すぐできる!頭痛を和らげて楽しい子育てライフを送る方法

山頂で手を広げる女性

スポンサーリンク





子育て中に突然襲いかかってくる頭痛…!

本当に辛いですよね。

私は出産前から頭痛が酷く、長い間悩んでいたのですが、子育て中だとゆっくり一人で休みたいと思っても、なかなか休めるものではありませんし、薬を飲むことも出来ません。

そのため、独り身の時と子育てをしながらでは、頭痛の対処法も変わってきます。

そこで、長年頭痛持ちの私が、子育て中でもすぐに出来る頭痛を和らげる方法をご紹介します。

1. 頭痛の原因は一体??

考える女性

風邪もひいていないし、特に体調が悪いわけでもない…なのに頭だけが痛い!

そんな経験をされたお母さんは沢山いると思いますが、では頭痛の原因は何なのでしょうか?

風邪をひいてなかったり、熱がないのに起こる頭痛のことを偏頭痛と呼びます。

偏頭痛は頭部の血管が、なんらかの理由で拡張することで、引き起こされる頭痛です。

では、なぜ血管の拡張が起こるのでしょう。

1. 睡眠の問題

産後直後でなかなか睡眠が取れず、不規則なリズムで生活をしていると、自律神経の乱れから副交感神経が通常よりもよく働き、血管が拡張しやすくなります。

子育てで毎日眠れない!不眠症を治すために母に教わったある方法

2016.11.08

2. ストレス

日々の子育でストレスがたまっていませんか?

そのストレスが一時的に解放されると、血管が和らぎ拡張しやすくなります。

子育て中の気分転換!ストレスが溜まった時に試したい6つの方法

2016.12.04

3. 気圧

雨の日の前日、雨の日、台風…そんな日に偏頭痛になる方も多いと思います。

気圧の変化により自律神経が乱れ、血管が拡張してしまいます。

4. 肩こり

子供の抱っこや、重たいお買い物など…肩こりになっている方も偏頭痛になりやすいです。

血流が悪くなる事で、神経を圧迫してしまうことが原因です。

子育てママによくある肩こり!改善するために私が試した4つの方法

2016.11.13
上記のように、子育てをしながら日常で偏頭痛になる原因は沢山あります。

2. 偏頭痛の予防策は?

豆腐と納豆

辛い偏頭痛…出来ることなら、なりたくないですよね。

原因は様々ですが、予防や症状を軽くする方法が実はあるのです!

それは、薬などを使わずに「食事」で出来る方法です。

偏頭痛の血管の拡張を抑えるのに、良いとされている栄養素が「ビタミンB群とマグネシウム」です。

マグネシウムは、アーモンドや大豆のナッツ類、ひじきや昆布の海藻類に多く含まれており、血管の緊張を和らげてくれる効果があると言われています。

ビタミンB群は、バナナ、納豆、豚肉などに多く含まれており、血管を収縮してくれる効果や、偏頭痛の発生を抑制してくれる「セロトニン」の放出を手助けしてくれる効果もあるんです。

また、乱れがちな自律神経を、正常に戻そうと働きかけてくれる食材もあり、たまご、納豆、豆腐が代表的です。

3. 偏頭痛を和らげるには?

緑茶

母乳をあげていて薬が飲めなかったり、出来れば薬に頼りたくない…という方も多いと思います。

では、薬に頼らずに偏頭痛を和らげる方法とは?

まず一番大切なのは冷やす事です。

冷やすことで、拡張された血管が収縮され、偏頭痛が和らぐ効果があります。

一気に冷やす事で効果を発揮する為、氷嚢(ひょうのう)やアイスノンなどで冷やすと良いでしょう。

母乳をあげていない方にオススメの方法は、カフェインの摂取です。

カフェインには血管を収縮してくれる作用がありますので、濃いめの緑茶や紅茶、コーヒーがオススメです。

飲む際にはホットで飲みましょう。

アイスで飲むと体を冷やし、血行が悪くなってしまいます。

また、ここでのポイントは、痛くなったらすぐに飲むことです。

しばらくして、痛みが酷くなってから飲んでも効果は期待できません。

ですので、痛みを感じたらすぐにカフェインを摂るようにしましょう。

そして、私が併用しておこなっていた方法が、こめかみを両手で押さえる事です。

片頭痛は、通常こめかみ(目じりから指2本分の場所)付近で発生する事が多く、そこを両手で強く抑える事で、拡張した血管を締め付け、偏頭痛を和らげる効果があるのです。

ただ、ずっと両手で押さえているのは大変ですよね。

私が試したのは、保冷剤をフェイスタオルで包み、頭に巻き付ける方法です。

保冷材は、ケーキ等を買った時に無料でついてくる、あの小さな保冷剤です。

これだと大きさも丁度よく、フェイスタオルにスッポリと収まりますので、意外といい感じで使えました。

何よりタダで手に入りますしね。

4. すぐできる!頭痛を和らげて楽しい子育てライフを送る方法まとめ

  1. 頭痛の原因は色々ありますが、大切なのは体を休める事です。無理に家事を一生懸命したりせず、子供と一緒にお昼寝をする等、ゆとりのある生活を送りましょう。
  2. 頭痛の予防は食事でも出来ます。毎日の食事に取り入れるだけでいいんです。普段から、頭痛に負けない体づくりを目指す事がポイントです。
  3. 頭痛は薬に頼らなくても和らげることは出来るので、我慢のし過ぎで慢性化しないように注意が必要です。大切なのは冷やす事です。我慢していてもよくなりませんので、是非試してみて下さい。

 

子育て中の頭痛は本当に辛いですよね。

お母さんの体調が悪いと子供も心配してしまいますので、この方法で少しでも早く頭痛を和らげて、楽しい子育てライフを送りましょう。

スポンサーリンク