでそうも言えません。

その後、ママ友グループとはすっかり疎遠になってしまいましたが、子供としっかり向き合おう!と決めたことで、何故かストレスも少なくなり、LINEでのやり取りに関心が無くなってしまいました。

このような訳で、私が自身の時間管理をするのに、腕時計は欠かせない生活必需品なのです。

4. 腕時計のリメイクDIY

腕時計

スウォッチも軽さが気に入り、かなり迷いましたが、結局チープカシオのスモールフェイスのものを購入しました。

というのも、数年してバンドが劣化したら、リメイクするのに丁度良いと思ったからです。

布にスナップを付けたり、レインボールームでブレスレット風のバンドを作ったりと実に楽しそうです。

5. かしこい子育てママはアナログ腕時計で時計の読み方を子供に教える?まとめ

  1. 安く腕時計を購入するには、家電量販店で買うのがおすすめです。種類も豊富で気軽に比較ができますよ。
  2. 子育て世代の腕時計はアナログ画面で。算数の勉強にも役立っていいですよ。
  3. スマホ依存症にならないためにも、時間は腕時計で確認しましょう。将来、子供をスマホ依存症にさせないためにも、今からママもルールを守ってお手本を見せましょう。
  4. 腕時計のバンドを変えると一見地味な時計でも、イメージが変わっておしゃれを楽しめるようになります。

 

子供が生まれるまでは、腕時計にステータスを求めていた私。

でも、子供が生まれてからは、安全性を第一に考えるようになりました。

スポンサーリンク