子育て中でもゆとりが欲しい!そんなママへ5つの手抜き方法教えます

東京とハート雲

スポンサーリンク





『お金』『時間』『心』

あなたはこの中で、何が一番欲しいですか?

私は、この並べた順に全部欲しいです。

しかし、これは私にとって手に入りにくい順番でもあります。

貧乏暇なし!まさにそんな感じです。

そんな私が『少しでもゆとりが欲しい』と思いながら、兼業主婦生活の中で取り入れた手抜き家事の紹介です。

手抜き家事は、要領よく家事をこなすこと!

手抜きと聞くと、さぼっているように聞こえますが、さぼっていいのです。

ママは、家事だけやっている訳ではありません。

子どもがママを必要としているのに、家事に追われてイライラして八つ当たりしてしまっては意味がありません。

とはいっても、3度の食事・洗濯・掃除は「また後で…」にすると溜まってしまい、ママのモチベーションも下がってしまいますよね。

なので、要領よくほどほどの質でこなすことが重要です。

1. 作り置きもまとめて調理

野菜を切る

作り置きは手間がかかると思うかもしれませんが、財布と時間の節約にはぴったりです。

疲れてしまうと何もしたくなくなり総菜や外食になってしまうと、楽だけど財布がピンチ!

そして自己嫌悪…に、なるよりは楽ですよ!

別に手の込んだ調理をするのではなく、簡単な煮炊き物やマリネなどの副菜を2、3品準備するだけです。

例えば夕飯のメニューでニンジンを使うなら、まとめて作り置きの分も切ってしまう。

お肉を使うなら、作り置きのお肉も一緒に調理して別メニューにするだけ。

コンロも3個あるなら3個とも使うようにすると、台所に立っている時間や手間が少なくなりますよ。

お弁当のおかずも、夕飯時にまとめて下ごしらえすると朝に余裕ができます。

2. 掃除をしながらストレッチ

掃除機

ママは家事に育児に、肩や腰がこりませんか?

昔は体が柔らかかったのに…

何だかこの辺のお肉がたるんできているかも?と、思ったことありませんか?

だからと言って、ヨガやジムに行く暇もないママ。

掃除をしながらストレッチ!

ちょっと気になる部位に意識して掃除機をかけたり、拭き掃除をしたりするだけです。

好きな音楽をかけながら子供と一緒にするのもいいですね。

楽しく、心身もお部屋もキレイになります。

3. 洗濯物は取り込みながら畳む

タンスの中の服

我が家は、5人家族。

保育園時代はお布団やパジャマやお着替えで洗濯物はたくさん。

小学生になっても中学生になっても、結局減ることはなく、洗濯物は子どもの成長に合わせて大きくなるし、バスタオルも増えるし…。

取り込んでから後で畳もうと思えば、しわくちゃになっている。

そこで思いついたのが、取り込みながら畳むことです。

ハンガーやアイロンの物はそのまま、タオルやタンスに収納するものは取り込みながら畳む。

立ったまま畳むので最初は難しいかもしれませんが、慣れると時間短縮の効果は大きいです。

服屋さんになったつもりで、やってみてはいかがですか。

4. ながら掃除を積極的に

洗面所で手を洗う

洗面所を使ったついでに、スポンジなどで洗う。
トイレに行ったついでにトイレ掃除。
廊下や階段を上がるついでに床掃除。

みんながよく触れる所やゴミが目立つ所、衛生的に必要な所を、自分が動くついでにちょっとするだけ。

ながら掃除をすると、時間のある時の隅々の掃除も時間短縮になります。

5. 完璧主義を捨てる

イライラする女性

一生懸命頑張るママほど、こうでないといけない!

ママがさぼると子どもに悪影響!と、思い込んでしまいます。

だけど、頑張ってイライラしているママや完璧なママを見ていたら、その子どもも親になった時に「ママのように、できるママにならないと…」と苦しむようになるかも知れません。

もし男の子だったら、奥さんに完璧を求めてしまうことも考えられます。

頑張ることは、学校でも社会でも嫌っていうくらいに教えられます。

なので、生きていくうえでの上手な手抜きを教えられるのはママしかいません。

6. 子育て中でもゆとりが欲しい!そんなママへ5つの手抜き方法教えます

夫は外で頑張り、家で休息する。では、ママは?

子育ても家事も家です。

なので、ママも家で手抜きをして当然です!

要領よく手の抜き方を子どもに見せてあげるのも、家族の心身の健康を守るママには必要なことです。

時間のゆとりは、心のゆとり!

心が元気になれば、お金のゆとりについて考えられるゆとりができますよ。

スポンサーリンク