機械音痴の子育てママでもビデオカメラに残しておきたい4つのこと

運動会を撮影するママ

スポンサーリンク





私は、4歳の男の子のママです。

私たち夫婦は、まるで時代遅れで機械音痴もいいところ。

スマートフォンも、パソコンもデジカメもビデオカメラもあるけど、ちっとも使い切れていません。

一人っ子の息子に、文明にとり残された夫婦・・・。

なんだか、息子がかわいそう。

息子が幼稚園に入園すると、園の行事などが色々とありますが、うまく撮影ができなかったりします。

私たち夫婦には、良かったのか?悪かったのか?行事があるごとに業者が入り、とにかくインターネットで買わされ、映像はDVDで買うんですがこれがまた高額です。

でも、撮り方もよく分からない、撮るタイミングも難しい私たちには、良かったかな。

という訳で、私は毎日、日々子供の成長を撮り続けているマメなママではないので、なんだか最近、ビデオカメラの出番が減ってしまいました。

そんな私でも、ビデオカメラで撮って残しておきたいと思ったことがありました。

1. 子供の声

水遊びをする男の子

ハッと気づかされることがありました。

仕事で20歳になった女の子のお母さんと話をしていました。

そのお母さんが、「この子が2歳くらいで喋りだした時に録っておいたテープが出て来たんです!」、「最近、大人になったから、余計に想うことが・・・」と。

写真はある、姿、形も成長するけど、声もだ!と。

とっても当たり前だけど、改めて実感しました!

後、10年もすれば、息子も声変わりが始まり、青年からおじさんに成長を遂げていくでしょう。

宇宙人のように訳の分からない会話をするのは、今だけ。

行事、イベント、サプライズだけではない、普段の生活にこそ画像と同時に残す価値がありそうです。

2. 自分も撮ろう

家族

うちのパパは、私より機械音痴だったりして、撮るのは私専門。

映るのが、好きじゃないからいいんですけど、私はいつもいません。

思い出しましたよ、こんな事・・・。

昔のビデオを観ると、自分が恥ずかしいくらいに幼い。

親はそれを可愛かったと言ってくれる。小さいから当たり前。

子供の成長を中心に親は撮影してくれている。

その微笑ましい笑いとは別な笑いがそこにはあります。

それは父親の、なにこのサングラスー!ダサッ、この前髪。

母親の巻き巻きの髪型に、青まぶたの化粧、肩パットの上着・・・。

笑える!!数年後の家族の時間にきっと、楽しい時間を作ることが出来るでしょう。

そこに、自分がいないのは、ちょっぴり、寂しい。

みんなに笑ってもらいましょう、今の自分を。

3. おじいちゃん、おばあちゃん

おじいちゃんとおばあちゃん

私の父は、息子が生まれる前に、他界。

どんなに、孫を見てみたかったことでしょう。

だから、生まれた時からおじいちゃんはひとり。

パパの両親も、もう若くありません。

書いているだけで、いつか悲しいお別れの日が来るのかと思うと辛い・・・。

積極的に子育てに参戦してもらい、ことあるごとにイベントに参加してもらう。

大人になった時に、忘れないでいて欲しい。

可愛がってくれた、優しいおじいちゃんおばあちゃんを。

だから、何気ない一面も一緒のシーンを残してあげたいなぁ。

4. 何でもない場所

公園で遊ぶ親子

この前テレビで、船橋のIKEAの前にあそこには、何があったか?という話題を放送していました。

勿論、昭和の人間ですから、知っていましたよ!あそこが屋内スキー場「ザウス」だったことを。

その前は、確か、巨大迷路があったっけ・・・今の若者が知っているはずもなく。

今月で、私が幼いころからあった、街のシンボル的デパートも次々と閉館。

きっと息子は、そのデパートの存在を知らずに生きていくでしょう。

うちの周りも、10年前は暮らしていけるかと思うくらい何にもなかったのに…。

今は高層マンションを建設中で、すっかり新興住宅地に様変わり。

息子が遊び、大勢の子供で賑わう公園も、昔はただの空き地だった。

家族旅行先の素敵な景色もいいけど、身の回りの何でもない場所や風景こそ、子供と一緒に残しておきたいと思います。

5. 機械音痴の子育てママでもビデオカメラに残しておきたい4つのことまとめ

運動会

私のように、機械音痴ママ、ズボラママいますよね。

運動会など、イベントで頑張って撮ってみるのもいいでしょうね。

下手ならへタなりの味があっていいかも。画像に残す・・・。

その先の未来に、家族で観る温かい光景が浮かんできます。

難しく考えずに、まず身近な何でもない人や、景色こそ、ずっと残していきたいですね。

あ、そのあとにまた問題が。

その画像をどう保存していくのがいいのか・・・。

機械音痴夫婦の課題は続きます。

 

ビデオカメラが欲しいけど、どれにしたらいいか分からない!という方はこちらの動画が参考になります。

スポンサーリンク